« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

bumpy-Jumpy!

・リセ
公認@池袋アメ。花単ウィニーで。
○日単(負け)
○月単サイクラ剣箱(勝ち)
○みここ(勝ち)

対日単はEX1の引き方とキャラ被りで、キャラ沸きがひたすら悪くてついていけず。
対月単は初手サイクラされて終わった感強かったのですが、2ターン後くらいにセレニア出して凄腕言ってきたので対応令呪でサイクラバウンスして、以後戻ってこなかったので適当に。
対みここは中央AFに紗音置かれて、相手AFをまったく止められずにガチの殴り合いに。残りデッキ10枚くらいで遭遇引けて、アタック対応遭遇で紗音寝かせて相手の太田香奈子を一方取って、逃げ切る。

 
・ナツユメナギサ
体験版プレイ終了。
正直ただのキャラゲーかと思っていましたが、これだけある伏線をしっかり回収してくれるなら、シナリオの方にもかなり期待できそうです。
キャラは、はるかが予想以上に良くて、真樹も悪くなくて、歩と羊は悪い要素がなくて、つかさもそれなり。つまりメイン全員良キャラということに。
絵は立ち絵に時々違和感が。つかさの立ち絵がバランス悪い感じですし、羊の後姿はなんか縮んだように見えますし。

| | コメント (0)

2009年6月29日 (月)

真夏の真・純愛アドベンチャー

ナツユメナギサの体験版が出たようです。
ちょっとやる時間無いので、プレイしての感想は明日以降に書ければいいなと。

 
・リセ
GP予選@一刻館草加。花単ウィニーで。
○月単(勝ち)
序盤打点勝って、中盤からドローゴーして、ラスト椎子で押し込んで勝ち。

○雪単(勝ち)
除去あまり撃たれなくて、中央DFのエクレアを飼い殺して、水羽コンバをそれなりに止めつつ殴り倒す。

○花単すもも(負け)
ファンネルのお仕事。フリーはクルルが強くて、相手の場にデッキボーナス持ちが並ばなかったので普通に勝てました。

 
トーナメントなのでここで終了。
残り6人まで行ったので、トスはちょっと惜しかった気がしないでもなく。

| | コメント (0)

2009年6月28日 (日)

要は負け試合

・リセ
公認@もっくん。日単で。
○日単(負け)
○宙花璃々子(勝ち)
○宙日花恭介(勝ち)

相手の花音コンバと翠に合わせてきた圭一が強い。
一応最後令呪引けて、これを詰めに使うか花音戻すか考えて、現状では打点が足りない気がするのでギリギリまで握っていることにしたら相手の注意で詰められてしまうという流れ。花音戻して守るのが正解だったようですが、それだと打点足りなかったはずで、結局ジリ貧なのは見えてるので微妙なところ。

 
・Flyable Heart
九条くるりルート終了。まあ天音ルートよりは面白かったはず。
シナリオに関して、ループで解決は別に構わないんですが、くるりルートにせよ天音ルートにせよ、ラストで主人公が頑張る一方でヒロインが何も努力しないのがあまり好きではありません。個別のラストは協力して何かをしてほしいと思うので。

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

しょぼい

・リセ
5周年イベントの中間テストで成績上位者だったということで、景品が届いてました。…雨宮優子と劉備桃香の2枚セットでしたが。

 
公認@オーガ北千住。日単で。
○宙花(勝ち)
○宙日花恭介(勝ち)
○多色メレム(負け)
○日月(勝ち)

ウィークリー@オーガ北千住。雪単で。
○日花最終進化(勝ち)
○宙日(勝ち)
○花単(勝ち)
○宙花璃々子(負け)

公認は序盤にナナカ一方取られるプレイミスとか論外。その後相手のメレムにサルサで対抗してみるも、キッスで止まってやっぱり無理。
ウィークリーはドロソ無くて、序盤アブリルで殴って、カゲナシ伊吹不幸して血の十字対応アブリルから不幸で一旦更地にして、2ターン後にエセル出して以後逮捕と須磨寺で出てくるキャラを潰していく。が璃々子出てきて、デッキに1枚ずつ残っている魔法服かカゲナシのどちらかを引かないと除去できないのに引けない。一応アンリで打点は確保していて、ぎりぎり詰めてはみるものの一生懸命あって、璃々子の打点に耐えられないので負け。

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

釣られすぎだが人のことは言えない

・リセ
どみる2を買いに行く。
とりあえずキララッキーは20k安定で、ネオパラサルサも5kで安定。サルサのサインは25k買取とかもう意味がわからなかった。
…無理だ

 
ウィークリー@カードショップ大和。日単で。
○雪単(勝ち)
相手除去引いてなくて殴りきって勝ち。

○花日(勝ち)
藤宮凛出されて、佐々美出してみたら登場対応FDで下げるの防止。→じゃあ小松あすかでデッキボーナス消したいです。

○日月手紙(勝ち)
取材されたけどハヤウェイ残ってアタッカーは確保できて、トップからブロッカー沸かしていって勝ち。

○雪単(勝ち)
やっぱり除去撃たれなくて、水羽コンバを佐々美で下げたりしつつ殴りきる。

なんか全体的に相手の引きが弱かった気がします。

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

馬鹿馬鹿しい

・リセ
さすがに今回のレアリティの仕様は面倒だなと思わざるを得ない。
ネオパラの中で封入率に差があるとか、カートン単位で剥いても出ないというパラレルラッキーとか、挙句サインカードがあるらしいとか、ちょっと集める気が失せます。明らかにやりすぎ。

 
・Flyable Heart
皇天音ルート終了。
共通ルートは普通に面白かったのですが、個別に入った瞬間につまらなくなった印象があります。まあ、キャラがあまり好きではないのが大きいのでしょうが。
シナリオは単体で見れば謎が残ってしまってよくないですが、最後まで進めて謎が解明される段階でこの不満も含めてひっくり返してくれることに期待しましょう。

| | コメント (0)

2009年6月24日 (水)

全カード考察という試み

ナツユメナギサの予約特典にリセのプロモカードとか購入確定ですよ。

 
・リセ
とりあえずアニエスはキチえもんと組み合わせるか、前原伊知郎と組み合わせるかが問題です。
あと柏木初音はデッキから抜かないといけない感じ。サルサは採用率高くないだろうけど、リトスはほぼ確実に入る上に効果が無理すぎる。

○一ノ瀬悠夏
移動しなくてもよくなりましたが、空きフィールドが必要なので場が埋まっては駄目。結局日花の混色との相性は微妙という。
まあEXが強いので普通に入れて、たまに出す程度でも充分じゃないでしょうか。

○津宮雫
サイドステップの追加は大きいですが、雪花の混色で能力が使えるシチュエーションで横移動とか出来る気がしないんですが。
能力は雪花で水羽起こすと4点得。

○ミネット
全配置で1ハンドキャラなので逃避行でも使えばいいんじゃないでしょうか。花には他にも麻衣とか都とか、逃避行と相性いいキャラは居ますし。
プロモ版からあらゆる部分が強くなっているんですが、それでもさほど強くない不思議。

○カリーナ・ベルリッティ
コストに対するスペックが低いのは相変わらずで、能力は手札が増えなくなった代わりに出たターンから使えるので、主に月単では使えそうな感じに。混色では残念。
自身のAP0が弱くて、十手貼っても相手キャラが止まらないとか普通にありそうなのが不安な点。

○アヴリル
雪EX2でDP2あって4点殴ってくれる頼れるアタッカー。あと雪花すももとか組みやすくなりました。
特殊能力は恋ドラとかエルザとかあきらとかアニエスとかに普通に強いんじゃないでしょうか。

○津宮奏
雫のおばあちゃんの若かりし頃。津宮の家に嫁ぐ前の姿なので、「津宮」奏というのは正確ではなくて、原作では苗字は設定されていません。
それはともかく、特殊能力は「このキャラの攻撃しているバトル中」という部分が弱すぎ。一応ダンスパーティとか不慮の事態には強いアタッカーとして…

○ガーネット
こちらが雪の時点で相手のDFにキャラがいるのは少ないと思うわけで、登場時に寝かせる部分は別に強くないですよね。
ジャンプも同じ理由でさして強くないように見えます。一応DFで1ターン守れる形になれば意味はありますが。

○夕凪樹里
とりあえずスペックが弱くなくて、特殊能力は相手ターン中にアタック対応で使う弓。弓塚さつきあたりのデフォルトで多段攻撃してくるアタッカーに強いですが、そもそも対花でハンデスがあまり強くない現実。
特殊な使い方としては佳奈多と組み合わせて風紀委員長で止めたりできます。

○リトス・トルティア
色拘束薄い3コスト4点アタッカーでDP3でSP2で中央AFに出られるとか強すぎてデメリット能力を警戒するレベル。
で特殊能力はメレム、ちび凛をメインに刺さると強くて普通にメリット。

○藤倉いつき
とりあえずEX2の3コスト3/3/3。ただし月お得意の左右配置。配置のせいでサポーターを払えるデッキを組んでも最大限に活用しづらいのは困ったところ。
特殊能力の方は場にいるだけで仁科弥生やエルザや彩辺朱里の特殊能力使用を牽制できたり、伊吹を牽制してみてタイミングの遅さが弱くてエンド前に除去されたりとか。

○フィオーレ・ベルリッティ
まあ空気。バトル中に使えればまだ使えた可能性も無いことはなかったのに。

○望月真帆
花単すもも型の新たなアタッカー。普通に相手ターン中の牽制力がヤバイ。

○ニナ・リンドベルイ
味方にデメリット基本能力を付加するカードと相性がいいと。
パッと思いつくのはナナ・D・タタールですね。あとは柏木初音がペナルティ4点回復とか(実質3点ですが)。

○ミリアム
カード名は「ミリアム・ローランド」にすればよかったと思うのですが。
せめて本人のスペックがもう少しあれば。

○ナーガン・メイクラフト
バトル中におもむろにクラリネットとか、そんな感じに悪用されるビジョンしか見えないです。

○くまごろう
クマすけ。このスペック、特にSP3は異常ですが配置が。

○チェルシー・アーコット
3ターンかけて実質3ハンド除去。移動が強制なのがちょっと。

○アルトワーズ
メトレス。細かいことはいいんで、とりあえずAFに出てください。

○アバディーン
アバ兄。4/4でステップ0で防御されると貫通ダメージ。観鈴倒すと5点入る。
やたら強いですが、荒耶宗蓮と噛み合わないので宙単での採用率は高くなさそう。

○鳴海弘太
これで日2コストで全配置とか普通に強くて驚きます。
特殊能力は相手のドロー操作なので、美月ハンデス系のデッキでロックまでかけられるように。あと相手のトラップとか落とさずに除外できるのは強いんじゃないでしょうか。

○アニエス・ブーランジュ
AP4以下という制限がありましたが、まあトークンでAP5以上というのはあまり居ないと思うので影響は少ないでしょう。
特殊能力はコストが星1点と簡単に踏み倒せるわけで、とりあえず専用デッキを組んでみたいカード。

○シェリー・メイクラフト
最終ターンに殴ってから防御に回れる、ペナルティで2点受けるDP1のアタッカー
…弱いようにしか見えない

○サルサ・トルティア
ペナルティでドローできる4/2。カンパネ味方キャラはリトスですらSP2なのに、サルサだけSP1ってどういうことなのかと。
この姉妹の登場でちび凛がかなり使いづらくなったのは確実。

○ニック・ラジャック
日属性限定でなければ活人形とか釣れば強そうだったというのに。

○ファビウス・ベルリッティ
原作同様わりと空気。せめてDFキャラに使わせてください。

○レスター・メイクラフト
もうEXが弱い要素にしか見えない…
月単アイテム型に積めば普通に強いであろうカード。地味に相手の木登りあたりのデメリットアイテムにも強いです。

○決戦
超神ペゾが始まりすぎてる件について。

○黒真珠の書
リーブロネロマルゲリータと読みます。
月単で使う場合、EX1のイベントを積んで、それで1ハンド得しても正直微妙な気しかしません。月が濃い混色で使えば便利そうではあります。

○逆さ人形
中央DFトラペゾで璃々子出させて使おうと思ったら対象取ってるという罠。

○牛乳
花属性限定でなくなった代わりに重くなった脱走。

○神殿騎士喫茶
宙単で使うと結局SPが足りないという罠に陥りがちな予感。
ならばSPが高いからと言って花と組み合わせるとダンスパーティという壁が。

○世界一の大道芸
手札消費的に3体以上出さないと弱い感じ。単体で使うならDF埋める方が強そう。

○幸運の鈴
手札消費無しでキャラを回収できるため、場に出すことでアドバンテージが得られるキャラを使いまわすデザインのカードでしょうか。

○秘密基地
テラペゾに、ミラーメタ兼食欲魔人メタとして入ってきそうなカード。
雪単はこれ入れて相手の介護メタするなら、普通にその枠に介護積んだ方がいいと思います。よほど介護だらけの環境ならまだしも。

| | コメント (0)

2009年6月23日 (火)

まさか自分ではやらないだろうという油断

「バイトが無いのに、あると勘違いしてバイトに行く」ってのをやらかしました…

 
・ナツユメナギサ
とりあえず購入店舗を検討中。
羊テレカで一番絵柄が強いグットウィルは店舗がなくて通販になるので微妙で、ソフマップは羊と歩の2枚セットなら即決だったのに東と西で分かれてるとかで、結局天神乱漫に続いてメッセサンオーのお世話になるのがリアル。
それにしても、オフィシャル通販で予約特典が付かないってどういうことなのかと…

 
・神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS④
読了。
相変わらず原作どおりなので改めて書くことも無いわけですが、アニメ版の改悪ぶりがよくわかるというかそんな感じ。

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

相手強すぎ

・リセ
GP予選@ふじみ野書店。日単で。
○不戦勝
○宙日雪(負け)
相手先攻でトラップ切りつつ瑛里華で宙日っぽい。返し佐々美で下げてハヤウェイ。
相手は観鈴で引いてハヤウェイ爆破解体してテレサ。観鈴の防御が固すぎて突破できないので樋口三郎出して血の十字強要してみる。
返しヘルに殴られて三郎が爆破解体。佐々美通ってハヤウェイ追加。
相手は遠山翠追加して殴ってくる。その翠に佐知美合わせて、一生懸命持っていることを確認したり。
でエセル出して3枚交換してきて、翠突っ込んで相打ちからおかわりされる。
こちらは夕霧ナナカでドロー阻害してみる。
以後は相手だけトラップ落ちたりとかで完全に無理ゲーでした。

○日月(勝ち)
相手先攻で葉留佳とハヤウェイ。こちらは観鈴、翠、佐々美、鈴。
返しハヤウェイにだけ殴られて、翠前にあきら。
ここでリリアン先生追加して、相手ターンのドロー後に投了貰いました。手札にアンゼリカが2枚あったとか、ハヤウェイ起こし忘れたとか。

○日単(負け)
3位決定戦。
相手先攻でナナカ観鈴ハヤウェイ。こちらは小松あすかとハヤウェイのみ。
で相手はリリアン先生追加してくる。観鈴引けたのでアーラをナナカに宣言したら対応アーラされて、でも観鈴置くしかないので置いてみて、手札入れ替えた結果出せたのがリリアン先生。
相手はナナカコンバージョンしてまりりんアグレッシブで殴ってコンバとか。こちらは圭一L5が出せて場が埋まる。
以後はお互いに8点進行。つまり序盤の打点差と先攻分が埋まらずに負けるわけで。

 
ウィークリー@一刻館草加。花単春姫で。
○日単ナナカ(負け)
先攻でこのみと咲耶。返し佐々美ハヤウェイ鈴。
とりあえず右AFハルカで咲耶上げようとしてアーラで1ターン遅れて、相手の打点全スルー。
相手左DFに観鈴出して中央DFに花音コンバ。返し左DF覇道瑠璃出して、このみから殴って手札増やしてたらちび凛落ちてこのみの前。中央AFに春姫で観鈴のとこ突破。
次のターンに春姫突っ込んで花音と相打ち、咲耶をハルカで中央AFに飛ばして以後殴り合い。
結局トラップ強くて、ブロッカーの沸きまで悪くて、おまけに序盤の打点差も無理という。

○花単(勝ち)
ジャンケン負けて先攻渡される。
左に藤宮凛でネコミミ神社して、特に強いカード引けなくてそのままエンド。返し中央AF紀奈子と右AF綾菜。
春姫と覇道瑠璃追加して回復して手札増やしてくーりん追加。返し殴られたらコンバ後3落ちして春姫がコンバできる要素無くなる。クルルと真壁椎子が縦に並んで中央DFに翡翠で、くーりんが非常に通りづらい感じ。
覇道瑠璃で手札増やして右DF綾菜追加、くーりん殴って通させてから、中央DFに紀奈子で春姫も通させつつ相手の紀奈子を止めた気分になってみる。
返し上から櫻乃出てきて全列殴られ、以後殴り合って先攻分と場のAPの違いで勝ち。

○超神ペゾ(勝ち)
超回復デッキ。序盤にひたすら殴って、終盤に手札が枯れた頃に時間移動魔法で相手のデッキが10枚増えて、マジカルヒーリングポーションで相手の回復体制が整う。
が、この時点で相手デッキの総量が20枚弱とさほど多くなかったので、しっかり手札溜めてフル展開して押し込んで勝ち。

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

Charge Of Soul

ナツユメナギサの応援はじめました。これは買いそう。

 
・天神乱漫
卯花之佐久夜姫ルートと、最後のオマケ的なやつまで終了でコンプ。
姫ルートは主人公の活躍度合が他ルートと比べて圧倒的に高かったです。先にこのルートをやっていた場合、葵ルートのグダグダ感には驚きそうですね。
最後のオマケは、BGV(バックグラウンドボイス)というシステムの意味をここにきて理解しました。特に必要ない新システムだと思っていたのですが、これは考え方が変わります。

ゲーム全部終わって、シナリオの内容は、姫>>佐奈>まひろ>>紫≧ルリ>葵といった感じ。最後で決めてくれる佐奈ルートも良かったのですが、不利な状況から奇跡なしで逆転した姫ルートはその比じゃないというか、やはりメインヒロインは違いました。まひろルートはヒロインに惹かれる過程が個人的に好きなので高め。
キャラは、何だかんだでルリ(わりと空気)と紫(色々と守備範囲外)以外は全員それなりに好きになれました。
CGは心配する要素無くて、BGMはキャラソンのインスト版がなかなかいい感じでした。

 
・リセ
ウィークリー@もっくん。日単で。
○テラペゾ(勝ち)
○花宙璃々子(勝ち)
○宙日アグレ(勝ち)

公認@もっくん。花単ウィニーで。
○日単ナナカ(負け)
○日単(勝ち)
○宙日順風(勝ち)

| | コメント (0)

2009年6月20日 (土)

面白いと思った試験問題

消しゴムの、文字を消す以外の使い道を思いつく限り列挙してみよう
ちなみに解答欄が12個で、制限時間は3分でした。

 
・リセ
京子が集まったので月単ビートをリニューアルしました。
以前と比べて、ドロソが量も質も増えて非常に回しやすくなりました。時々2ターンで場が埋まって十手とか平然とあって、結構強そうなのでフェスタ入賞したのも頷ける感じ。

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

盛り上がらない

・乃木坂春香の秘密⑩
読了。
相変わらず色々と突っ込みどころ満載の、ぬるーい展開でした。那波さんの跡継ぎ問題とか、始まった瞬間からオチが読めるのはどうかと思うのですが。

 
・電撃文庫MAGAZINE vol.8
ロウきゅーぶ!の短編のために買ってきました。
スポコン要素とか既に見る影もありませんが、なんかもう可愛ければそれでいいのかとも思いつつ。

 
・リセ
公認@一刻館草加。花単春姫で。
○雪単(勝ち)
○日単(勝ち)

雪単は相手がミスしてくれて拾っただけ。
日単は物理的に止まらないアタッカーが普通に強くて、最後遭遇で逃げ切って勝ち。

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

本当のワタシ

・天神乱漫
常盤まひろルート終了。
あまり期待していなかった部類なのですが、思いがけずいいキャラでした。ただ、紫先生とはある意味で対極に位置する感じのキャラなので、続けて攻略するとその振り幅に驚きますが。
シナリオはと言うと、心を閉ざしたヒロインと関わり、徐々に変えていく話。
紫ルートと違って、主人公が深入りしようとする心情に納得できたので、その上で読み進められたのは良かった点。

 
・猫耳父さん
読了。
簡単に内容を紹介すると、飼っていた猫が死んでしまった翌日、父親に猫耳と尻尾が生えてくるという、タイトルそのままのストーリー。それに振り回されるうちに疎遠だった家族のコミュニケーションが発生したりとか、事件に巻き込まれてみたりとか。

読み終わっての感想としては、普通に「いい話」でした。それ以上でもそれ以下でもないですが、安定感があっていいのではないかと。
ちなみに、猫耳父さん以外にもう一本短編小説が収録されていますが、こちらは別に特筆するほどでもないレベル。

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

髪型論

この記事について。コメント欄に書こうと思ったのですが長くなったので自分のとこで。

 

まず、髪型が服装と別の要素になる理由がわかりません。だって髪型ってファッションの一部でしょう、普通に考えて。
そこに好みが生じるのは、むしろ当たり前だと思うのですがどうなんでしょう? メイドや和服は良くて、セミロングやらポニーテールは駄目なんでしょうか。

でファッションである以上、キャラクターの性格に合ったものになるのも自然な流れなわけで。やや極端な例ですが、目立たずに日々を過ごしたいような人は、少なくとも目立つような髪型にはしませんよね。

 
で、ツインテールに限らずテール系の髪型のキャラクターの性格については、個人的な意見になりますが「元気」「活発」または「我が強い」というイメージです。少なからず目立つ髪型ですから。

また、結ってテールにする、という特殊な髪型であるために、ただ髪の長さで決まってくる髪型よりも性格が確定しやすい部分はあると思います。
例を挙げれば、ロングヘアーはどちらかと言えばお嬢様なイメージがしますが、別にそうでなくても髪を切らなかったから結果的にロングヘアーになったようなキャラクター(シャナとか)は存在するわけで。

 
金髪ツインテール=ツンデレというのは、テンプレート化している部分もあるので一概に否定はできません。
しかし、髪型からもキャラクターの内面は透けて見えるわけで、そんな部分を無意識に感じ取るのが髪型萌えの正体ではないかと考察します。

 
あと、上とは関係ない話になりますが、ポニーテール好きな人はポニテ部分が揺れる様子に萌えたりするようなので、フェチという意味でも髪型萌えは存在するはず。
単純にパーツが増えれば、それに関連したアクションが増えますので、その部分にフェティシズムを見い出す余地も増えるのではないでしょうか。

 
そんな感じで。反論は受け付けますし、好みが人それぞれである以上、意見の対立もあるとは思いますが、深く考えてみると見方も変わるのではないかという話。

| | コメント (2)

2009年6月16日 (火)

教育者の苦悩

・天神乱漫
烏羽紫ルート終了。これは超上級者向けキャラクターですね。
シナリオ面では、主人公がヒロインに好意を抱く過程の描写がほぼ無いので、他ルートと比べて若干アグレッシブな主人公の行動に説明がつかない部分が気になります。
あと、このゲームにおけるメインヒロインとサブヒロインの差は、シナリオに天罰関係が絡むかどうかのようですね。

 
・ロウきゅーぶ!②
読了。基本的な部分は1巻と変わらず、小学生とバスケットボールする話。
細かく突っ込むと、スポコン的な部分では、初心者を期限付きで勝利させることが第一目標だった1巻と違って、ヒロイン達にしっかりバスケをさせることに重点が置かれている感じです。ラブコメ的な部分は、ストーリー進行上の描写が減ったのでメンバーと関わる機会が増えて、より振り回される感じに。
不満な点は、水着エプロンの挿絵が無いことくらいでしょうか。

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

行ったり来たり

・リセ
公認@もっくん。花単ウィニーで。
○テラペゾ(負け)
テラーでちずるを持っていかれて殴られ、中盤にトラペゾ経由でボルトが出たのでクドでタックスつけてみるも、毎ターン普通に払って殴りきられました。

○日月リトバス(勝ち)
相打ち取れるようにSP置いて殴っていって、あまりキャラが並ばなかったので勝ち。

 
GP予選@オーガ池袋。花単ウィニーで。
○花単(勝ち)
先攻で紀奈子とこのみ。返し瑠璃ちずるセージ。左AFにクルル、右DFに琥珀と追加して両方殴らせ、このみが止められたのでタッチしてセージを止めさせて、中央DF綾菜、左DF九門恵と出して全員相打ち体制で止める。一方相手は羽入で固めてきたので中央は通るわけでやや有利。
瑠璃一方落ちからクルルとか出てくるも最低限通して耐えて、相手の羽入が落ちて椎子になって、手札投げてきたところで相手のクルルをサポート対応令呪して相手の場を崩し、全員止めて殴りきる。

○日単ナナカ(勝ち)
先攻でちずるとこのみ。返しナナカ、観鈴、かなで、リリアン先生と出てきてナナカがコンバージョン。こちらはくーりん追加して殴るだけ。
返しかなでは通して、左AFにナナカ下をコストに沙都子、レイジングノヴァしてアタックしてきたので令呪でバウンス。
返し殴って、沙都子をFDで討ち取る。相手ナナカ下追加。
中央DF綾菜でかなでにステップさせて2点当てて、次のターンは左DFに恵でナナカが止まる。あとはリリアン先生とかで押し込んでくるのを耐えて逃げ切るだけ。

○花単(負け)
細かい流れは忘れましたが相手の千果のゲームが情報なしの状態で4連続的中(3、2、3、3と言って全て正解)して、こちらは手札に令呪遭遇遭遇初音とか抱えてキャラが出なくて、手札差が酷くて場が埋まらずに惨敗しました。
一番最初のターンに千果のゲームで3宣言してキャラを並べてきたので、AP3型かと思って止めづらいアタッカーとしてくーりんとか出したのですが、別にAP3型ではなかったので簡単に止まってしまったという経緯があって、ここでEX2を3枚使ったのは明らかなミスでした。

○花単春姫(勝ち)
相手のキャラの出がやたら弱くて、クルル込みのAF展開して殴っていたら投了されました。

 
ウィークリー@一刻館草加。日単で。
○日月リトバス(勝ち)
観鈴杏璃コンバハヤウェイリリアン先生と並べて、後ろ寝かせて速攻モード。

○日月(勝ち)
先攻で右AFに棗鈴。返し右DF観鈴、中央DFアンゼリカ、右AF佐々美、中央AFハヤウェイ、左DFウィンシン。
こちらも佐々美出してウィンシンをAFに引っ張り、右AFに樋口三郎。ウィンシンはリリアン先生を刻印してきて、相手のハヤウェイは佐々美と相打ちして遠山翠。
こちらは左AFにハヤウェイ追加。返しウィンシンで3点余分に受けつつターン帰ってきて、ハヤウェイが右にステップ対応逃避行、対応令呪で佐々美バウンス。トラップ落ちて翠を寝かせて3点軽減できる。
返し右DFに佐々美でウィンシンがDFに下がり、このターンか次のターンだか忘れましたが右AFに朱志香で、ウィンシンで6点余分に受ける。
こちらは中央DFに佐知美が出て、レポートしてみたら逃避行を2枚も持っていることが判明。しかし月コストが無い模様。とりあえずハヤウェイは通らないながらも一応殴って寝かせておく。
相手は翠を寵愛してみるも月コスト引けなかったようで、同じ動きで1往復。
次のターンにちび凛左AFで寵愛してもまだ月コストが引けないらしくて、こちらは佐知美を左にステップさせて中央DFにはナナカで防御を固める。ウィンシンがチャンプブロックで落ちて脅威が去り、返しに相手が詰められなくて勝ち。

○テラペゾ(勝ち)
相手後攻選択で、こちらが先攻。
棗鈴、夕霧ナナカでエンドしようとしたらスケカクで、翠追加して殴りかかったら爆破解体される。返し何も無くてこちらは鈴だけ殴ってエンド。ナナカがテラーされて時間支配。
ナナカ対面の中央DFにハヤウェイ、次のターンに左AF樋口三郎と追加しつつ殴っていく。
次のターンにハヤウェイの後ろにサポート要員が出せなかったので仕方なく観鈴出してみると令呪引ける。会計監査のせいでコストが無かったので1ターン待ってナナカを手札に。
樋口が殴りかかったらトラペゾでボルト出てきて、ハヤウェイにサポートさせて相打ち。これでトラペゾもテラーも切れたのでキャラが出てこないわけで勝ち。

| | コメント (0)

2009年6月14日 (日)

小さな願い

・天神乱漫
竜胆ルリルート終了。直前の葵ルートと比べると驚くほどにあっさり終わってしまった印象が。
しかし、このルートはヒロインであるはずのルリよりも、ただの男サブであるはずの庵の良さが際立ってますね。

 
・リセ
ウィークリー@もっくん。花単春姫で。
○月単アイテムビート(勝ち)
先攻、他にアタッカーが無くて右AFに姫百合瑠璃。返し神楽坂京子とルナリアで京子に見敵必殺。
左列に琥珀と紀奈子出してタッチ。相手はみのり経由で巴。狂宴持ってたのに使い忘れるというプレイミス。
とりあえず紀奈子は止められてしまったのでタッチして琥珀で殴って中央DFに翡翠。相手デス先生追加で、こちらは右DFに椎子。
で中央AFにハルカ出す。瑠璃突っ込んでデストロイされ、次のターンにハルカが右に飛んで春姫。琥珀が殴ったら狂鍛冶経由十手で一方取られたり、椎子に言語プログラム貼られたり。
次のターンにハルカが左に飛んで殴る。春姫はコンバして、残りデッキ10枚くらいからひたすら回復。
即座に中央DFに秋月凪置かれたので春姫は殴れなくて、ハルカの能力で紀奈子を右AFに飛ばして、跡地にフローラ置いてハルカを守りつつ、紀奈子は攻撃に。以後しばらくデス先生はチャンプして、ルナリアは通して巴は潔癖症で止める。ルナリアと巴に十手、凪に見敵必殺装備。
そのまま進行していたら途中でデス先生の前にキャラ出なくなって、紀奈子からデス先生に遭遇してフローラもチャンプに回す。次のターンはルナリアをユリーシアでチャンプし、デス先生が起きるターンはデス先生前に覇道瑠璃。この時点で残りデッキが6枚。
ルナリアの3点を受けてデス先生はチャンプ。相手は空いてる左右DFに手札全投げで詩音と茉百合。
回復で戻っていた椎子が引けて、共感で3点捩じ込んで勝ち。

○花単すもも(勝ち)
早々に春姫がコンバできてて、ストラと春姫と櫻乃のサポーターで相手DFキャラをひたすら倒しつつ殴っていく。相手はなかなかすもも出なくて、やっと引いたと思ったら最終進化と重ねて引いたのでコストが払えないとかで投了されました。

○日単(負け)
先攻くーりん。返し翠ハヤウェイリリアン先生。
とりあえずくーりんは殴れなくて反対側に咲耶、DFに椎子。
佐々美でくーりん下げられて、ハルカ出して能力でくーりんを中央AFに。
以後殴り合って、リリアン先生が強くて負け。

公認@もっくん。日単で。
○雪単(勝ち)
先攻エルザ観鈴ハヤウェイ。返し美魚エセルと並べてくるも伊吹は引けなかったとか。
その後もなかなか除去撃たれず、適当に殴り倒して終了。

○日単(勝ち)
相手先攻で驚愕の時雨。返し観鈴圭一ナナカ鈴。相手リシアンサス、リリアン先生と追加でこちらもリリアン先生。
その後はこちらがハヤウェイ、相手が観鈴、馬場と追加。馬場は一回アーラで攻撃止めてから2回目で令呪。こちらのハヤウェイも適当に令呪されて出しなおす。途中で亜沙と圭一が相打ちして佐知美。
こちらの打点がほぼ止まっていないので、まっすぐ殴り倒して終了。

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

荒ぶる天神乱漫のポーズ

・天神乱漫発売記念イベント
行ってきました。ということで簡易レポ的なものを。
出演者は榊原ゆいさん(浅葱虎太郎役)と、煎路さん(ディレクター)と、ろどさん(ムービー担当)の3人。1時間ちょっとのイベントでした。

まず入場時にジャンケン大会用のうちわを配布されます。3枚1セットになっていて、両面にSDのイラスト入りなわけですが、グーが姫とルリ、チョキが紫先生とまひろ、パーが葵と佐奈とか、最初からパー以外の選択肢を封じられているような…
イベント開始後は、最初に録り下ろしボイスで虎太郎と朋花のラジオコンビがイベントの注意点を説明し、3人が入場。
最初は制作秘話からスタートし、続けて事前に募集していた質問を箱から引いて回答。制作秘話は葵の髪が当初青かったとか、背景の資料を撮影しに行ったら猪に遭遇したとかそんな感じ。質問コーナーは虎太郎を演じた過程の裏話とか、OPムービーの踊りがフルバージョンでない理由とか。
その後ミニライブ。ダンスのフルバージョンと、例のポーズの練習と、歌のフルバージョン。ダンスは通して見ると違和感こそなくなるんですが、ところどころ動きの滑稽さに吹きそうになる感じ。まあ「滑稽な」というのはコンセプトだったはずなので、狙い通りなんでしょう。
最後がジャンケン大会で、まあ適当に負けてきました。リセフェスタと違って向こう側が捻くれていないので逆に読めないという…。同じ手が3連続以上続くのが当然だと思っていると失敗しますね。

 
・リセ
ウィークリー@オーガ北千住。宙花で。
○雪単(勝ち)
2ターン目璃々子とか出したら相手がAF除去するのに必死で千果がひたすら生き残って、逮捕とか弱いですよねー、とか言いつつ殴りきる。

○日花(負け)
AFに3人並べたのにドラゴンと愛佳に2体止められて、相手の佐々美1枚に防御を崩されて負けました。

○日花最終進化(勝ち)
初手璃々子。これと瑛里華が全然止まらなくて、打点差ついていたので普通に勝ち。

○花単春姫(勝ち)
初手翡翠、璃々子。返しは覇道瑠璃と西村このみで、こちらが虚数桜、千堂瑛里華と追加したら早々に相手投了。

 
3勝1敗。璃々子が出れば勝てるんですね、わかります。

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

買うかどうかは別問題

ゆずソフトの公式HPで抱き枕投票アンケートが実施中です。
特に入れたいキャラがいない人は千歳佐奈に投票すると私が喜びます。まあ、佐奈クラスの強キャラになると放っておいても勝つような気がしますけれども。
前回は円に投票してメインとサブの差を痛感しましたが、今回はまったく逆の結果になりそうです。

 
・買い物
とらのあなにて色々と買って栞を入手してきました。
具体的には未来日記の8巻とTo LOVEるの14巻とロウきゅーぶ!の2巻と乃木坂春香の秘密の10巻と猫耳父さん。漫画とラノベで分けて買ったわけですが、ランダム配布なので2回で栞が2種とも揃ってよかった…
一番期待しているのはロウきゅーぶ!ですが、とりあえず猫耳父さんがものすごく気になる今日この頃。

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

しかも3D

・スパロボNEO
Wii本体を持ってない上に、まったく新規参戦作品を知りません。
まあ無理。

 
・リセ
いい機会なので花単春姫と日単杏璃の組み換え。
春姫花単は重すぎたので多少軽くして、佐々美まりりんメタに鷹守ハルカを採用。日単は花音を外して樋口三郎と夕霧ナナカを追加。
あと雪単をどうにかしたいんですが、これは根本から組みなおさないと駄目な気がします。宙花AP4は一応完成したので、あとは大会で回してみる段階。
とりあえず、どみる2発売まではそんな感じでやっていこうかなと。

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

モットー

・天神乱漫
山吹葵ルート終了。
佐奈ルートでも若干感じましたが、個別に入ってからカップル成立までが長い…。そしてその期間が特に面白いわけでもなく、端的に言ってしまうなら苦行。
シナリオは、天罰とか関係なさそうなキャラなのに、予想外の形で絡ませてきていて、その発想は素直に面白いと思いました。しかし、それだけにラストが誤魔化されている感じなのは残念でしたが。
キャラは、まあ悪い要素が無いですよね。強キャラその2。

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

花うに

・リセ
○花単ウィニー
令呪×1

真壁椎子×3
柏木初音(性格反転)×1
遭遇×3

翡翠(潔癖症)×2
シルフィ・クラウド(仲裁)×2
姫百合瑠璃(敵意)×3
小日向すもも×1
アンナ×2
琥珀(笑顔)×3
牧本美佐絵×2
九門恵×4
西村このみ×4
園生玖羽×3
能美クドリャフカ(すとらいく・ばっくす)×1
神森櫻乃×2
クルル(光の王女)×4
望月紀奈子×2
三瀬綾菜×3
源ちずる(恋人)×4
黒桐幹也(調査)×3
中内知由×1
小岩井フローラ×1
水戸海里×1
フライングディスク×4

 
フェスタ(と前日のGP予選)の使用デッキ。いばらに引っ掛からないためにイベントを8枚に抑えてあります。
2コストAP3が19枚、3コスト以上が7枚。DP上げ要員は結構入れましたが基本的にクルルのみで、他のパーツはクルルが引けないか、使えない場合にのみ使います。
回し方は普通の花単としか言いようがありません。アタッカーの配置に気をつけつつキャラを置いて、できるだけこちらの攻撃を通しつつ、できるだけ相手の攻撃を止めるだけ。

仮想敵は日単手紙。結局のところ上から引いたカードがしっかり出せるかで勝負が決まりますが、メタカードも無能ではないので普通に戦うよりは若干楽。
宙単はまあ問題なくて、雪単はハンデスに弱い上にいばらに無駄に引っ掛かるので絶対数が少ないと見てました。
テラペゾは回られたら何使っても勝てないので無視するとしても、サイクラとかゲムセとか璃々子とかの花単的に嫌なデッキがハンデスと除去が強い環境で死滅していたわけで、要は花単とか誰もメタってなかったからそれなりに勝てただけという話。

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

7位

・リセ
リセフェスタ6月。花単ウィニーで。
○月花ツゲバーン(勝ち)
先攻で3/1を2体。返し九門恵と小牧愛佳。
櫻乃置いて愛佳で止まってない方通して中央AFにも3/1。返しユフィンリー追加で隠れ家宣言。
ここでとりあえずジャッジ呼んで、ユフィンリーと愛佳を組み合わせた場合の処理について確認。ターン終了時の処理の中で「ターン終了時まで~」が発生するので、次のターン終了時までユフィの能力は戻ってこない=往復で4点受けずに済むとのこと。
で相手がかなり弱体化したので、綾菜とか置きつつ普通に殴っていき。

○月日星卒業(勝ち)
ひとは+幸村先生で卒業する感じのデッキ。
逃避行かと思って警戒していたら黒化とかされるも、別に驚いただけで問題は無く。

○日単アグレ(勝ち)
こちら先攻で左AF恵右AFこのみ。返し左DF観鈴、左AF朱志香。ジェシ様言って殴ってきて、若干新渡戸マッハ5000が怖いながらもフライングディスク使って防御、サポートしたら一方取れる。中央AF翠、左AFよっち、右AF鈴。
こちらは綾菜、幹也と置いて翠にタックスが付く。2ターンくらい待って中央AFに紀奈子が出て、幹也は適当なところで仔猫されて跡地に翡翠。あとはサポーターでひたすら止めて、トラップ分だけ我慢して勝ち。

○花単ウィニー(勝ち)
こちら先攻で3/1を2体。返しは3/1を2体と愛佳。
櫻乃置いて片方だけ通して、2/2とシルフィで手札を全投げしてDF埋める。
相手もDF埋めてきて、お互い通らない感じになったところでクルル。これがひたすら強くて、プレイミスしつつもクルルのカードパワーだけで押し切りました。

○日花落し物(勝ち)
何故かあまり覚えていませんが、ちずると幹也が両方場に居て、両方刺さっていた記憶が。

○花単すもも(負け)
ぎや弁護士。相手の人間性能が既に高いのに相性不利なデッキとか…
先攻で瑠璃とちずる、返しにネコミミ神社の凛と薄幸さっちん。
凛にシルフィ合わせて止めつつ左AFにこのみ。返しすももと浅間咲耶出てきて回復ゲースタート。
相手の場があまり強くなくて一時は打点が追いつくも、終盤に進むにつれてデッキ差が開いていって結局負け。

○日単手紙(勝ち)
下階段で知り合いだったのでトスって貰う。
試合自体は普通にブンブンされすぎて負けてました。

 
そんな感じで戦跡は6-1。一応入賞してきました。
勝因は雪とかテラペゾとか踏まなかったこと。デッキは明日にでも。

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

リセしてない気がする

・リセ
GP予選@池袋アメ。花単ウィニーで。
○日単手紙FD(勝ち)
相手先攻で美月取材棗鈴。返し恵クルルこのみ。
クルルが居るのでディスクやちび凛で3/1が止まらないのが強くて、トップからキャラ沸かし続けて勝ち。

○テラペゾ(勝ち)
こちら先攻で恵ちずる。返し恵にテラー貼って時間支配。
クルルこのみと追加して殴る。返しちずるにテラー。
こちらは右AFに瑠璃、中央DFにシルフィ、右DFに初音とトップから追加しつつ殴っていき、一度もトラペゾ撃たれない上一生懸命も引かれていなくて勝ち。

○宙雪月メレムテラー(勝ち)
下り階段。相手がわりと事故っていたのでAF並べて翡翠と恵出して適当に。

○月単永劫の剣(勝ち)
また下り階段。相手が回りだすまでにデッキ差が20枚以上ついて、往診されても問題ないくらいに余裕。ひたすら攻めて勝ち。

○日単手紙(勝ち)
相手先攻で左AF葉留佳、手紙素打ち、中央AF美月で取材。返し左くーりん、右このみ。
取材されてノーハンドに。上からちずる引いて中央AF、くーりんが令呪でバウンス。
ちずる居るのに取材されてくーりん落ちる。次のターンだかに真壁椎子×2って引いてキャラ出なくて、取材されたら手紙落ちて2枚とも消えて、シトラスも沸いてきてこのみが止まる。以後は左AF瑠璃、右DF琥珀と続けて出て、場が埋まっていく。
すると右AF佐々美で琥珀がずれて葉留佳に殴られる。次のドローは牧本美佐絵で左DFに。
美月が殴ってきたので琥珀と相打ち。中央DFにハヤウェイ追加してきてこんな場。
観鈴 ハヤウェイ シトラス
佐々美  空き  葉留佳

瑠璃  ちずる  このみ
美佐絵  空き  空き

上から引いたのが遭遇とFD。ちずる殴ったら防御されなくて、相手残り4点に。返し葉留佳は受けて、こちらは残り3点。体操クラブをアーラしてハヤウェイがAFに上がってきて、それは手札のFDで止める。で特にアグレッシブとか持たれていなかったので勝ち。

 
とりあえず権利とすももゲット。かなり気が楽に。

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

人多い

・リセ
公認@オーガ北千住。日単で。
○雪単(負け)
○不戦勝
○雪花(勝ち)
○多色セリオ(勝ち)

ウィークリー@オーガ北千住。日単で。
○月単(勝ち)
○日単(負け)
○宙日(勝ち)
○雪単(負け)

 
負け戦は、雪単は2回とも初手メレムスタート。AF焼かれたりラピスが強くて止められたり。
日単は相手が葉留佳よっち鈴とかで殴っている中こちらは花音下佐々美エルザとか。ここで手札差がついて、その上トラップの起動とかでも差がついて負け。一応最後、相手に令呪もアグレッシブも無ければ返しで詰められたりはしたのですが、普通にあったので無理。

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

With You!!

・天神乱漫
千歳佐奈ルート終了。とりあえず深いことは考えずにキャラ萌えするゲームですね。
シナリオは、ネタバレするには早いので細かくは触れませんが、義妹キャラにはよくある展開、と言ってしまえばそれまでな程度のもの。まあ破綻してはいないので、別にいいかなと。
次は葵。それ以降は適当に。

 
・勇者30
図鑑、称号をコンプリート。称号は大平原のギリタイムが一番難易度高かったと思います。
現在はタイムアタック中なのですが、森の番人セシリアと、古代の遺産のところが素で目標タイム切れません。

 
・リセ
チュチュ・アストラムが売っていなくて昨日のデッキが組めない件。
あと阿久津将臣とか強いのに忘れていたので入れないと。

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

ラッキーだった

昨日は天神乱漫の発売記念イベントの抽選発表の日でして、あまり期待していなかったのですが当選してました。そんなわけで12日は秋葉原です。

 
・リセ
○宙花AP4
●宙EX1(8枚)
千堂瑛里華(突撃副会長)×3
鉄騎臣×2
突発ライブ×3

●宙EX2(30枚)
宮沢謙吾(特製バスターズジャンパー)×2
ココア×3
春日春恵×3
樋口璃々子×4
南雲えり×2
チュチュ・アストラム×4
皇天音×2
神座骸×3
凰火朱鷺×3
一生懸命×4

●花EX2(22枚)
間桐桜(虚数)×4
琥珀(笑顔)×3
まな×4
翡翠(ぐるぐる翡翠ワールド)×4
村田千果×4
限定解除×3

 
AP4が31枚なので、千果のゲームの的中率は5割くらい。ついでに花のカードは22枚中16枚がAP1なので、どうしても花コストが欲しい時にはAP1宣言。
余談ですがすもも型にする形も考えました。璃々子以外のアタッカーがセイバーとか高内昌子あたりになって、EX1枠の関係で突発ライブが抜ける感じ。最終的には2枚コンボが増えることと、混色でEX1の色拘束きつい4コストキャラをメインに据えることの不安があって現状の形に。
突発ライブは虚数と縦に並べる以外にも朱鷺や天音の能力を使ったり、チュチュを起こしてジャンプで詰めたりと色々出来ないこともない予定。

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

わりと久しぶり

・リセ
公認@YS川越。花単春姫で。
○日タッチ手紙FD(負け)
○雪単(勝ち)
○花単(勝ち)
○雪単(勝ち)

キャラ沸き悪くてアタッカーが全部3/1で、FDで次々落とされていって落ち物にアド取られて終了。

 
ウィークリー@YS川越。日単で。
○日花落ち物(負け)
○日雪(勝ち)
○月単(勝ち)

相手先攻で右AF葉留佳右DF観鈴中央DF成瀬。返し花音コンバ観鈴杏璃コンバとやたら強い。相手中央AFに知由。
杏璃と花音の片方が殴ったらトラップでもう片方が寝るのが2ターン続いて、この期間にちび凛も落ちて左AFに。こちらはキャラ沸かずに右DFに圭一くらいしか出せない。相手左DFに翠。
で、トラップがもう無いのでようやくまともに殴れると思った後攻4ターン目、中央DFの成瀬のところに杏璃が突っ込んだらダンスパーティ+トークで一方取られる。とりあえず花音でハンデスしておいて、跡地にジャンプしてアタックしたら令呪で起こされてまた一方取られる。
この時点でやや終わった感あったのですが、杏璃コンバがもう1セットあったので左AFに出しなおして継戦。
SP足りなかったので中央AFに棗鈴追加して、手紙が2回くらい落ちつつ終盤に。次のターンまで杏璃が残っていれば確実に詰められる場面で令呪の2枚目を引かれ、杏璃がバウンスされる。
手札がもう1枚あればDFに杏璃コンバ出し直しからパエリアで勝てるのですが、まあ出来ないわけで。中央DFコンバ前で相手のミスに期待してみるも、それも無理で負け。

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

本当の戦いが始まる

・リセ
ういんどみる2.0のキャンペーン情報が公開されました。
まず最初に魔法服コスプレの悠夏はらぶみくす出典だと突っ込んでおきます、原作厨として。

 
アニエス・ブーランジュ
日EX2 日日星 3/2/2

ステップ [自分のデッキを1枚破棄する。]
デッキ・ボーナス [相手のデッキを1枚破棄する。この基本能力はターン終了時まで失われる。]
ペナルティ [自分のデッキを1枚破棄する。自分のデッキから1枚ドローする。]

世界一の人形師 [星]
自ターン中に使用する。
イベント、特殊能力によってキャラとして登場している、元がキャラの味方キャラ全てを未行動状態にする。(1ターンに1回まで使用可能)

 
こうだと読みました。
トークン系と組み合わせる効果で、おそらく専用アイテムとか出るのでしょう。人形を並べて動かすと、原作のイメージにも沿っていますし。

あと、パラレルラッキーは水着とかドレスとか、とにかく別衣装になるようですが、アヴリルには存在しないわけでどうなるんでしょうね。髪の色からして逆さ人形化しているわけでもなく、ポーズか表情の変更くらい?

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

5月終了

・リセ
公認@もっくん。花単春姫で。
○花単すもも(負け)
○日単ナナカ(勝ち)

相手がさっちんとすもも揃えてきて、こちらも春姫で対抗するしか…→全落ち
2戦目は仔猫使った後の棗鈴と笹瀬川佐々美をそれぞれ椎子と翡翠で止められたので、残りのドラゴンだけ通す感じで非常に楽な場になりました。

 
ウィークリー@一刻館草加。日単で。
○花単(勝ち)
○花単(勝ち)
○日単ナナカ(勝ち)

初戦はアタッカーガン止めして棗鈴が強くて勝ち。2戦目は杏璃コンバ後とリリアン先生が強くて勝ち。
3戦目は先攻初手観鈴ぶっぱしておいて圭一L5以外のアタッカーが出ないとか、そんな手札。結局その圭一とエルザだけで最後まで殴ってました。場が強くて油断した相手がプレイミスしてくれなければ絶対に無理な対戦でした。

 
・WS
Key10周年記念カップ@一刻館草加。赤青おめかしで。
○赤緑双子(勝ち)
○黄青小毬(勝ち)
○緑黄佐々美(負け)

負け試合はCXをいっぱい引いたわりに、理樹も筋肉馬鹿も引けなくて手札が増えないとか無理でした。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »