« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

Rhythm-MAX

・Stellar☆Theater
藤崎天音ルート、全ルート終了後のアフターまで終了でコンプ。後日談ドラマCDも聴きました。
天音ルートは唯一主人公が受け身でないかと思ったら、やっぱり銀一郎に何から何まで助けてもらっていて、他のルートと何も変わっていなかったという。
アフターとドラマCDは急にハーレム化してて吹きますね。そのルートの記憶がないんですが、これは黒ソラの仕業でしょうか?

 
・リセ
公認@もっくん。花単で。
○日単(勝ち)
○花宙(勝ち)
○日単(勝ち)

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

抜け目が無い

曹操・華琳とか合気道で圧勝、と思ったら「できる」とか書いてあったでござるの巻

 
・リセ
定期@もっくん。花単で。
○宙雪(負け)
相手初手で曹操。ミリアムとか真穂とか引かなくて無難に固めたら、低打点進行になるわけで曹操に稼がれたダメージがとんでもない量に。
あと除去分もあって、一生懸命にすら届かないで負け。

○不戦勝

○宙花日恭介(負け)
恭介+虚数桜+曹操で色々止まらない。セージとか序盤に落ちて引けなくて、当然負け。

 
公認@もっくん。普通の日単で。
○雪単優子(勝ち)
優子と須磨寺。とりあえず花音コンバとサルサ出しとく。
シュート、伊吹で須磨寺食って不幸。サルサおかわり。
里村茜出てきてダメージ倍化。佐々美で優子下げて誤魔化す。
次のターンに花音コンバ揃ったのでまた出して、即座に逮捕されたので、次のターンにコンバ前おかわり。
あとはそのまま殴りきって。

○日単(勝ち)
お互い花音コンバして殴り合い。こちらだけ観鈴引けたのと、先攻だったのとで有利で、そのまま勝ち。

○花単すもも(勝ち)
相手のみなもちゃんスマイルが強くて、ナナカとか殴れる要素が無い状態になる。
相手のAFが貧弱だったので低打点で進行しつつ、新渡戸マッハ5000を使って一方取ったりしていると、リリアン先生引けたので出す。
あとはひたすら相手の中央DF寝かせて、トラップもありつつ殴っていって。

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

これからの流行

・リセ
「袁術・美羽出します。エンドで」
「こちら九門恵出したいです。対応は」
「ありません」
「続けてティ出したいです」
「どうぞ…」
「では、ミリアム出します。対応は(キリッ」

こ れ だ !
とかアホなことを考えていた今日この頃。
なんか焦らせば対応宣言してくれる気がする、人間心理の不思議。

 
美羽自体はEX2でアンゼリカ王女の寵愛くらいのことを、相手の基本能力消しつつできるわけですが、本人が貧弱でサポートすら出来ないのはやはり弱い気が。むしろ1コストで動けてペナルティドローついてるのが強いんじゃないかと。

宙は取り合いでも撃てばいいですし、花と月はこいつ自身のスペックが弱い時点で別に構わないし、雪は根本的に刺さりづらいし。ミラーはこれ出して展開遅らせるくらいならアタッカーでも出した方が勝てると思います。
まあつまり何が言いたいかといえば、700~1000円とかするようなカードには見えないって話ですね。

| | コメント (0)

2009年8月28日 (金)

Jさんの本気

これから2ヶ月はLyceeの新弾が出ないらしいので、しばらくは新しいデッキの模索ができると思ったら、来月にはChaosTCGのオーガストがあったねっていう。ルールはともかく、プレイングが全然わかっていないので大変です。

 
・スパロボ学園
キングジェイダーTUEEEEEEな近況。
固くてバリアと分身あって精神4人分で必中直撃激励熱血幸運持ってるとかどんだけー。コスト5なのに、6のジェネシックガオガイガーより全然強いですよ。
戦っていて思うのは、敵の特殊装甲がやたら強いということ。主にVPSとバイオ装甲ですね。それと精神コマンドのひらめきと不屈も鬱陶しいので、それら全部無力化できる直撃が非常に重要。
あとは脱力が非常に効果高くて重宝します。自爆は回避系ユニットに強いですが、控えから出すと気力が低くて、先手取られて即死するのであまり当てにならない印象。バリア持ちのスーパー系一線級ユニットについていれば評価は変わりますが…

初手安定行動はバリア持ちスーパー系+ひらめき持ちリアル系での出撃。修理装置があると尚良いです。
基本的なプレイングとしては、まず敵のリアル系主役級ユニットを多少無理してでも落として、残りを地道に攻めていくのが正解っぽいです。後半に間違って落とされたりすると、後続が気力差で悲惨なことになるという欠点がありますが、そのあたりは脱力持ちを仕込むことで解消できます。
リアル系の強ユニットを後に残すとこちらの攻撃が当たらなさすぎて、やる気を削がれるのが一番無理です。必中とかあっても精神コマンドか状態異常でかわされるのがオチ。

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

NEXTON雑感

・スパロボ学園
買ってきました。
前評判が最悪に近かったので、それよりは楽しい、という最低限のラインで楽しめてます。
内容はつまらないと言うほどでもないのですが、とても地味なのですぐ飽きそうなゲームです。スパロボなのに、戦闘デモonでテンポが悪くなるのもマイナス。
戦闘システムとしては、初手だと読みとかそういう要素無くて完全に運なのに、勝てばしっかり有利がつく、「戦闘方針の決定」というシステムが好きになれません。これがあるから運ゲーになっている感があります。

 
・リセ
NEXTONについて簡易に。今回、花や日を使う分にはあまり収穫が無かったので。

○天沢郁未
トラップ、FD、コストイベントのサイクル、転校生、一大決心あたりをデッキに入れること自体をデメリットにするカード。
実際にはアグレッシブを持つ程度のことなので強烈なデメリットというわけでも無いのですが、こういうカードが出るのはいいことですね。

○孫権・蓮華
4コストでSP1なあたり若干弱めですが、攻撃力が高いので合格点のアタッカー。

○趙雲・星、夏侯淵・秋蘭
4コストとEX1は弱い点ですが、どちらも特殊能力がやたら強いので採用の目はあるのではないかと。

○周揄・冥琳
これも4コストですが、スペックと特殊能力は強げ。今回、月の中型はやたら強いです。

○上月澪
花の回復メタ。花で里美をメタれるようになったのは大きいですが、果たしてこれがカードプールにある状態でサイクラ里美というデッキタイプは生き残っているのかが問題。
ドローの部分が余計なので、回復系のデッキボーナス持ちに対して後出しするとかなり有利になるはず。

○鳳統・雛里
浅間咲耶と組ませると、共感と約束でかなり押し込めるので、詰めでは強そうな感じ。まあ入らないんですが。

○張角・天和
2コスト2/2/4サポーターの時点で強い。能力は擬似ドロソで、1回起動できれば儲けものくらいに考えておくのが正解なはず。対雪とかで置くだけで相手が嫌がってくれること請け合い。
まあ素直に強いカード。何か間違っているとしか思えません。

○巳間晴香
トラップをデッキに入れることがデメリットになるカードその2。こういうカードが出るのはいいこと(ry

○袁術・美羽
相手依存度の高いドロソ。何気に消す基本能力はこちらが選べる。
雪日でドロー系のペナルティを消しながらドロソにできると強そうじゃないかと。

○七瀬留美
スペックが強くて驚くカード。特殊能力は終盤押し込むのに便利。

○孟獲・美以
バニラとして採用する葛城佳央よりも、配置とサイドステップ分強いアグレッシブ。

○有害図書
自ターン中に使用する、なのでそこまで脅威ではないと考えています。いや強いですけど。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

Accordion

・WS
新カード入り舞-HiME単の構想。
○レベル0(18)
マシロ・ブラン・ド・ヴィントブルーム×4
元気っ子 命×3
杉浦碧×4
ナツキ&シズル×4
ニナ&エルスティン×3

○レベル1(10)
アリカ・ユメミヤ×4
アリカ&マシロ×3

舞衣&なつき&命×3

○レベル2(10)
真白&二三×3
決意の舞衣×4
水着の舞衣&命×3

○レベル3(4)
美袋命×4

○CX(8)
封印された鬼神×4
HiMEの力×4

 
エルスティンを外せないというキャラ的な制約で、全色デッキに。
赤が非常に薄いですが、場に出すのは決意の舞衣だけなので、どうにかなるとは思います。赤を切って安定させるなら、決意の舞衣→アリカ&ハルカで。
緑に関してはアリカ&マシロを結城奈緒に差し替えることで増やせますが、レベル1の時点でのレベル置き場はマシロが理想である以上、出しづらいことになります。
あとは実際に回さないと何ともです。回らなければ赤か青を諦めるしか…

 
・すて☆しあ
姫ノ宮輝夜ルート。飲み始めたところで思わず吹いた。
キャラクターは、ここまでのヒロインでは一番良かったと思います。しかし、このルートで最も株が上がったのは空ですが。
シナリオは一番微妙。輝夜の行動が一貫しないのが最大の要因。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

My Road

・リセ
公認@一刻館草加。花単ミリアムで。
○日花(勝ち)
○日単(勝ち)
○宙花最終進化(勝ち)

1戦目は相手のプレイミスで拾った感が強いです。真穂が出てきたのでミリアム出ているのに1列殴れず、その上キャラ沸きが悪くて、ミリアムが穴になっているのもあってかなりのダメージ。
2戦目は観鈴に狂宴撃ったら相手の展開が鈍って、3戦目はミリアム無双でした。

・ステシア
狩野星亜ルート終了。
キャラクターは、わりといい印象だったのですが、ルートを進めるにつれて評価が下がっていく不思議。最終的には良くも悪くもないくらい。
ストーリーは、あご先生のシナリオなので(ry
攻略順を空→星亜にしたのは正解でした。逆だったら確実に空ルートがつまらなくなっていたことでしょう。

| | コメント (0)

2009年8月24日 (月)

80~90分番組

乃木坂美夏の麻衣ふぇあれいでぃお ねくすと!の新コーナー、「裏みっかみかにしてやんよ」が非常にいい感じです。
簡単に説明すると、後藤さんに美夏の声で怒られるコーナーなわけですが、このラジオ、後藤さんがキャラクターで喋る機会が皆無だったので、それだけでも大きいですね。

しかし、乃木坂春香の2期はテレ玉で放送しないとか、ネット配信で追いかけないといけないので面倒です。最近だとefとかスレイヤーズもそうでしたが、1期は放送しておいて2期は放送しないというのは、正直困りますね。

 
・リセ
公認@もっくん。日単わんこ属性で。
○日月リトバス(勝ち)
○日単(勝ち)

対リトバスは棗鈴をまりりんで下げてリリアン先生で寝かせて猫使いを封印、キャラ展開を鈍らせつつ殴る。途中でリリアン先生が逃避行されるも、そこからはアグレッシブとトラップ分で押し込んで勝ち。
対日単は相手が事故って、出てくるキャラが弱かったので、適当に速攻して勝ち。

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

They were only two, on the planet.

・eden*体験版
プレイ。ラヴィが想像以上に良キャラで困る。
ストーリーは、主人公が研究所の護衛任務に就いて、各ヒロインと出会うところまで。導入としては普通で、盛り上がるかと言われればそんなことは無いのですが、minori作品への導入はムービーだからいいのか。
演出の変更点に関しては、適用前を見てからもう一度ニューゲームすると違いがよくわかる感じ。言われなければ気付かないくらいの変更ですが、そんなところに拘るのがminoriクオリティなのかもしれません。

 
・リセ
羽山ミズキに関して。
「無鉄砲」は4章でのミズキの行動の評価だったと記憶しているのですが、そうすると、わんこ属性と無鉄砲のイラストって、実は逆だったじゃないかと。1~2章のミズキは普通の後輩キャラで、少なくとも無鉄砲と言われるほどの行動は無かったはず。
まあ、efキャラのロゴに全部「ef - a first tale.」とか書いてある時点で、汁鰤に期待するのが間違っていると言われれば、それまでの話ではあります。

 
定期@もっくん。花単で。
○日単(負け)
○花単春姫(勝ち)
○日宙無鉄砲アグレ(勝ち)

公認@もっくん。雪単で。
○雪単伊吹(負け)
○日月ハンデス(勝ち)

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

COSMOS

・リセ
定期@オーガ北千住。普通の日単で。
○雪花メレムすもも(勝ち)
○日単無鉄砲アグレ(負け)
○雪単伊吹(負け)
○花宙璃々子(負け)

2戦目で勝ったと思ったら、ノーハンドの相手にトップから遠山翠とか言われて負け。そこから総崩れしたような感じ。
3戦目は2ドロー令呪×2とかやって、キャラ沸きが1ターン遅れてフル除去モード。4戦目はSPで固まって、司令塔もあって攻撃通せずに打点負け。

 
・ステラシアター
泉空ルート終了。
なんか幼馴染みとしてもロリとしてもツンデレとしても中途半端で、何がしたいのかわからないキャラに。
シナリオは、あご先生なので特に可も無く、大きな不可も無く。

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

綱渡りすぎる

・リセ
公認@一刻館草加。ミズキじゃない日単で。
○雪宙仲居(勝ち)
空き 仲居 アンリ
空き 天音 フィアッカ

空き アニー 翠
空き 空き  空き

一生懸命後、こちらのデッキは残り10枚。フィアッカから殴られて、ジャンプで4点になって、トラップ落ちたので天音寝かせる。
で、どうしようもなくなった相手は右DFにラムダデルタ、絶対の魔女。
つ「月宮あゆ」
天音から殴られてたら負けてました。手札からアニエスに爆破解体で2点、未練の昇華1点までで、ぎりぎり生き残って勝ち。

 
○日花すもも(勝ち)
相手先攻ではるちんとアニエス。こちらはハヤウェイと三郎を縦に並べて返す。
すもも、知由と追加してはるちん殴ってきたので、新渡戸マッハ5000で一方取る。
次のターンに中央DF観鈴から右AFあすか追加され、こちらはリリアン先生でSP足しつつ三郎殴って、ハヤウェイはステップして殴る。
次のターンに右DFに沙都子出してアニエスと相打ち、跡地に棗鈴置かれる。
樋口は通って、ハヤウェイはFDからフルサポートで止められる。仕方ないので中央DFに観鈴出して、中央AFにサルサ。クドはその次で即チャンプして、跡地によっちでハヤウェイが止まる。
その後は、すももがチャンプしたからサルサが殴ってみたら、FDでSP増えて止まったりとかしつつ進行。相手のトラップが2枚落ちるも、リリアン先生モードだったのであまり影響なかったのは良かったこと。まあ、こちらはトラップ全引きしたわけですが…
最終的には身代わりにアーラして生き残った返しに、令呪で観鈴バウンスからサルサで殴って、7点叩き込んで辛くも勝ち。
お互いミスとか適当なところ多くて、非常によくない対戦でした。主にFDで4点止まった局面とか。

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

僧侶か賢者か

・DQ9
ベホマラー無しでグレイナルに挑んで、軽く死にかけてきました。メガザルが無ければ全滅していたところだ…
流石に転職を決意した瞬間でした。回復専任キャラ無しでのゴリ押しで進めるのは、限界らしいですね。

 
・Stellar☆Theater
リトバスにも飽きてきたので小休止。ここらで間に一本挟むかなと。
とりあえず、ホロスコープツリーについては、かなり不親切であると言わざるを得ません。2話の保健室のところとか、主人公はまだしも、ヒロインは出てくるわけないだろうと…
キャラクターは、サブも含めてどのキャラも無難にいいんじゃないかと。あごバリア氏のキャラクターは、いい意味で現実味が無いので、イラつくことが無いというかそんな感じ。

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

駆け抜けるデッキ

・リセ
○日単ミズキ
葛城佳央(情熱少女)×1
時雨亜沙(料理部部長)×3
遠山翠(クラリネット)×3
三ツ廣さち×2
山田まりりん×3
羽山ミズキ(わんこ属性)×4

日和川旭×1
神尾観鈴(夏やすみ)×4
時雨亜沙(魔力放出)×3
桜井知絵×1
鈴女×2
戸尾耕司×1
バルド×1
エルザ×2
上岡由佳里×1
前原圭一×4
北条沙都子(トラップマスター)×3
前原圭一(L5)×4
棗鈴(気高き仔猫)×2
吉岡チエ(身代わり)×2
リリアン先生×4
鳳鳴×1
シトラス×1
トラップ×3
新渡戸マッハ5000×4

 
羽山ミズキファンデッキ。
アグレッシブ分で打点差で優位に立って、以後はわんこ属性でスペックを補強しながら無難に殴っていって、終盤に押し込んで勝つ、みたいな動きで。
わんこ属性がかなり強くて、まりりんで3/3を一方取るとかできるので、ミズキさえ置ければかなり楽。基礎スペックが貧弱なので、ミズキ無しでアグレッシブキャラをAF全部に並べるのは避けたいところです。
亜沙のコンバ後は、観鈴かメタカードかアグレッシブか圭一を持ってくるのが普通。他には戸尾耕治を出すと擬似ドロソになったり。3点追加しつつ場にSP3が出る時点で仕事は終わっているので、無理にコンバする必要性は無かったりします。
EX1のカードを引けないと劣化日単に成り下がるのが難点。あと、構成的に対花は不利で、かなりトラップ頼み。

| | コメント (0)

2009年8月18日 (火)

無粋な突っ込み

・俺の妹がこんなに可愛いわけがない④
読了。ノートPCなら閉じればいいと思うわけで、若干無理がありますよね、2話は。
しかし今後の展開をアンケートで決めるとか新しいですね。某所のインタビューとか見ると、作者は順当に桐乃ルートが来ると予想してるっぽいですが。
個人的にはこの作品はあやせ一強だと思っているので、その出番的な意味で桐乃ルート派。

 
・リトルバスターズ!EX
佳奈多ルート終了。葉留佳ルートはここまでセットで1つの話ですね。
葉留佳ルートで触れられなかった過去の補完をしつつ、現在の三枝家についてのエピソードも登場してと。幼少時のエピソードはかなりいい感じでした。
本家との対決とか、その後もしっかり見たかったところではありますが、そのへんまで来るとリトバスの領分では無い気もしますし、落としどころとしてはあのあたりが無難だったのでしょうか…

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

ジャストフィット

天神乱漫サントラ付属のCDケースが、カンパネラのキャラソン4枚と、主題歌CDと、主題歌の夏コミアレンジ版CDと、ラジオCDの7枚をぴったり収納できることが判明。ゆずソフトの中の人の思惑とは違った使われ方がされることが決定した瞬間でした。

 
・恋色空模様体験版スペシャル「そうだ、神那島へ行こう」
キャラクターの紹介をメインとしたオリジナルの内容。本編の内容は少しだけ見せるのに留めてあるので、プロローグそのままの体験版よりも導入としては適しているように思えます。
キャラクターを見ると、メインヒロインであるはずの佳代子はインパクトに欠ける印象が。最終的には全ヒロインとも一定の支持は得られそうに思えます。ラジオ補正とか抜きにして。
声優陣は自力では安玖深音と青山ゆかりしかわからないので、とりあえず彩に期待とだけ言っておきます。
ストーリーは、単なる学園ものとしてのプロローグが体育祭くらいまでで、その後は反対運動がメインになっていく流れと予想。
システムの面では、メッセージウィンドウが可変式で、各キャラの付近に表示されるのが独特です。しかし、キャラの立ち絵に思いきり被るわけで微妙。

 
・リセ
公認@もっくん。日単ミズキで。
○宙花(勝ち)
○日単(負け)

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

「三食昼寝付で可愛がってやります。」

Caq4e7jj

成瀬未亜さんとすれちがい通信できました。
即座にロイヤルルームに監禁。

 
・C76
2日目。トルティアTシャツで行ったのですが、黒い服なので暑い罠。
のんびりと11時半くらいに現地着、12時半くらいに会場入り。
まず、リセ通を確保しに西ホールへ。買ってからは、しばらくブース付近ですれちがい通信して人数稼ぐ。
続いて企業ブースに移動して、まずはういんどみるの無料配布。1時くらいに行ったら既に列があったので並び、確保。買い物や無料配布は所要時間がわからない以上危険なので、適当にぶらぶらして時間潰してトークライブまで待機。
トークライブは無事参加できたのですが、先頭だったので首が疲れました。
終わったのが4時半過ぎで、春日部の大会には間に合わなさそうだったので直帰。

 
・ういんどみるトークライブ
今回は若干グダグダ感が強かったです。以前のは、もう少しトーク内容を決めてきていたように思えたのですが。
情報としては、アニメに関しては色々決まりつついるものの発表できないとか。現在コンプティークに連載中のもの以外に、アライブでトルティア姉妹メインのコミック版が秋冬くらいにスタート。あと新作の発表も秋冬。
通常トークとしては、ういんどみる周辺ではモンハンが大流行で、こ~ちゃさんは徹夜でプレイしてきたらしいです。カンパネラ制作中の思い出も、やはり開発メンバーでのモンハンばかりだとか。あと成瀬さんは今日はすれちがい通信をやりにきたとか言ってましたね。
じゃんけん大会のプレゼントがやたら豪華で、合計30品弱くらいあったはずで、この手のイベントでは初めて景品をゲットしてきました。
Cajdljxk_2 貰ったのはタペストリーで、一度広げてみたんですが、結構大きいので飾るところが無いという。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

期待はしないけど

祝福のカンパネラ、アニメ化決定おめでとうございます!

 
・C76
始発でゴー。いつもより後ろに並ぶ羽目になっていて、毎回人増えてるんだなぁと。
買い物的には目的のういんどみる、オーガスト、ゆずソフトを確保して、緑茶の体験版も貰ってきたのでOK。
すれちがい通信的には480人まで到達。一応目標が500だったので、ちょっと少なめ。

 
・リセ
公認@オーガ北千住。日単ミズキで。
○日単(勝ち)
○花単(負け)
○花単?(勝ち)
○雪単(勝ち)

定期@オーガ北千住。花単ミリアムで。
○花単(勝ち)
○花単(負け)
○日単(負け)
○花単(勝ち)

 
公認の3戦目の記憶が曖昧。確か花単だったような、違ったような…
全体的に、後から「無い」と思うプレイが多かったです。やっぱり疲れてると無理ですが、周囲も同じ条件なので勝率は据え置きw

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

追われ、求める

早めに寝て、今起きてブログ書いてます。始発でイベントに行くときの私のパターンです。

 
・eden*
デモムービーが公開されました。相変わらずのクオリティですね。
今回さっぱり情報収集していないので、突っ込んだ考察とかはできませんが、とりあえず声の出演に後藤麻衣って書いてるのは超重要。
現段階で公式に載っているキャラについては一通り声優が発表されているはずなのですが…。この世界観で多くのキャラが出るとも思えないので、どんなキャラの役なのか非常に楽しみです。

 
・リセ
公認@一刻館草加。日単ミズキで。
○日月(勝ち)
先攻右AF棗鈴。返し観鈴翠はるちんリリアン、翠に手紙コストに十手貼って2点回復。こちらは観鈴、エルザ、鳳鳴と追加。
で相手クラリネット言って両方殴る動き、こちらはエルザがリリアンで寝て鳴と鈴で殴る動きで2~3往復。手紙2枚落ちる。
相手が中央AFに棗鈴追加してきて、こちらは右DFに亜沙。1回チャンプして亜沙おかわり、次のターンは鳴で鈴ブロックして仔猫言わせる。
とりあえず宣言してみたエルザのステップが通ったので、左AFにさち。あとは返しにトラップ落ちてダメージ通って勝ち。

○花単すもも(勝ち)
相手先攻で真穂とさっちん。返し右から翠、圭一L5、鈴と出して中央DFに知絵で手札全投げしてエンド。
相手AFは両方通して千果のゲームで手札増えて、残りのAFに毛利てる。クラリネットでてるのSP切りつつ全部殴る。
返しはやはり全通し。中央DFに成瀬置かれて圭一殴れなくなる。鈴殴って、クラリネットで成瀬のSP切って翠も殴って、左DFによっち追加。相手は右DFに香澄で場が埋まる。
1回相手がミスしたりしつつ、さっちんは止まって真穂とてるは通し、こちらはクラリネット言いつつ6点殴る、という流れで2ターンくらい。
次に鈴殴ったら防御されて、相打ち取って圭一ステップ。翠が突っ込んで司令塔で一方取られておかわりして殴り、中央AFにミズキは狂宴で殴れない。
返しにさっちんが突っ込んできたので知絵防御、てるがサポーターしてきて身代わり。空いたDFには千果のおかわりが出てきて、てるのダメージでトラップ落ちて千果寝かす。
場から見えるカードだけで、圭一L5と身代わりと翠で合計12点入って勝てるんで投了されました。

○月単(勝ち)
先攻で翠と佳央で6点殴る。返しリトスプリーシアセレニア、凄腕からエティル。
翠殴ってクラリネット、亜沙で2回殴って両方SP切って、佳央も殴る。
次のターン、左AFにミズキ、以後適当に殴って勝ち。月相手にこれだけ殴って、場も強ければ勝てます。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

2度目のスルー

・リセ
オータムキャンペーン。今回もどみる無しですか…
フライングディスクと逮捕は欲しいです。FDは絶対高いでしょうが。
突っ込みと不幸は、時空転移とか逃避行くらいまで下がるといいですね。

 
・買い物
カンパネラVFB、クルくるVFB、俺の妹がこんなに可愛いわけがない4巻を購入。本3冊で6千円とか何事…
カンパネラのVFBは非常にいい出来でした。小ネタが多くて、世界観設定とか読んでるだけで楽しいです。

| | コメント (0)

2009年8月12日 (水)

助かるけども

・DQ9
都内ですれ違い通信していたら、某ロッカーの地図を2枚もらっていて驚き。とりあえず潜ってみましたが、敵が物理的に避けられなくて非常に面倒ですね。
あとはグレイナルが出てくる地図も2枚もらって、まったく努力せずに集まっているのは微妙な心境。

 
・リセ
定期@ホビステ草加。花単で。
○花単(勝ち)
○日単(負け)

対日は最後令呪で残り5点から3点通って負け。
試合後に何が原因で負けたんだろうとか言っていたんですが、思い返してみると司令塔を無駄に1回使っていたので、そのせいだったという。マッハ5000とかで真穂が落とされると連鎖的にミリアムも死ぬからとかそんな発想だったような気がしますが、その1点で負けていては元も子もないという話。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

Little Jumper

・リセ
公認@一刻館草加。日単で。
○月単リア(勝ち)
○日月ウィンシン(負け)

月単は初手のアグレッシブで殴った分と、相手のドロー分が埋まらずに勝った感じ。
日月は相手の十手が強くて花音コンバが沙都子で止まらなかったり。最後トラップで回復されて1ターン延びて、返しで負け。

 
・リトバスEX
リフレインまで終了。なんかナツユメナギサと続けて同じような話ですが、こちらは最後がハッピーエンドなので読後感がいいですね。世間の評価が高いだけのことはありました。
先に進めないと意味がわからない仕掛け(野球対決の謙吾とか)を完全に放置したまま進むので、その時点ではやや混乱したのが難点でしょうか。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

minori発売直後版

ネタが無いのでデッキレシピ。

・リセ
○花単
姫百合瑠璃(敵意)×3
九門恵×3
西村このみ×4
望月紀奈子×2
源ちずる(恋人)×3
水戸海里×1
ティ×4
セージ×3
クルル(光の王女)×4

翡翠(潔癖症)×2
アンナ×2
三瀬綾菜×3
小日向すもも×1
牧本美佐絵×2
神森櫻乃×2
中内知由×1
小岩井フローラ×1
真壁椎子×3
望月真穂×3
ミリアム(祝福のカンパネラ)×4

遭遇×3
王たちの狂宴×4
ダンスパーティ×2

 
最近使っている花単で、ミリアム入りウィニー型。
ミリアムの使い方がなかなか難しいですね。棗鈴とかエセルドレーダとか出してくれれば合わせるだけなんですが、先置きすると色々弱い部分が多いので、置くタイミングに困ります。出せば強いんですけどね。
DP上げの構成はそろそろ見直すべきなんですが、調整が面倒で触っていない部分。裁定も出たので、みなもは何枚か入れたいところ。
ドロソは個人的に必要性を感じないので入っていませんが、AP3が27枚と半分近いので千果のゲームができないことも無さそう。

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

第二のエラッタ

・リセ
もっくんの大会は寝過ごして参加できませんでした…

公式のQ&Aが更新。
玉とかのこんを仕様と言い切ったのには驚きました。まあ、質問多くて、わざわざエラッタかけてどうこうするほどのカードでもないし仕様でいいか、的な思惑が透けて見えるわけですが…
注目すべきは死の線関連。FDで帰ってこないのは朗報。メカ部+心の充足デッキが結構リアルになってきました。
あとアグレッシブは登場ターン制限の影響を受けないのではなく、登場ターン制限を失うということも明記。
みなもとすみれは要するにエラッタ漏れで、短期間にエラッタ連発したくないからQ&Aで対処したんでしょうね。…仕事しろと。

それにしてもいい加減、ユリーシアのデッキボーナスの件は公式に載せてほしいものです。勘違いしている人を多く見ますので。

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

go!go! Summer drive

・ナツユメナギサ
ナツユメ終了、これにてコンプ。それにしても釈然としない終わり方です。
全部終わってみると、最初の羊ルートやってる時が一番楽しかったですね。一番好きなキャラなのである意味当然ですが。
以下ネタバレ込みの考察と感想。

 

まず、ヒロインそれぞれの抱える事情を解決して目覚めさせたのはいいのですが、特に羊とか主人公に完全に依存する形のエンディングなわけで、目覚めた後が非常に心配です。
各ヒロインの個別は完全にパラレルで、真ルートは歩ルートという、Flyable Heartのような作りになっていればよかったのですが、全シナリオが一本に繋がってしまうので非常にやりきれない感じに。

 

最初に渚にその他ヒロインズを探させたのは、終わってみると歩ではなく大河内先生に思えました。夢の世界の歩は渚に干渉しないわけで、先に進むことを促すセリフといい、全て理解したかのような物言いといい、そんな感じが。
歩がメッセージカードを渡しに来て、それが読む前に見つからなくなるシーンは、歩の背反した願望が引き起こした現象なんでしょうね。
で、終わってからペンギンが結局何をしたのか考えてみたんですが、ペンペンはロケットを回収してきたりしたんじゃないでしょうか。それで歩が寝込んだんだから、余計なことをって感じではありますがw
歩の最後の願いは、渚の冥福を祈った、というのが歩のエンディングとしては妥当な気がします。

わからなかったのは、現実世界のつかさがサナトリウムに居た理由なんですが、つかさの父が関連しているっぽい文章があったので、実はつかさルートは逃げた父の、母娘が仲良く暮らしてほしいという願望だったのではないかと思ったのですが、大河内先生が「彼女たち」とか言っているので混乱してます。あと、その解釈はあまりに虚しすぎるんですよね。

それから、ゆーみん先輩が渚の名前をいつの間にか知っていたのは何かの伏線かと思ったら、最後までガンスルーでしたね。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

君といる夏

オーガスト天才すぎ吹いたw
2日目16時からなので、15時スタートのういんどみるトークライブが終わってからは無理でしょうね…。まあ、参加できなかったらこっちに行けるという保険の存在は重要です。

 
・ナツユメナギサ
青山つかさルート。
「願いなんて…そんなに上手くいくわけ、ないんだ…」に他の内容全部持っていかれた感があります。なんかもう、その後の羊が健気すぎてやばい。
それはともかくとして、王道な学園ラブコメなのかと思ったら一波乱あったりで、飽きることなく読めました。ラストも、ヒロインの成長という形で終わるのは好きです。

老樹真樹ルート。
世界の仕組みの一部を見せつつ、歩ストーリーの補完をしているということで、攻略制限の位置付けもあって、ラストの歩ルートへの踏み台な感が…。良キャラだけに、単体で完結していないのは勿体ないですね。

歩ストーリーCHAPTER4まで。
正直まだ完結していないので、感想が書ける状態にはないのですが。あえて言うなら、月島の正体を音々が知らなさそうなので、そのへんの今後が気になりますね。
それから、一部のCGが平面化していたのが気になります。小桜さんの絵は完成度に波がある印象。

残るはナツユメのみ。

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

ファースト突っ込み

・リセ
公認@ホビーステーション草加。花単で。
○日単(勝ち)
○日単(負け)

2戦目は、最終局面で相手の棗鈴ブロックしたらペナルティでトラップ落ちて、まりりん居たのでオペレーター込みで9点受けて負け。
別にその3点が通っても死ななくて、かつ残り5枚なので次のターン観鈴落とせば勝ちで、ついでにトラップが全然落ちていないのは確認していたので、鈴は防御しないのが正解だったのかもしれませんが…、それで相手の手札にトラップか令呪があると非常に無様なことになるので何とも。結果論でいけば相手の手札にトラップは無くて、令呪はコストが不足していたので、通すのが正解でしたが。

 
・ナツユメナギサ
遠野はるかルート終了。
主人公達の掴んだ幸せは努力ではなく奇跡によるものなわけで、個人的にはあまり好きではない終わり方でした。
あと歩ストーリーCHAPTER2。
歩可愛いですね、以上の感想は出ない内容でした。まあ、それはそれで非常に大事なことではあるのですが。

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

いつものこと

・リセ
定期@YS川越。花単で。
○3色テラー(勝ち)
○雪単(負け)
○花単(勝ち)

公認@YS川越。日単で。
○日単(勝ち)
○雪単(負け)
○月単(勝ち)

 
ぶん回った雪単とか勝てないですよねっていう。

 
・DQ9
飛空挺が無い不便さに耐えられなくなって、メインシナリオをクリアしてきました。
ラスボスは適当に殴っていたら死んでいて、マダンテ使ってくるとか聞いて警戒していたのに損したような、そんな気持ち。
ちなみにクリア称号は魔界クラッシャーでした。酷い言われようです。
とりあえず、ひたすらクエストを消化中。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

終わらない夏

・ナツユメナギサ
老樹真樹ルート、ノーマルエンドまで終了。
エピローグはまだ見られないので、評価は保留ですね。次ははるかを進行中。

 
・うみねこのなく頃に
アニメ版。エピソード1を一通り視聴終了。
秀吉株が3話で急上昇しました。胡散臭い関西弁キャラだと思ったら、わりといい人だったという…。何故に絵羽と結婚したのかが永遠の謎です。

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

sunflower

・ナツユメナギサ
歩ストーリーCHAPTER1終了。以下ネタバレ有。

ヒロインの歩は低スペック幼馴染み。幼馴染みで男性恐怖症なので花属性なのは納得ですが、というLyceeの話。特殊な趣味についてのエピソードはまだですか?
伏線になりそうなところとしては、途中で語られた渚の理想と、真樹のパーツの妙な符号が気になります。月島と真樹の声優が同じことも含めて、何か関係がありそうな感じ。
あとペンギンと妖精が一切出てきてませんね。これはメインシナリオで起きる奇跡と関係しているのでしょうか。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

猫とパフェ

・リセ
定期@もっくん。日単で。
○日月リトバス(勝ち)
○日単(勝ち)

公認@もっくん。花単で。
○日花宙(勝ち)
○日単(負け)
○不戦勝

特筆すべきは定期の2戦目。
相手先攻で棗鈴と花音コンバ、返し手札全投げで右から三郎、ハヤウェイ、サルサ。返し中央DFにエルザ出てきて、こちらはサルサと三郎殴ってから中央DFに今引いた観鈴、左DFに3ドローで引いたチエ、とものすごく強い動き。相手のトラップ起動も1回だけで、やたらと運が強かったです。
公認2戦目は、固めあって攻撃を通らない感じにしたかと思ったら、手札余って相打ちしにいったところに出てきたよっちがすごく強い。それでも詰められたはずなのですが、素打ちトラップ×2で残り1枚まで削ったのに1ターン伸びて負けるとか知りません。

 
・ナツユメナギサ
美浜羊ルート終了。体験版プレイ時の期待が裏切られることはありませんでした。
以下はネタバレになる可能性があるので注意。直接的な表現は避けたはずですが一応。

 
一見するとただのキャラ萌えゲーですが、わりと重たい話でした。
しかし、ヒロインの問題について、主人公ができうる限りのことはやってくれたので、読後感はわりと良いです。ハッピーエンドになりましたし。
シナリオについては、前半でひたすらラブラブして後半重い話をするので、ややペース配分に疑問を感じなくもないところが。設定上仕方ないですし、伏線はちらほらとあったわけではありますが、感覚として。

キャラクターについて、主人公の渚は即決してそれを貫く性格だったため、主人公の態度についてイラつくことにはなりませんでした。
ヒロインの羊は、こちらも行動が一貫しているので、終わってみれば色々と納得できるキャラクターになっています。あと単純に可愛いですし。

今後のルートで明かされる設定に期待しつつ、次は真樹で。ほんたにとせせなの担当キャラを交互に進める予定。

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土)

ファンデッキの形

・WS
○赤緑双子(ネオスタンダード仕様)
●レベル0(18)
“アホの子”葉留佳×4
“騒がし乙女”葉留佳×3
水鉄砲 葉留佳×3
“おねえちゃん”佳奈多×4
“仲の良い姉妹”葉留佳&佳奈多×4

●レベル1(14)
“陽気な騒がし屋”葉留佳×4
“比較される姉妹”葉留佳&佳奈多×4
水着の佳奈多×1
素直になれない佳奈多×3
忙しい佳奈多×2

●レベル2(10)
三枝葉留佳×3
“掛け持ち委員長”佳奈多×3
“おしゃべり”葉留佳×2
唯湖&葉留佳×2

●CX(8)
たった一つの取り得×4
Best Shot!×4

 
双子デッキ組もう→ベストショットで溜めたコストを何に使おう→やっぱり掛け持ち委員長
そこで吹っ切れた佳奈多にはならないのが私。このデッキのメインは佳奈多じゃなくて葉留佳なんだと言い張ります。

まあ、要は緑入りおめかし型の劣化ですね。なんとかして葉留佳をメインアタッカーにしようとした結果がこれだよ!
ちなみにこのデッキを組む上で最大のネックは、既に絶版の“アホの子”葉留佳が手持ちでは足りないことです。あと水鉄砲が高い。

 
・リセ
公認@オーガ北千住。花単ウィニーで。
○宙花璃々子(勝ち)
○花単ハルカ(勝ち)
○宙花男(勝ち)
○雪単同化体(勝ち)

定期@オーガ北千住。日単で。
○不戦勝
○月単アイテム(勝ち)
○花単(負け)

 

先攻初手真穂エンドされ、返しに樋口と花音下出して手札が令呪×2。
観鈴とか当然引けないので以後ずっと手札足りなくて、花音が早々にコンバできるとかトラップが起動するとかそういう都合がいいことも起きなくて、ついでに西村このみが強くて無理。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »