« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

やあ (´・ω・`)

・天神乱漫
カウントダウンがスタートしてます。
初日いきなりおっさん登場で掴みは完璧すぎる、そんなカウントダウン。流石にゆずソフトはレベルが違います。

 
・リセ
公認@一刻館草加。花単で。
○日単(勝ち)
先攻恵。返し鈴ハヤウェイで、こちらはクルル玖羽。
結局玖羽が最後まで止まらず、クラリネットでSP断ち切ってから翠が西村このみに突っ込んできたのをダンスパーティで一方取ったら相手が投了。

 
・プロレヴォ
生徒会の一存が本格参戦ですか。しかも作品単の構築済が出るとか。
あと、富士見4.0の伝勇伝とかD×Dとか非常に魅力的です。
…買うのか。

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

キャンペーン応募用

・リセ
手元のパックのバーコードをひたすら貼ってました。所要時間は3時間半。
しかも、まだ必要事項を書く作業が残っているという…

 
・スーパーロボット大戦K
クリアしました。撃墜数トップはルージ、二位がコトナ、三位がキラで四位がレ・ミィでした。五位は多分ノーザかガラガあたり。
無改造でトップ3に入っているキラのMAP兵器の強さは異常…と言うか他のMAP兵器が弱すぎるような気も。サーミックレーザーガンとか撃ってがっかりですよ。

ゲームバランスは、こちらの火力が高いので楽かと思いきや、相手の火力もわりと高いので味方がサクサク死にます。でも修理費がかからない仕様なので問題は無かったりとか。
あとは従来のスパロボよりも地形適応が重要だったり、関連してスラスターモジュールが足りなくて困ったりとかします。
難易度はJやWよりは高いはず。オーバーデビルクライシスの前編は高レベルの初見殺しで、やや理不尽。

肝心のシナリオはと言うと、とりあえずオリジナル系のキャラに魅力が無いです。主人公とかその機体とか敵キャラとか、今までプレイしたスパロボシリーズで一番駄目だった感じが。
あと個人的に重要なゾイドのシナリオですが、実質ディガルド討伐軍結成からスタートと、結構な量のエピソードが飛んでしまう形に。ルージがディガルドの実情を見た上で戦うことを決意しないので、非常に盛り上がりに欠けます。
ディガルドの首都から脱走する話とか、霧の河とか、ラ・カンのトリケラへの特攻とか、最終決戦前のコトナやミィとの会話とか、重要なエピソードが無いので何だかなぁ、といった感じ。あと無敵団は、気付いたら加入しているくらいなら無理に出さなくてよかったと思うのですが。

パートナーバトルシステムも面倒なわりに面白くなくて微妙で、連続ターゲット補正が謎の高補正でストレスの元だったりと、ゲームシステム的な欠点も多いです。
全体としてはやや残念な完成度でした。参戦作品は良かっただけに、もう少しどうにかならなかったものかなと。

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

徹夜強行軍

昨日は川越でリセ合宿してました。ひたすらデッキを回し続ける会でしたが。

 
・リセ
公認@黒書。花単で。
○雪花(勝ち)
相手先攻須磨寺。2ターン目遥香ドロー水羽コンバドロー最終進化ハルカと壮絶に強い。
その後ダンスパーティで片方落としたらおかわり無くて、相手のブロッカーをダンスパーティで適当に突破しつつ殴っていたら勝てました。デッキのダンスパーティを4枚全部引いて使ったという…

 
ウィークリー@もっくん。雪単で。
○宙日(負け)
○日単(負け)
両方ともドロソ無い除去無いとか雪単の存在意義に関わるような手札だったので、当然のように無理でした。

○花単(勝ち)
先攻五大元素から紀奈子。返し水羽コンバエセルラムネ。
以後相手のキャラ沸きがやたら悪くて、逮捕で逐一除去していき。

 
公認@もっくん。日単で。
○宙日(勝ち)
相手が劣化日単な動きをしていたので、SPで固めてパワー差で押し切り。

○日単(負け)
トラップ分が超えられずに負け。

○日単(勝ち)
先攻花音、鈴。返し観鈴エルザハヤウェイ。花音殴って観鈴、ここで花音コンバ後引けると強い。
最終的にはプレイミスして危ういかと思ったのですが、1点残って逃げ切り。

 
・WS
リトバスEXトライアル大会@一刻館草加。最終戦蹟は3勝2敗。
最初2戦はレベル1のクロック差がついたところから地道に逆転するというゲームで、3戦目は逆にこちらがクロック有利なところから逆転されて負け。4戦目は3回殴ってどこかでトリガーで1点増えないと無理なのに増えなくて1点届かず、5戦目はボード差で押して勝ち。
最初2戦は先攻で、残り3戦は後攻だったのですが、このトライアル大会は先攻取れるかどうかでかなり変わりますね。

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

チャンスロス

・リセ
ユニゾン買いに行ったのですが、2箱剥いて欲しいレアがどの程度出たかというと。
稲葉結衣:1
皐ユリーシア:1
八重野撫子:0
朝比奈香澄:0
秋姫すもも:0
小岩井フローラ:1
中内知由:0
上杉うた:1
結城ノナ:0
プリマ・アスパラス:0
メリッサ・セラフィ:1
秋月凪:0
電堂あきら:1
山田まりりん:1
信頼関係:0
見敵必殺:0

うん、なんかもう箱単位で剥いた意味無いだろうと。使わないレアばかり2枚ずつ引いていて、しかもラッキー無しでネオパラもスイに誉と見事に弱いという。
箱からそれなりに欲しいカード引いて、足りなかった部分とファンデッキ用のパーツをシングル購入、という予定だったのにパーツのシングル購入でアップアップでしたよ…

 
あと公式にFAQが出てますね。まあステラウェバーは問題外だし妥当な対応。
でも朝比奈香澄はそのバトル中のみとか壮絶弱体化ですね。

 
ウィークリー@アメニティ池袋。日単で。
○トラペゾ(勝ち)
花音出ませんでしたが、相手が幾つかプレイミスしてくれたので逃げ切り。

○宙単(勝ち)
先攻ハヤウェイ。次のターン花音コンバ、観鈴、佐々美で瑛里華下げる。次のターンリリアン先生。
流石に勝てると思いました。

○宙雪(負け)
先攻メレム春恵。返し佐々美、観鈴、花音下。返し天の邪鬼でメレム上がってきて、こちらは圭一コンバをアタッカーに。以後ハヤウェイ、リリアン先生、ドラゴンとキャラ増やしていって、結局除去1発も撃たれずに一生懸命言わせて相手ハンドゼロ。

長谷部彩  吉野比咩   空き
春日春恵  メレム  シスヘル

圭一L5 ハヤウェイ ドラゴン
花音上    空き   リリアン

起きてるのがハヤウェイとDF勢。アーラグラディウスは風林火山対応で使用済み。最後に中央DFに佐々美出して比咩をずらして、エンド前創作される。
まず春恵突っ込んできて相打ち、創作でドローしてきてデモニッションは百物語戻す。シスヘル4点は通して残り5枚。ここまでは事前にわかっていた流れ。
その後に天の邪鬼してからの比咩の1点は、受けると佐々美除去で死ぬという思考で通す。するとエンドしてきて、勝ったのかと思ったらドラゴン爆破でペナルティ2点受けて死亡。

要は相手がエンド前に爆破打たなかった致命的なプレイミスを、ジャンプで爆破解体が避けられることを忘れるという致命的なプレイミスで受け流して負けという…

| | コメント (2)

2009年3月26日 (木)

残り

・リセ
ユニシフその他。
○上杉うた
とりあえず雪単で使うと仮定しても、長谷部と比べた利点はAP2あること、取り合いに引っかからないことで、欠点は引いたカードが相手に見られること。何はともあれシャロよりは強い。

○九条くるり
組み合わせるアイテムは、3コストに変換できるモアモアでしょうか。1積みの黒魔術が光る(メタ的な意味で

○結城ノナ、プリマ・アスパラス
コンバ前は3コスト払って3/1/1で、能力は自ターン開始時に腐ってる相手キャラが居なければ1点入るだけで、無いよりマシな程度。
コンバ後は実質5点パンチャーでゴミ箱メタで一応ジャンプあって4/2/1。不幸は撃てないですが、前後EX2なのも考えれば弱くないはず。水羽とはメタる部分が違うので何ともですが、単純にパンチャーとして見ると1ハンド重いのは弱点。

○クロワ
とりあえず璃々子は月相手なら中央列配置で。

○中内知子
ミディア・レノや伏見ゆかりと比べるとオーダーステップが無いのは弱い。能力は相手の手札こそ増えませんが2点しか削れないとやっぱり微妙。あと中央列出ないのは辛い。

○八重野撫子
EX2で3コストの3/3/2でメリット能力。メリロットさんに謝れ!
特殊能力は手札2枚投げてスペックの底上げということで、こんなカードが月ビートに欲しかった、という一枚。アイテム特化型以外での十手の時代は終わった感が。

○白鷺茉百合
EX2で3コストの3/3/2でメリット能力とメリットペナルティ持ち。メリロットさんに(ry
ペナルティで除去耐性があって能力はハンデスメタということで、雪、月、日相手に特に便利。花のちずるをメタることも可能ということで、ほぼ何していても強い。

○秋月凪
コンバ前はゴミ箱から等価のアイテムサーチ。これだけならスペックが無理。
コンバ後はスペックが1ずつ上がってアイテムの枚数だけ打点強化。正直そんな手札あったら負けないと思うわけで、現実は厳しいとかそんな結果になりそう。
今回出た兼定様とか実質0ハンドなのでかなり相性いいはず。

○デス先生
責務、入れ替わりのメタでありつつ月EX2で4コスト4/3とか革命クラス。

○高円寺アヤナ
みここデッキの新エース。サイドステップが気軽に出るのは結構強い…はず。

○皇天音
EX2で色拘束薄いAP4サイドステップ。混色では出番がありそう。

○メリッサ・セラフィ
ペナルティ2ドローが雪相手に強いかと思いきや、中央のみ配置のせいでいいカゲナシ伊吹の餌食という…
能力はブロックされた時限定で同列のキャラ2体吹き飛ばす効果。相手キャラが1体のみだと味方も巻き込みますが、そういう配置をさせている時点で価値があるので強い効果。対応バトル中断対応でもう一度使えるのはかなりのメリット。
詰めで自分を吹き飛ばしてサイドステップとかも可能。

○村上久斗、ディア・イブリーズ
これはファンデッキ組みたくなるレベルの効果。
宙月で燈子入れて活人形から久斗出したり、凪の効果でデッキボーナスがついたりとかそんな感じで。月にはデス先生もいるのでパンチャーは足りるし、なんとか形にしてみたいところ。

○電堂あきら
とりあえず止まらないアタッカーとして殴らせておいて、詰めで届く範囲が2点増えるわけで弱い要素は無し。ブロッカーとして立っていてもかなり邪魔。

○山田まりりん、正義のマジカル美少女極悪スーパー魔女っこまりりん
とりあえず正義なのか極悪なのかはっきりしろとw
コンバ前は殴って起動する佐々美。横に動かせないので使い勝手は下ですし、日を見ると相手は既に佐々美を警戒しているので刺さる状況は稀ではないかと。
コンバ後は通れば相手の場をかなりの自由度で弄れますが、動けなくてアグレッシブも無いし止まる範囲のスペックなので通るかというと微妙。日雪で使うと1発の除去で最大3キャラ分のアドバンテージになるので相当強いんじゃないでしょうか。
ついでにペナルティで除去耐性あるのは優秀ですが、コンバ前で1回殴ってからコンバすることを考えると、そこで除去は撃たれるという。

○信頼関係
花単以外にはそこそこ刺さる除去。花単はクルルか春姫でも置かない限り引っかかりませんが、雪は花メタするなら既に監禁があるので環境次第。
日はドラゴン、エルザ、花音コンバ前、美月なんかの雪的に嫌なカードに綺麗に刺さり、月はセレニア、シエル、スタンガン詩音、エステルあたり、宙は春恵、委員長、テレサその他色々、雪はアンケート、食い逃げ、伊吹、水羽上、あとは多色で棗恭介とかデッキの中核クラスに色々刺さります。
対応できない一文が対応不幸や血の十字されない意味で強いですが、キャラ4体という部分がどの程度痛いのかが使ってみないとわかりませんね。

○電圧アップ
花音コンバ後に対する露骨なメタ。デッキの上に置く部分は打点が通っていればいいだけなので大きなデメリットにはならないはず。
ただ既に水羽が存在する雪に必要なカードかは疑問。

○吸血鬼の奴隷
要は空想具現化から撃てと書いてあるイベント。具現化経由だと捕獲と同じ重さで、場所を選ばないのでまあ弱くはないのではないでしょうか。

○星のしずく
すももかノナちゃんが出ていれば1ハンド2点交換で、ユーリが出ていれば手札入れ替え。まあ専用デッキで。

○見敵必殺
要は気高き仔猫を付加するアイテム。月単は宙絡みがひたすら無理なので採用の余地はあるはず。

○強制言語プログラム
記憶喪失魔法レア一号…。時代は変わってしまいました。
フライングディスクには注意。

○兼定様
色は違えど白玉の上位互換。装備対応除去だけ注意。
アイテムを貼ることがメリットになるようなカードと組むか、単純に圧縮パーツとして見るか。デキボもつくので2回通ればドロー分は等価。

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

メインヒロインだらけ

・リセ
ユニシフ雑感。とりあえず花だけ。
しかし、0宣言がやたら多いので今後の月絡みの突っ込みの重要度が半端ないことに。
あと入れ替わりと秘密の隠れ家のバトル中断系が結構メタられてる感じです。

 
○秋姫カリン
花4コスの新しい4/4で、一応ジャンプがあって、詰めで自分から退場できます。…くーりんって強いですよね。
まあ何はともあれ花4コスト4/4/2のバニラでAF全配置で充分でしょう。中型花単のアタッカーが散らせますし、安玖深音単を組むなら貴重なアタッカーにもなってくれるはず。

○朝比奈香澄、稲葉結衣
どちらも秘密の隠れ家、入れ替わりメタ。
香澄は言うだけタダなのでとりあえず言っておくと以後ピッチスペルをそのキャラから使えなくなったりとか。結衣は圭一メタも兼ねるしサポーターもあるので、どちらかと言えばこちらを採用しそう。

○小岩井フローラ
新しいすもも美佐絵系のキャラ。サポート対応に弱くなっていますがスペックは上。
まあ牧本美佐絵って強いですよねー

○中内知由
喋るだけで前の3/1がダッシュ持ちになります。ついでにオーダーステップがあります。オマケに全配置です。欠点無くて普通に強いカード。
櫻乃や美佐絵と枠を取り合うことになるんでしょうが、DFに立っていると相手ターン中に弱いのは気になるところ。中央DFに紀奈子を置くと無駄が無くていい感じ。

○秋姫すもも、プリマ・プラム
コンバ前はアスパラさんやユーリのデッキボーナスを1ターン待たせて2点回復にしたりと、ファンデッキを組むと綺麗に噛み合う効果。
普通に使っても1点のデッキボーナスなら処理した方がライフアド的にも上ですし、無いよりはマシな効果。
コンバ後はプリマで一番軽いので出しやすいのが利点じゃないかと。プリマ全員ですがゴミ箱利用系のメタ能力持ちなので、その部分目当てなら軽い分強いはず。ただユーリと違ってコンバ前単体なら完全に壁役で、ジャンプは一応ありますがコストが必要なので、コンバ前提だとやや配置に困る予感。

○皐ユリーシア
コンバ前は壁向けっぽいスペックですが、AFに出すと実質3点パンチャーなのでその実は超安定アタッカー。初手で置かずにサポートに回せばアグレッシブで1点入るし、DPで止められても殴ればとりあえず1点は入れられるというおまけ付き。もちろん壁にしても普通に強いですが、花的にSP1は若干弱いのでやはりアタッカーかなと。
コンバ後は実質4点パンチャーになって、単体で運用すると2ターンに1回1ドローできると、まあ弱くないレベル。ファンデッキ用っぽい感じではありますが。

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

隠し要素

・スパロボK
29話まで終了。フェルミが仲間になりそうでなりませんでした。何か条件があるのでしょうが、拾えなかったのは非常に残念。

 
・リセ
公認@一刻館草加。日単で。
○花月雪ゲムセ(勝ち)
先攻エルザ。返し須磨寺と最終進化経由フィアッカ。
花音が揃ったので出す。返しマドレーヌで能力消してダイブ。
マドレーヌ対面観鈴出したらコンバ後引けたので花音おかわり。相手DF須磨寺おかわりしてきたので、対面に棗鈴出しておいてアタッカーは確保。
最終的には令呪バウンスでフィアッカ戻して打点減らしつつダメージ通して逃げ切り。

○日単(勝ち)
先攻左に吉岡チエとオペレーター。返しドラゴンと左AFオペレーター。
チエ殴って、アタッカーが引けなかったので中央DF圭一出してエンド。
ドラゴンがオペレーター前に飛んで殴りにきたので通し、ハヤウェイがアグレッシブしてからステップで圭一避けて殴ってくる。
で花音コンバが揃ったのでチエ殴ってから出してアグレッシブで殴るはずが、トラップ落ちてオペレーター寝る。仕方ないので花音コンバは右DF。
ハヤウェイで花音のところ殴ってきたので、オペレーターのサポート強要して相打ち。棗鈴追加される。
返し杏璃コンバにアグレッシブ付加して殴る。返しに観鈴から桜井知絵で吉岡チエが止まり、「僕」アグレッシブで圭一と相打ち。
こちらは杏璃殴ってから中央AF棗鈴出してアグレッシブ付加、殴ったらトラップ2枚目。チエが寝る。
相手花音アグレッシブ。こちらは杏璃と鈴だけ殴ってパエリアは使う。返し花音コンバ後引かれるとアグレッシブで負けなので、チエの身代わりは防御に使うことに。実際は引かれることもなく逃げ切り。

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

ヴォワチュールリュミエールで無事だったようね

これは早口で3回言ったら噛むんじゃないでしょうか。スターゲイザーは射程無いだけで普通に強いですね。
ところでエターナルって宇宙用じゃありませんでしたっけ? なんか普通に地上で運用していて違和感が…

| | コメント (0)

2009年3月22日 (日)

無敵のルージ計画

・スパロボK
手に入った資金とスキルパーツを使えるだけ使っていたので、そろそろムラサメライガー無双の様相を呈してきました。ミネルバクルーの4人を反撃で全員一撃で撃墜とかすると、流石にやりすぎたかと思わないでもなく。
とりあえず19話までクリア。ルート分岐はゾイド側に進んでいるので、未だファフナー勢に会えていません。

 
・WS
舞-HiMEエクストラのリストを見たので作品単を考えておこうかと思ったのですが、あまりの選択肢の少なさゆえに考えることがありませんでした。
ニナ・ウォンが2積みで、あとは全部4積みですね。初手でマシロをクロックするのが最重要。あとはレベル0~1帯の貧弱さと、アリカ&舞衣で3を堂々と宣言される悔しさに耐えられれば大丈夫なはず。まあ、駄目でも他の選択肢はありませんが…

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

よくある話

・スパロボK
ルート分岐でファフナーとゾイドの2択を迫られました…
まあゾイド側を選びますが、こういうのは困りますね。

 
・ラノベ
○緋弾のアリア
2巻まで読了。絵師買いしたのですが、それなりに面白かったのではないかと。
簡単に紹介すると、性的に興奮すると超人になる体質の主人公が武偵(武力行使が認められた探偵)のヒロインに振り回されてパートナーにさせられる話が1巻、幼馴染みで超能力者で巫女のヒロインが巻き込まれた事件を解決する話が2巻。

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

本気を出す時

・スパロボK
お気に入りはゾイド、ファフナー、キンゲでスタート。現在9話まで終了。
待望のゾイド勢登場です。

 
・リセ
公認@一刻館草加。雪単で。
○花単(勝ち)
初手弱くて、先攻初手エセル6枚交換というぶっぱ。長谷部出る。
瑠璃クルルと置かれてエセル殴れない上に瑠璃止まらない。そして除去無い。水羽コンバ追加するも除去引けない。
返し奏とマロン追加されて、その返しに雪姫経由カゲナシ伊吹不幸で更地にする。
であとは適当に除去しつつ水羽が殴っていくだけ。

○花単(勝ち)
先攻水羽長谷部。返しちずる愛佳。
水羽コンバと須磨寺出して、シルフィで水羽軽減モード。須磨寺でちずる除去して、反対側に出てきたこのみを雪姫でチャンプしつつ北陸の宝で須磨寺おかわり。相手もちずるおかわり。
で次のターンにカゲナシ伊吹でこのみ除去して不幸、対応隠れ家対応逮捕してフル除去。FDクドでアグレッシブされて、愛佳おかわりと綾菜。
須磨寺が綾菜に憧れてクドと愛佳は放置して殴り合い。
ラストターンにトップからチャンプブロッカーとして沸いたのが初音とか強くて、秘密の管理人出して能力言って伊吹登場、即コンバで初音除去してペナ1点と水羽4点、水羽から不幸でエセル対面除去して2点、ビサイムで前のターン殴ってないクドが立っていたので1点入ってぴったり詰め。相手がビサイム警戒でクド寝かせていたら負けていたわけで、相当ギリギリ。

○雪花(勝ち)
先攻水羽。返し瑠璃エセル白レン。
返しカゲナシ出して水羽殴ってコンバ、伊吹、不幸、菜々子。2ターン後に出てきたエセル逮捕で、ほぼゲームは終わってました。

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

暇だったので

・リセ
デッキの調整をしてました。
特に雪単と花単ウィニーは最近微妙な部分が多かったので、久しぶりに納得いくまで弄れました。

 

・夜明け前より瑠璃色な - Brighter than dawning blue
エステル、さやか、菜月と終了。
エステルさんだけは以前に小説版読んで内容を知っていたのですが、これはやはり良いキャラ。犬と遊んでいる時とか可愛すぎるだろうと。
さやかルートはシナリオ的には悪くなかったかなと。キャラは守備範囲外なんで。
菜月ルートは逆にシナリオ的に残念。他ルートと違って達哉に成長が無いのが、盛り上がる点に欠ける印象に。

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

置いていかれそうだった

・CLANNAD AFTER STORY
なんとか話についていけた…
とりあえず、風子は流石に自重しろと。まあスタッフに愛されているんでしょうね。

で内容ですが、要は朋也と汐はあの雪の中で一旦死んでいて、幻想世界ないし願いの叶う場所に行き、生前に人の想いである光の玉を集めていたので、街の意思が願いを叶えてハッピーエンドだったんですよね。
で願いが叶うシステムは街の意思によるもので、それは街に住む人々の想いの集合体だから、多くの人の光の玉を集めることで願いが叶うと。ついでに渚が幻想世界の存在を知っていたのは、幼い頃に一度そのシステムで助けられているから。

ただ、汐が幻想世界そのものにならないといけない理由がよくわからなかったのですが、街の姿が変わっていき、人々の想いが弱くなったので世界自体が危なかったとか、そんな感じでしょうか? どちらにせよ、汐が世界を支えることができる理由がよくわからなかったかなと。

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

レシピで誤魔化す日

・WS
白リーグで使ったデッキ。
捻りの無い赤黄音姫。杉並まゆきに関してはパワー重視なので入れない方向で。助太刀に5枠取るのはちょっと無理かなと。

μ×4
浴衣の音夢×4
天枷美春×4

雪風のタバサ×4
鷺澤美咲×1
水着の音夢&さくら×1

お手製弁当を持つ由夢と音夢×3
水着の音夢×4
“筋肉馬鹿”真人×4

美春&音夢×4
巫女装束の音姫×3
唯胡&葉留佳×3
かけがえのない仲間×3

託されるもの×4
存在のなくなる日×4

 
フリーバトルで主に使っていたリトバス単。
謙吾は刺さっても別に強くない気がしてきたので、緑を切ってすっきりさせました。不思議の国のクドは使ってみたら案外便利な場面が多かったので、オフィ版が集まったら増やすかもしれません。

“騒がし乙女”葉留佳×4
赤ずきん美魚×4

“女スパイ”沙耶×3
美魚&美鳥×2
不思議の国のクド×1
“3姉妹”クド×1

棗鈴×4

直枝理樹×4
“筋肉馬鹿”真人×4
棗&直枝×3

“ほんわかきゅーと”小毬×2

“捜査官”葉留佳×3
“おめかし”小毬×4
唯胡&葉留佳×3

リトルバスターズ!×4
託されるもの×4

| | コメント (0)

2009年3月16日 (月)

最多だったとか

・WS
黒リーグ地区決勝。当日、ぶっつけで人からFate単のデッキ借りて、ある程度自分好みに組み替えて参加。そしてやっぱり初戦敗退するという…
仕方ないのでフリーバトルで16戦ほど。やはりリトバス単は安定しますね。

 
・リセ
ウィークリー@一刻館草加。日単で。
○月単(負け)
先攻棗鈴。返しみのりプリーシア真咲梶原。返し観鈴出したら的中。あるある。
で相手のプリーシアと真咲が止まらない。こちらのアタッカーは鈴と杏璃コンバ前なので打点負け。
途中でコンバして、最後圭一とエルザで両方チャンプして、相手の手札に撹乱プログラムとか的中とか無ければ返しの令呪と遠山翠で詰められる…と思っていたらトップでクイズ引かれて負け。

○宙日ルーツ(負け)
相手の景清すら止まらないという問題外ぶりで、最後はウピエルがリリアン先生に突っ込んで戦姫で負け。

○花単(勝ち)
圭一で止めて棗鈴がひたすら頑張る。ハヤウェイがアタッカーとして出て、普通にブロッカーも出ていたので勝てた感じ。

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

ヴァイスシュヴァルツにはよくあること

・WS
白リーグ地区決勝は結局捻りのない赤黄音姫で出てキャンセルに嫌われ、初戦敗退。以降は休憩挟みつつリトバス単でひたすらフリーバトルしていました。通算10勝2敗なので、悪くは無いくらいではないかと。当たったのはDC2、リトバス4、ゼロ魔3、らきすた1、フェイト1、なのは1とかそんな感じで、会場を見るとリトバスが多い印象。
ちなみに負けた対戦はゼロ魔とらきすたでした。お約束のクライマックス事故。

 
・夜明け前より瑠璃色な - Brighter than dawning blue
プレイ開始。既にこのゲームの評価が高い理由はわかりました。
とりあえず一周目なのでフィーナ固定。サンドイッチ事件のカレンが格好良すぎる…。現時点ではシナリオ的にやや消化不良なので、アフターに期待ですね。

アグミオン的に有名な「見ないの」とデスマーチが聞けて、現時点でわりと満足していたりします。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

サイズ比較用に鷺澤美咲(WS)を使用しています

090314_011901汁鰤から誕生日プレゼントが届きました。
いや、キャンペーンに応募していたのが当たっただけなのですが。ミニストレージですね。
しかしこれ、とある構造的欠陥があって蓋が閉まらないかカードが入らないかの2択になっています。百均でマジックテープを買ってくるなど、自前で工夫しないとまともに使えないという代物。
もう少し考えて設計して欲しいというか、正直誰かおかしいと思わなかったのかこれは…

 
・WS
リトバスEXトライアル大会用。ちなみに、このTDはガチで弱いと思います。
不思議の国のクドは助太刀釣ってこられる点で強いんですが、絵がアレであることを考慮して成長株小毬を4枚。特徴お菓子な時点で価値はあるはず。

0:16枚
黄昏の街を見下ろす鈴と小毬×4
“ねがいぼし”小毬×4
“成長株”小毬×4
“女スパイ”沙耶×4

1:12枚
“お友達”鈴&小毬×4
“ムードメーカー”小毬×4
“クォーター少女”クド×4

2:11枚
メイド服の唯瑚×4
“幸せスパイラル”小毬×4
“和洋折衷”クド×3

3:3枚
“唯我独尊”佐々美×3

CX:8枚
兄からの試練×4
きっと、だいじょうぶ×4

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

ついていけない

・とらドラ10!
途中まではよかったのですが、大河が一人出て行くところで「これでいいんだ!」とか言い出して、「えー」となっているうちに終わってしまいました。
竜児の家の問題解決に大河はついてきてくれたのに、大河の家の問題は大河が一人で解決しにいくのかと。これからずっと一緒だ、とか離さない、とか言っておいて、そこで大河を一人で行かせる竜児の心情がわからなさすぎて…
理由がどう、というより感情で納得できず、すっきりしない終わりとなってしまいました。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

突然

PCのDVDドライブが死んだかのように…。新たに外付けのを買わないと駄目なんでしょうか。

 
・買い物
とらドラ10!、シーキューブⅥ、コンプ4月号を購入。とりあえずは最終巻とのことですしとらドラを読もうと思います。
コンプはWSのプロモがあるので購入したわけですが、カンパネラのコミック版が載っていて、そういえばそんなものもあったな、と。なかなか原作に忠実にコミック化しているようです。

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

せめてのいぢキャラに

・リセ

FHキャンペーンのプロモ、くるりとか微妙すぎる…

 
ウィークリー@YS川越。雪単で。
○日タッチFD(勝ち)
ドロソ無くて厳しいかと思いましたが、相手初心者だったので、適当に焼きつつしぐれと伊吹でビートして勝ち。

○花月雪ゲムセ(負け)
相手先攻で詩音とフィアッカ。返ししぐれと長谷部。
次ターン水羽、その次に殴ったらFDで止まる。その直後に水羽コンバでフィアッカ焼いて須磨寺。
返し入れ替わりとか言われたので思わず逮捕したら、ゲームセットで更地。相手詩音おかわりで、こちら2ドローした手札が伊吹2枚と逮捕2枚でキャラ出ない。そこまでの打点差もあって負け。

○花単春姫(勝ち)
長谷部とエセルが両方出て手札がいっぱい。相手のアタッカーは相打ちで止めて、こちらのAFは水羽コンバ、沙佳、エセル。沙佳不幸から伊吹出したりしてオーバーキル。

 
公認@YS川越。日単で。
○月単(勝ち)
相手初手天罰エステル。返し鈴と花音。
おもむろに夕菜置かれたので杏璃合わせてみたら十手で止まる。
少し待ってコンバさせ、「僕」出してバトル中パエリアでバーン。あとドラゴンも強くて普通に。

○花単春姫(勝ち)
序盤はドラゴン無双。
中盤に羽入からDF固めてきたので中央AFエルザ追加して、鈴と一緒に殴っていく形に。
最終的にはリリアン先生と圭一L5で詰め。

○雪単(負け)
先攻で鈴とオペレーター。返しメレムとカゲナシ伊吹。エルザとハヤウェイ出したら不幸あって焼かれてエルザおかわり。しかし逮捕。
その後は野々香でメレム止めて、その次のターンに花音。須磨寺で野々香焼かれてメレムに令呪。花音逮捕からメレム出しなおしでほぼ負け決定。

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

外した

・リセ
公認@オーガ北千住。宗蓮が多いと見て中型花単で。
○花単ウィニー(勝ち)
先攻瑞穂。返しこのみと姫百合瑠璃。覇道瑠璃出して手札増やしつつ、浅間咲耶追加して羽入でDF固める流れ。
で春姫が3落ちしたので諦めて中央AFに九門恵出すと、次のターン春姫引く。しかし、そのターン殴ったら対応FDで相打ちにしてくれる。
ということで春姫追加して適当に。

○5色(勝ち)
相手が初手で強い動きして、こちらのダンスパーティやフライングディスクを過度に警戒する感じで動いてくる。で相手の動きが消極的だったので、終盤の相手のキャラ沸きが弱かったのもあって、ぎりぎりシルファで届く。

○宙雪宗蓮(負け)
相手先攻で宗蓮、覚醒で爆破解体落ちて青海。返し玖羽、恵、このみ。
即除去されるつもりで動いていたら最後まで1発も除去撃たれなくて、しかし相手の春日春恵と宮沢謙吾が止まらない。
でチャンプブロック合戦になって、結局エセルと起源覚醒分の手札差が響いて届かない。

 
最後で負け。雪踏んだら無理な仕様な以上、ある程度は仕方ないのですが、一生懸命と爆破解体が全落ちで負けたのはちょっと…。しかし、デッキの小牧愛佳をオフィに変えてから引けなくなったような気がします。

| | コメント (0)

2009年3月 9日 (月)

さかみち

・青空の見える丘
カンパネラ終わったので再開、コンプしました。

春菜は他ヒロインと比べると、我侭なところが前面に出すぎていて何だかなぁ、と。正直期待外れ。
翠は突発的な外的要員で引っ掻き回される展開が無かったので、安定して楽しめました。
ののかは親との会話がもう少しあってもいいような。まああかね色優姫ルートの人と同一人物でしょうし、そう思えば納得ではあるのですが、やけにあっさり終わってしまったなと。
柊花はおまけでしか無いので割愛するとして、やはり一番良かったのは伊織ルートでしたね。他ヒロインとの絡みも、主人公、ヒロイン両名の成長物語としても。

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

宗蓮ゲー

・リセ
ウィークリー@もっくん。日単で。
○宙単宗蓮(負け)
こちら先攻で右に鈴。返し宗蓮から舞。とりあえず杏璃コンバ左AF登場からサイドステップ、鈴殴ったら起源覚醒経由チョップで下がる。
まあ次から舞は止まるんだし、と思っていたら舞に尾行装備で鈴は華麗に回避。普通に無理。

○宙花宗蓮(勝ち)
相手先攻で宗蓮から右AF玲二。
返し左AF鈴、左DFリリアン先生、中央DFハヤウェイ。
相手は起源覚醒から左AF白川沙織追加だけでエンド。鈴とハヤウェイ殴って、他に選択肢が無かったので右AFにコンバ前杏璃素出し。宗蓮だけリリアン先生の能力で止めておく。
こちら全員殴って、キャラ出ないのでそのままエンド。玲二のサポート強要はラムダデルタで解決されて、絶対の魔女からココアが杏璃の前に沸く。
でこちらは杏璃コンバ後引いたのでコンバ。方向音痴でダメージが増えて、リリアン先生の能力で宗蓮だけ止める。ちび凛あたりのチャンプ要員が中央DFに。
その後鈴殴ったらラムダがチャンプ、ハヤウェイが後ろにステップ、杏璃が中央から殴ると対応で方向音痴が右DFに移動、中央DFもチャンプ。右AFシトラス、右DF圭一で場を埋めてエンド。
返し、中央DFにエンネア登場宣言、対応アーラ・グラディウスで方向音痴消してリリアン先生が横へ。玲二から4点受ける。
こちらのターン、シトラスアタック対応方向音痴でサポートに回ってココアが生き残り、杏璃サイドステップして4点、鈴殴って3点、パエリア2点で一生懸命まで届く。一応ハヤウェイをAFに上げて野々香登場、全列チャンプブロックして勝ち。

○宙日宗蓮(負け)
相手先攻で中央DFラムダデルタ経由で右AF春恵。返し花音下と、佐々美でラムダデルタをAFに。佐々美対面にネコアルク・カオス出てきたのでオーダーステップから棗鈴。
こちらの残りのAFは圭一コンバ出して、相手の残りのAFは霧夜。これは1、2回通してから野々香で止めるも、その後に中央DFに出てきた智代が無理。結局一生懸命後に恋人で詰められることに。

 
公認@もっくん。中速花単で。
○雪花(負け)
玖羽対面の愛佳が超えられず、こちらのアタッカーが通るターンはH薬で全員寝かされて。これが2回あって、打点がひたすら足りずに負け。

○雪単(勝ち)
先攻玖羽で返し沙佳不幸、エセル。
最終的には古手梨花を令呪したら相手が投了したはず。

○日単(勝ち)
相手先攻で左AF遠山翠、中央AFハヤウェイ。返し中央DF愛佳、右DF琥珀、右AF奏。
ハヤウェイステップして4点、中央AFよっち。奏殴って左DFに紀奈子。
身代わりしてハヤウェイから殴ってきて、愛佳で受けて隠れ家宣言したら通って、左右AFの3/1が両方相打ちしにくる。以降泥仕合。
ここからは観鈴に狂宴したらちび凛がサイドステップして潰れたり、ダンスパーティでハヤウェイ落としたら平然とおかわりされたり、中央AFに瑞穂出して殴ってみたら1回通ってから令呪でバウンスされたりで、最終的に

 空き   空き  空き
ハヤウェイ 翠   鈴

覇道瑠璃  空き  奏
 九門恵  綾菜  愛佳

これでこちらのデッキがあと5枚。相手は2枚なのでこのターン耐えればOKで、翠アタック、綾菜ブロックでダンスパーティ、綾菜を奏にして一方ダウンさせて勝ち。

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

フライで焙る心臓

・Flyable Heart
体験版が出ていたのでやってみました。
桜子と結衣がいいという予想が裏切られることは無かったのですが、会長の声が微妙すぎる…。FORTUNE ARTERIALの千堂伊織がやたらカッコいい声だっただけに、同じ会長キャラとしてはやや弱い感じ。
そしてぐみちゃんがサブキャラなのは何故なのかと。

 

・リセ
公認@ふじみ野書店。日単で。
○雪単(勝ち)
先攻で左AF花音下。返し対面アゼルで寝て右AFエセル。
こちらはハヤウェイだけ追加してエンド。相手水羽下を追加。次のターンにコンバしてきて、さらにアゼルから花音に不幸、メレム登場。デモニッションはアーラ・グラディウスで1回止めとく。
で花音上、吉岡チエ、野々香と出してターン返すと、花音逮捕からデモニッションしてくる。
で返しに花音下出しなおし。以降デモニッションはずっと止まっていることに。
その後は雪姫経由でリースが出てきてコンバしたり、メレムから不幸で花音が消えてカゲナシ伊吹でハヤウェイが消えたりして、アタッカーとして圭一コンバ追加。
最終的には身代わりで捩じ込んでL5発症したら二重人格で1点残って、水羽を圭一でチャンプ。で相手除去無くて辛勝。

○日花(負け)
相手先攻初手観鈴からナナカコンバ。止まりません。
朱志香を佐々美で下げて鈴で気高き仔猫したら跡地に秋葉那美。やっぱり止まりません。
その上こちらのアタッカー弱くて、で普通に無理。

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

未知

・TOH
2周目開始。
とりあえずカジノで買えるハーブをフルで引き継いでしてドーピングし、引き継いだ称号の中で一番強そうなバルバトラーを選んで、やはり引き継いだサードニックスとドレインリングを装備して初戦闘。
それでも軽く死ぬかと思った、そんな戦闘ランクUnknownの脅威。所持グレード的に素材引き継ぎが出来ていないのは痛いかもしれません。

 
・リセ
ウィークリー@カードショップ大和。日単で。
○雪単(勝ち)
食い逃げとか出してきて鈴が除去されるも、普通におかわりしてエルザと一緒に殴りきって勝ち。

○トラペゾ(勝ち)
先攻、手札弱くて「僕」エンドしようとすると、中央AFにトラペゾ。智代出して、取り合いが無いのが確認できたので観鈴出す。鈴と圭一L5追加。
返し観鈴チャンプして、こちらは鈴と圭一だけ殴る。エンドしようとすると左AFトラペゾで、独眼流出して「僕」も殴れる。返し全打点スルー。
でこちら花音コンバが揃う。コンバ前登場対応何も無くて、コンバさせて全員殴ってから独眼流の対面にジャンプ。返し花音に引っ掛かりながらあ~ん使ってきて、その後に独眼流殴ってきたので相打ち。
この返しに、トップから花音コンバが引けて、コンバ前登場対応でトラペゾ中央DF。手札に爆破が無いのを確認しつつアルク。コンバさせて「僕」アタック対応具現化経由あ~んで、特に強いカード引かなかったらしく花音サポート通って普通に相打ち。
で、次のターン鈴と圭一殴ってから圭一発症で一生懸命言わせる。返し転校生吉岡チエから身代わりで6点受けるも、別に死なないので勝ち。

○宙日(勝ち)
こちら先攻右AFエルザ。返し左DF観鈴から左AF突撃瑛里華。
エルザ中央AFにステップして殴る。手札全投げで左AF杏璃コンバと右AF「僕」追加してエンド。
相手は右AF千夜と中央DFハヤウェイと右DFグラドリ。「僕」殴ったら観鈴にハヤウェイでサポートしてきたので、エルザ下げて杏璃でだけ殴る。トップで引いたシトラスを左AF。
返し千夜と瑛里華が通って、今度は「僕」をスルーしてきたのでシトラス相打ちから杏璃がサイドステップ。
返し千夜と瑛里華が通り、「僕」にアーラ・グラディウスしてから突撃副会長までしてくる。ハヤウェイが何故か右DFにステップ。
でこちら杏璃殴って「僕」が殴ったところでトラップ。エルザが寝て、パエリア言ってから令呪で観鈴バウンス。一生懸命言わせて、こちらの残デッキが15枚。千夜から6点と瑛里華から4点しか受けないはずなので、相手の手札に追加打点が何もなければ勝ち、で何も無かったので勝ち。ハヤウェイがそのまま中央DFに居たら普通に負けてました。

○日単おみやげ(勝ち)
相手先攻で右AFおみやげから悠木かなで。こちらは鈴とハヤウェイと圭一L5。
かなでは通して戦人が出てくる。あとオペレーター。
相手ドラゴンがアグレッシブ、あと鈴の対面に何か。
こっち気高き仔猫言わされて、右DFに何か出してかなでと相打ちさせる。するとドラゴンが飛びつつクラウディウス。その次のターンは花音コンバ出てきてアグレッシブ。相手強い…
で花音コンバの対面に十崎由衣だけ合わせて、クラウディウスで止まったハヤウェイは下がって相手のターン。とりあえずドラゴンが通って、花音はブロックして想いの代償から吉岡チエ。氷の上の魔王で2点受けるも、返しフル突撃で全部通ってくれて辛勝。

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

永遠の明日

・TALES OF HEARTS
シナリオクリアしました。頂点の探索者、バルバトラーも取ったので2周目は戦闘難易度を上げるくらいしかやることがありませんが、面白かったのでもう1周くらいはやる予定。
ラスボスは正直弱かったです。第一形態は光弱点な上画面端固定なので星塵絶破で適当に倒し、第二形態はワープし始めてからは思刃金剛破で地道に削っていき、CBでコハクとヒスイが纏めて落ちるも援技のレイズデッドで蘇生して全員生存で撃破。
エピローグは、短いながらいい雰囲気だったと思います。最低限はあったので、あとは脳内で補完でしょう。

総括すると、DSテイルズの中では間違いなく一番の出来でした。
戦闘システムに関しては敵側のブラストの鬱陶しさが異常なので、そのあたり改善の余地があるような気がしますが。ただコンボの自由度が高すぎるので、敵はある程度割り込んでこないと弱すぎるしで難しいところ。
あとは終盤の敵に拘束時間が長い攻撃が多すぎて、複数に攻撃されるとガード以外の行動が取れなかったりもしましたが、まあそれくらいは仕方ないかなと。
ソーマシステムはレベル上げばかりせずに話を進める、という意味では非常にいいバランスだったと思います。スピルメイズは慣れないうちは苦労しますが、慣れればサクサク攻略できるのでむしろ手頃でした。

| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

la campanella della benedizione

・祝福のカンパネラ
トルティア姉妹、ニナのEXストーリー終了でコンプ。
トルティア姉妹は大体想定通りの内容でしたが、ニナさんは何故一人だけあんなエンディングに…。あれですか、ハッピーエンドはファンディスクまでおあずけですか。

全部終わって、キャラはやはりニナさんが一番好きです。最近、佐本二厘さんのキャラに当たりが多いなと思ったのですが、よく考えるとあかね色と青空は同じキャラだったという…。まあ元から好きな声優の一人ではあったのですが。
ゲームとしては、クエストを進めていくシステムはやはり余分だったかなと。前にも同じようなことを書きましたが、最初のうちはそれなりに楽しいのですが、後から面倒になってくるんですよね。こういう要素を入れるなら、それ単体でもそれなりに遊べるくらいの完成度でないと逆効果だと思いました。
シナリオはういんどみる作品なので、特筆することもなく普通としか。

正直、人に勧めるならファンタジー設定ゆえの個性の強さとか学園ものの取っ付き易さとかも考えると、はぴねすの方を勧めてしまいそうではありました。はぴねすをプレイした上で雰囲気を気に入ったようであれば、結い橋よりはこちらをお勧めします、という感じ。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

*twinlke*twinkle*

・リセ
公認@オーガ北千住。日単で。
○日単おみやげ(勝ち)
相手遠山翠エンド。こちら杏璃コンバからパエリアして花音コンバ後と杏璃コンバ後が落ちたので日単だと確信して、ハヤウェイまで追加。
返しルポライターで令呪落とされるも、打点が違うのでまあ問題なく。

○宙単るー(勝ち)
タマ姉まで入っているようなデッキだったので、キャラ沸き悪くてリリアン先生で止めつつ普通に。

 
・祝福のカンパネラ
ミネットルート終了。カリーナの「お嫁さんですー」は破壊力大だと思いました。
しかし、このルートは最初にやっておくべきだったというか、やや攻略順を失敗した感がありますね。
ともあれ、あとはトルティア姉妹とニナで終了。ここからが本編。

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

それは読めなかった

・リセ
公認@もっくん越谷。日単で。
○花単(負け)
相手デッキ残り6枚、手札は4枚。手札の令呪でハヤウェイを通せば勝てますが、遭遇かディスクで止まると危ない感じ。こちらの場には杏璃コンバ後が出ているわけで、この令呪は防御に使って次で詰めるのが確実に違いない…と信じてエンドしたらシルファとか置かれて詰められました。
それでも最初のこのみの攻撃を令呪していればデッキは残ったので、無駄に温存しすぎた私のミスでしたが。

○日単(負け)
先攻で棗鈴エンド。返し杏璃コンバ、花音コンバ。
観鈴置いて手札入れ替え…出せるキャラが全部AP3で打点が間に合いません。手札無しからトップ観鈴経由ハヤウェイとかチート引きされたのもあって、10点差くらいで負け。

 
・ロウきゅーぶ!
読了。これは非常に面白い。
第15回電撃小説大賞の銀賞受賞作品なのですが、軽くストーリーを紹介しますと部長のロリコンが原因で高校のバスケ部が活動休止になってしまった主人公が、小学校の女子バスケ部のコーチを頼まれる、という話です。帯のキャッチコピーが非常に秀逸。
見所としてはバスケ描写そのものよりもキャラクターの心情の方がメインで、基本スポコンで熱血なので、特に全員の意識が一つになってからの、後半以降の盛り上がりはなかなか。
キャラクターは真面目、活発、メガネ、気弱、天然と一通りくらいは揃っているのではないでしょうか。
頑張る少女が好きな人や、熱血な主人公が好きな人に特にお勧めの一冊でした。

智花以外のキャラを掘り下げれば続刊も不可能ではありませんが、綺麗に終わっているのでどちらかといえば次回作に期待したいところです。もちろん続いてもいいですが。

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

ぶつかった

スパロボKが3月20日(金)に発売前倒しということで。
それ自体は非常に嬉しいんですが、19日発売のFlyable Heartをプレイする時間はどこに消えてしまったんでしょうか?

 
・WS
一刻館草加のDCカップに参加…しようと思ったらできませんでした。
そもそもキャンセル待ちなので出られるか微妙ではあったわけですが、普段の草加は予約者の半分くらいしか来ないので大丈夫だと思っていたら、今回はそうでもなく。
北千住でも予約一杯で弾かれましたし、DC人気を甘く見ていたようです。

 
・最近読んだコミック
○森口織人の帝王学①
ラノベ版と比べると今ひとつかなと。コミック版限定のキャラがあまり好きではないです。

○盗んでリリス③
完結しましたが、正直後半はバトルシーンで服を破くだけの漫画になっていて、当初の雰囲気はどこへ、といった感じ。
個人的にはソフィア派だったので、メイン回の扱いは残念でした。
あと、この表紙はちょっとレジに持っていきづらかったですね。

○月夜のフロマージュ①
主人公が基本空気を読めないので、読んでいると非常にめありが可哀想なことに…
リリスと比べるとキャラ立ちが弱い印象です。

○マクロスF③
エピソードが飛んだり変更されたりしているのが気になりました。
ガリア4で不時着する場所とか変えても仕方ないだろうと…

○マクロスF 抱きしめて、銀河の果てまで。
学園パートのみのマクロスF。ロリクランとアルトの女装で引っ張っているような漫画でした。
ラストをランカのエピソードにしたかったのはいいのですが、アルトがシェリルのライブに行っていない理由が無いのはやや強引かなと。
絵は本編の方のコミック版より好みでした。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »