« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

2学期最後

・リセ
公認@もっくん。雪単で。
○日単(勝ち)
先攻長谷部。返し翠とアニエス。
次のターン千尋、その次のターンに優子と千尋。ここで花音下追加される。
で創作してからちひろ、美魚、伊吹、茜、信頼関係で翠だけ残りつつ展開。
返し花音おかわりされて、伊吹殴ってから不幸は対応昇華されたので花音だけ消して、以後適当に。

○花単エリア(負け)
事故って、それでもどうにか追いつこうと思ったところに狂宴撃たれて、どうしようもなくなって負け。

 
定期@一刻館草加。花単エリアで。
○不戦勝

○花単エリア(勝ち)
相手はGPファイナル仕様ということで、新弾のカードは無し。
淀みなくエリア貼って陽菜出して、小茉莉も桜乃も強くて勝ち。ぱれっと強し。

○花単ハーモニカ(勝ち)
先攻初手ハーモニカ、お嬢様制、藤宮凛、陽菜で殴る。相手もハーモニカで、キスの姫とこのみ。
美化委員会は使えなくなったので、右AFにみやこ、DFに椎子と追加して姫を止めてみる。相手はみなも、海里と追加でサポーターしてきたので、こちらはサポーター2回で止める。
で横にずれて次は小茉莉。相手の残り1マスが椎子で埋まって、こちらも返しに綾菜で埋める。
あとはサポーターの人数にものを言わせて、椎子を落とせる機会があったので落として。陽菜が落ちてみなもになって、2列くらい通り続けて勝ち。

 
・ChaosTCG
北千住オーガのタイトルカップへ。2人で行ったら他の参加者なしとかで吹いた。
とりあえず負けて、同じように権利と参加賞とパック貰って終了。北千住までフリープレイしに行った気分。

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

新環境

・リセ
定期@もっくん。花単佐奈ハーモニカで。
○日単(勝ち)
初手ハーモニカして、くーりんと姫出してDF埋めて適当に殴る。

○日単(負け)
相手先攻で花音コンバとハヤウェイ。次のターン新藤景と観鈴、その次に馬岱とか相手の展開が淀みない強さ。
こちらはハーモニカ貼ってこのみと姫、DFも埋めてそれなりにいい展開したのですが、詰めのところで受け方ミスして、相手に守りきられて負け。

○日単(勝ち)
相手の場に丘野ひなたとか貧弱なアタッカーが出てきたので、きっちり全止めして殴り倒しました。

 
公認@もっくん。花単お嬢様制で。
○花単(負け)
激しく事故って、花単なのに場が埋まらないという。ミネットに狂宴撃たれて展開遅れたのもありましたね。
そして相手だけハーモニカだったり、おもむろにダンスパーティが飛んできたり。当然無理。

○宙日花璃々子恭介(負け)
デッキ的に勝てる要素がありません。2ターン目璃々子登場、次のターン殴る前に虚数桜とか厳しすぎる。
それでもどうにか守りきれると思ったら、エンネアで謙吾が通って、返しに一生懸命で終了。

○日単(勝ち)
負け試合を相手の度重なるプレイミスでどうにか拾えました。

○日単(負け)
初手にみなも3枚とかあって、ハーモニカ2枚セットからスタート。
手札入れ替えの甲斐はあって、無難に固めてゆづき出してトラップ無効化してと強い展開。しかし勝ったかと思ったら、葵が出てきてガードの上から削られることに。
ドロー分もあってデッキが薄くて、葵の猛攻に耐えられず負け。

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

安上がり

・ChaosTCG
パートナー:突撃副会長「千堂瑛里華」×4

フィーナの侍従「ミア・クレメンティス」×4
悪くない「リースリット・ノエル」×3
海水浴初体験!「エステル・フリージア」×4
かわいい後輩 4年生「東儀白」×4
眷属「久瀬桐葉」×4
ノリノリ寮長「悠木かなで」×4
美化委員「悠木陽菜」×3
修智館学院生徒会財務「東儀征一郎」×3
処世術「支倉孝平」×3
カーボン×3
お祈り×2
吸血鬼化×2
ネコナイト×4
ケヤキのキーホルダー×3

海辺のひととき「リースリット・ノエル」&「エステル・フリージア」×3
久しぶりの再会「悠木かなで」&「悠木陽菜」×3
東儀家の兄妹「東儀白」&「東儀征一郎」×4

 
とりあえず組んだデッキ。R以上は使用しておりません。
孝平で瑛里華を強化して、白&征一郎で守る。サブアタッカーには東儀兄妹の恩恵を受けられる桐葉と、お手軽先制攻撃のリース&エステルで。

なんか実につまらないので、ちゃんと麻衣か陽菜をパートナーにして組もう…。現状何も思いつかないわけですが。

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

OS:オーガスト雑感

・リセ
某店でゆずのパックが1000円だったのは吹いた。こんな状況だと、ドリパに行った甲斐はあったようです。
それはそれとして、月花系の混色を綺麗に組めたら強そうだな、と思いつつ手が伸びません。入れ替わり持ってないのがネック。

 
・カオス
オーガストのカードがちらほら出てます。リセと違って、見ただけでは強さがよくわからないのは経験が足りないからですね。

 
○カテリナ学園 フィーナ&麻衣
味方を光で固めるとそれだけで10/10。ついでにローキック(九門恵)も持ってるという。わりと強そうな気がします。

○才能と努力 フィーナ
で、こっち見て吹いたわけですが。エクストラでなく、光で固めると9/9とか。
フィーナでなければ同時に場に出せたのに、と思ってしまうところ。

○元気一杯 瑛里華&かなで
とても強そうな相手選択。しかし所詮相手選択なんだよなぁ…
トライアルの麻衣とか考えると、アタッカーは前列に出てきやすいわけで、強制相打ちで相手のアタックが止まると考えればなかなか。相手前列のエースと戦うには、ややスペックが気になりますが。

○終わりなき鬼ごっこ 桐葉&伽耶
殴るだけでダメージ。しかし裏にできない。
前列はアタッカーが出やすいわけで、そこを焼けるのはいい感じ。

○月人 フィーナ&エステル
お手軽パンプ。フィーナとエステルを大量に積むことになるので、事故率が問題になるのでしょうか。
このゲーム手札は余るし、普通に使っていけそうです。

○東儀家の兄妹 白&征一郎
フォアテリ限定でダメージ軽減。
嫁瑛里華、フレンドに孝平とこれでFAデッキ、というのはわかりやすく強そう。

○海辺のひととき リース&エステル
先制攻撃は正義。

○久しぶりの再会 陽菜&かなで
セットカードが2枚貼れます。下の能力も重いですが便利で、全体的に隙がないカード。

○嫌いじゃない ミア&さやか&リース
ミアがドロソで、こちらは手札を投げる効果。噛み合ってます。
能力も若干重いですが、表に戻る部分が非常に強そうです。主に防御中に。

○駐在武官兼秘書官 カレン
トライアルかなでより一回り大きい貫通。まあ便利でしょう。

○吸血鬼 伊織
出たとき5点。いい感じに刺さるキャラがいれば。

○ノリノリ寮長 かなで
とりあえずエクストラ元として出して、3点で相手のドロソかシステムを裏に。陽菜&かなでも強いので、かなり便利じゃないかと。

○シスター天池
相手のシステムをピンポイントで無力化できて、暇なときはアタッカーも兼任。
白とか低耐久のメタカードは多いので、そのあたりを潰してから行動できると強いんじゃないでしょうか。

○処世術 孝平
なぜか瑛里華専用。達哉を見習えと…

○幸せのカタチ
汎用性は高いですが、やや重いイベント。
一応オーガストのカードプールでは、イベントでAT+4は最大補正値(見た限りですが)

○夜明け前より瑠璃色な
裏のパートナー、という条件は微妙に面倒くさいですが、発動すれば強いですね。
ターン終了時に引くのも、考えようによってはエステルに引っかからないというメリットじゃ…無いですね。

○舞
レストからスタンドに。要はアンタップ。
手札全投げを強要される上にスキルが消えると、使い勝手は悪そうですが、詰め用カードなので使う機会はあるはず。

○お祈り
裏から表に。パートナーとかフレンドとか制限がないので汎用性は高い。

○吸血鬼化
専用イベント。瑛里華優遇されすぎだろ…

○眷属化
吸血鬼に貼れませんが、AT+4で一番上がるセットカード。
闇属性に変更されるのは多分デメリット。

○犬の心得
とりあえずAT+2で、危なくなったら投げつけて防御に回れるということで無駄がありません。

 

コメントが似たり寄ったりなのは仕様です。それで、パートナー向けのスペックの麻衣はどこですかね?

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

悩ましい

・リセ
お嬢様制花単の新弾対応版を構築中なのですが。
しかし正直目立つとメタでさらっと駆逐されるようなデッキなので、むしろお嬢様制でない花単の方を使う可能性すらありますね。
それはそれとして、雪単にエリア割りが必要な感じになってきましたし、トラペゾも柏手の登場と共に趙雲が増えるので色々考える必要が出てくるしで、結構忙しいです。メーカー単もあるし。

 
○今回のネオパラ
ルゥリィ…絵が強い、採用レベル
瓜生桜乃…絵が強い、採用レベル
秋月小茉莉…即採用レベル
瀬名愛理…可愛い

ということで、個人的にNP1に当たりが多くて嬉しいですね。秋月小茉莉は製品のイラストの方が好きだけど。
むしろNP2とか外れな気すらするレベル。原作ファンが集めればいいと思う。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

ぱれっと雑感

・リセ
定期@ホビステ草加。日単で。
○宙雪花(勝ち)
ナナカ置いてドロー阻害してたら勝ててたという。

○宙花(負け)
詰めのところでミスして、最後の最後に1点でトラップ落とせなかったので負け。
手札に令呪2枚持たれているという発想が無かったのはありますが、令呪で馬岱アンタップして詰めにいったのは弱かったようで、多少無理してでも景でやるべきでした。結果論ですけど。

 
ぱれっと雑感。エリア型花単が目に見えて強化されて、かなり使い手が増えそうですね。
○ルゥリィ
3点以上の打点なら損はしないのですが、寝ていないと駄目という制限があるので、とりあえずサポート強要してSP追加されたら能力、というシルフィ的な使い方は無理。
気軽にAFのサポートに回れると言ってもSP1だしで、結局アタッカーしながら打点軽減するのが一番強そう。

○天羽みう
一応ドロソ。ゴミ箱にキャラ0枚という条件はどうにでもなりますが、相手ターン限定という起動タイミングが弱いかなと。あと左右配置が厳しいです。

○綾瀬優佳
初手これと趙雲でトラペゾ死亡とか、ゲームセットや除去が撃てないので初手からフル展開できるとか、そんな感じで色々よくないカード。
デッキに入るかはともかく、雪絡みを使うなら意識するべきなんでしょうね。今回の花の3コストも強いことですし、有害図書の枠に信頼関係を入れるとかそんな感じで。
採用する側としては、月単に名前散らしで1~2積みとかするよりは、刺さるデッキをガンメタするつもりで4積みするべきだと思います。適当に出すにはちょっとスペックが低いので。

○瓜生桜乃
なつめえり単待望のSP3サポーター。
お嬢様制を持ってこられれば手札1枚得なので、ミネットくらいの軽さ。そう考えてみれば弱くはありませんが、桜乃自身を置く場所に困りそう。
ちなみに、お嬢様制の枚数を2くらいまで減らして桜乃4積みとかする構築は弱いと思います。昨今のリセでDFに2/2/3先置きからスタート前提とか無理。

○秋月小茉莉
3コスト実質4/2/3サイドステップサポーター。この時点で充分すぎる強さ。
で配置も従来のお嬢様制と相性がいいキャラ達と噛み合っていて、能力もAFのDP上げもしくはDFのAP上げが出来る時点で別に弱くはない。
何この至れり尽くせり感。

○瀬名愛理
3コスト3/2/2ステップ。
能力は自分のバーンが1点増えるという効果。しっかり毎ターン能力起動しても実質4点アタッカーなわけで、やっぱり別に強くない。というか秋月小茉莉が強すぎ。
花単で使えて相性がいいカードだと虚数桜、周防院奏、皐ユリーシア、広野紘あたり。

○野乃崎明穂
藤宮凛の亜種。既に寝ている場合にも対応する代わりにダメージの減殺はない上、相手ターン中のみの起動。回復メタが増えたことを考えると一概に劣化でもないはずですが…
まあコストと素のスペックと移動能力の性能が違うので、デッキに合わせて使い分ける余地はあるはず。基本的には藤宮凛だけど。

○マリー・ルーデル
5コストなのでお嬢様制経由で得はできますが、素の手札消費を考えるとちょっと物足りないスペック。
能力は回復メタが多い昨今なので微妙。花単で相性がいいカードは張角・天和とか小鳥遊誉あたり。

○湊川珠美
2コスト4/1。ペナルティはココアと変わらずですが、アタッカーの存在は非常に大きいはず。
能力は入れ替わりとかメタれますが、あまり気にしなくてもいいはず。

○焔冬音
トラペゾに突っ込むのは、AFペゾの時に間違いなく持ってこられるわけで微妙じゃないかなと。ノーコストステップは評価しますが。

○里村かりん
とりあえず出して殴ってドローして2コスト相当になって、相手に相打ち以上のブロッカーを強要。
止まってからは相打ちするなり、トラップやリリアン先生で寝かせるなりご自由に。まりりんリリアンで通してドロソにされると非常に鬱陶しそう。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

さよなら君の声

・ましろ色シンフォニー
天羽みうルート終了。
他のルートであれだけジェントルマンだったのに、このルートの新吾は一体どうしたというのか…。愛理やアンジェにもそこはかとない違和感がありましたし。複数ライターである以上、ある程度のキャラクターの食い違いは仕方ないとは言え、気付いてしまうと残念な気分にはなります。
あと他ルートと比べると恋愛描写が少なめだったのは欠点ですね。他のキャラの描写ばかりで、みう先輩の出番が食われているのはどうかと。

…とまあ色々書きましたが、挿入歌って反則ですよね。シーンの破壊力が数倍に跳ね上がる効果があります。

 
で全部終了。
繰り返しになりますが、恋愛に関しての過程すっ飛ばしとかそういうのが少なく、非常に「丁寧」という印象を受ける作品になっています。あとは普通のキャラ萌えゲーですね。

以下、各ルートについて簡単に。
愛理ルートとアンジェルートはひたすらイチャラブ特化でした。キャラを好きになれないと辛いでしょうが、なれた場合はもう何をしていても可愛いという状態になります。
桜乃ルートはシリアス重視で、他と比べて空気が重いのがやや残念。ストーリー自体は悪くなかったのですが、ヒロインを愛でる暇がなかったというか。愛理やアンジェがそのあたり供給過多なので、余計に。
みうルートは一番長くて挿入歌もあって、真ルートっぽい位置付け。しかし脇キャラの出番が多く、ヒロインの描写が少なく感じます。むしろ空気だったと言ってしまっていいレベル。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

ちょっと遠出

・リセ
公認@もっくん。花単お嬢様制で。
○不戦勝
○日単(負け)
○月単(勝ち)

2戦目は序盤にキャラ沸かない事故。しかし相手も事故。
でグダグダになって、最後ミスして負けるという、よくないパターン。

 
公認@カードショップ大和。日単で。
○宙単(勝ち)
○宙単(勝ち)
○日単(勝ち)

2戦目は相手が右ストレート忘れて曹操の回復処理していて、それが無かったら普通に負けてました。まあ、ノーハンドからトップ2ドローで一生懸命とか強いことをされたせいなのですが、やはり対宙はそれなりに辛いです。

 
ブードラ@カードショップ大和。
1パック目minori。初手ピックはレアの和で、その後日の3/1とか久瀬修一とか取って、色は日月の予定に。
2パック目8月ベースド。初手ピックが秋山文緒なくらい弱い中身。川中島里美とか支倉孝平とか流れてきたので即座に回収。
3パック目ユニシフ。レアがまりりんで即座に確保。電堂あきらとか流れてきて、日が不人気であることが判明。やたら集まる。
4パック目ネクストン。主に月を回収。夏侯淵と黄蓋とか流れてきたので取る。宙のAP6ダッシュのキャラが流れていたので止めるか悩むも、もう自分優先でいいやとか言ってスルー。
5パック目8月ベースド。レアが新規絵のフィーナで思わず回収。実戦的なところでは征一郎とエステルがあったので拾う。あとは里美と伊織と孝平あたり。

で日月が完成。日のカードとか余るレベルだったので、ネクストンの時の大型は止めるべきだったようです。
○宙花月(勝ち)
先攻で夏侯淵と赤根和美。宙のAP6ダッシュと瞬間沸騰置かれる。
中央DF周泰で菜月は止めて、ダッシュの人は1回通してから3回チャンプ。
夏侯淵はシルフィで減らされて、一度だけゴミ箱に月のカード溜まったので仲裁消せて4点通ったり。和美が保奈美で止まったので、ヒロイン化計画で中央に移動。
最後は周泰のステップで詰め。

○花雪(勝ち)
先攻で里美、あきら、和美とAFに。返しに山根さん、何か2/2、一ノ瀬明星とDFに並んで、あとAFに何か2/2。
明星対面の和美で殴って、明けのヘスペルスであきら寝て里美は通る。
そのまま数ターン3点と2点だけで進んで、DFに黛叶子追加、相手はAFに劉備と何か2/2追加。
相手の場が弱いので、以後ひたすら24時間耐久カラオケし続けて勝ち。

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

でにけり

ういんどみるの新作情報のためだけにテックジャイアン買ってきたので、それについて。
タイトルは「色に出でにけり わが恋は」で、魔法とか一切なしの学園ものだとか。主人公が通っていた学園が、名門女学園に併合されるという、つい最近どこかで聞いたようなストーリーw
ヒロインはお嬢様×2と後輩×2と幼馴染みとメイドの6人。個人的には幼馴染みの小町とお嬢様の梨桜に期待でしょうか。

 
・リセ
定期@もっくん。雪単で。
○日単(勝ち)
○花単エリア(勝ち)

公認@もっくん。雪単で。
○日単(負け)
○花単パラ紘(勝ち)

 
ひたすら雪単。
初戦は相手の事故が酷くて全除去が間に合うレベル。2戦目はほとんど殴らずに耐えて、相手が手札切れしたところで押し切る感じ。ハーモニカがあまり機能していなかったのでどうにか、といった感じ。
3戦目は初手にドロソも除去もなくて、相手の初手ナナカがいつまでも除去できないとか無理。4戦目はやっぱり手札切れ待ちでした。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

圧倒的性能差

・ポケモンSS
キノガッサを育成したのですが、素早さで上回っていて弱点攻撃を撃ってくる相手にまったく勝てません。逆に遅い相手はフルボッコにできるのですが…
で、飛行とエスパーと氷と毒を受けてくれるメタグロスと組ませようと思ったわけですが、これは既にキノガッサである必要性が見えないので困りました。

 
・最近読んだラノベ
○C3‐シーキューブ‐Ⅷ
バトル成分が多めで、伏線の回収もあってと、非常に熱い展開でした。
しかし白穂&サヴェレンティの出番が無いのが悔やまれます。

 
○RPG W(・∀・)RLD ‐ろーぷれ・わーるど‐3
前の巻で感じた不満点が解消されていた感じです。
具体的にはユーゴ単体で全て解決していたところとか、ただの高校生だったはずがそう見えないところとか、そのあたり。やっぱりショウとの馬鹿話があると印象が変わります。
バトルの方も、戦力差が絶望的な状況を引っくり返すという展開ですし、次巻への引きも定番ながら先が気になるものでしたし、全体的に盛り上がる巻でしたね。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

試運転

・リセ
公認@一刻館草加。雪単で。
○日月(勝ち)
ハンデス逃避行。
初手葉留佳、美月で取材対応逮捕。返し長谷部彩エンド。
相手遠山翠追加、こちらは創作してから橘ちひろ、アヴリルと出して葉留佳止める。
アヴリルに逃避行ぶっぱしてきたので対応不幸、エセル出したらまた逃避行ぶっぱしてきたので伊吹不幸、という感じで勝ち。

○宙雪花(勝ち)
先攻長谷部、エセル。返し謙吾、遥香、エセル。
創作して、カゲナシ伊吹で遥香消して、有害図書でエセル消す。
あとはドロソに注意しつつ殴るだけだったので、初戦より楽でした。相手が色事故してましたし。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

素組み

・リセ
○花日なつめえり
ウミ×4
ナミ×4
成瀬あゆか×4
姫百合珊瑚×3
姫百合瑠璃×2
榊倫子×2
ユング・フォン・フェルディナント×3
柑奈×4
朝比奈香澄×4
ナミール・ハムサンド×2
ルミーナ・ハムサンド×4
大喬×2
瓜生桜乃×4

トキノ×2
成瀬まゆか×4
悠木かなで×1
白倉音代×4
香田亜衣×4
桜乃悠×3

 
とりあえず、ここから名前事故しないようにキャラを散らす感じで調整していく予定の雛形。
カードプール的に花単にできますが、音代と亜衣のどちらか片方くらいは場に欲しいので日は混ぜる方針で。詰めでもアグレッシブとかステップとか便利ですし、2色でも安定する構築を目指したいところ。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

Azalea

・リセ
雪単に「夕姫」を採用しようと思ったわけです。
で、名前もわからないまま使うのもどうかと思って公式で読みを確認しようと思ったら、原作の公式ページに名前が載ってないという罠。
まあ調べたら「ゆうき」だったわけですが、私は初見で「ゆうひ」だと思ってました。「神坂春姫(はるひ)」「片桐優姫(ゆうひ)」とかの法則的に。

あと12月のイベントについて。
ルビーとサファイアは、入ってるカードの価値見ると完全にサファイア圧勝ですね。スリーブに釣られてルビー買う私が言うのもアレですが。
大会は限定構築大好きなので、絵師単かメーカー単か。少なくとも普通にバトルラッシュに出るのはありえないです。
絵師限定は、近衛単が禁止なら、桜乃の追加で念願のサポーターを得たなつめえり単で、結構簡単に勝てる気もしますが、激しくオリジナリティに欠けるのが難点。こ~ちゃ単という選択肢もありますが…
メーカー限定はゆずソフト単とかいう紙束もありますが、まあ出るならういんどみる単1択でしょうか。色は前回に花雪と日月は組んだので、スタンダードに花日か花月か月単あたり。リーフとVAに負けないデッキを組むのは至難の業なんですよね…
とりあえず両方組んでみて、知り合いと一緒に出られそうな方に行こうかなと。

さて、愛理のカードテキストの解読に挑戦する作業に戻るか…

 
・ましろ色シンフォニー
アンジェリーナ・菜夏・シーウェルルート終了。
いちゃラブ成分が多かったり、恋愛について丁寧に進行していくのは、この作品の特色のようなので、もういいとして。
キャラの設定的に当たり前ですが、ストーリーは「メイド」についてのもの。具体的には、なぜメイドであるのか、という根本的なところ。
それが解決してからは特に大きな山も谷もなく進んでいってしまい、やや薄味な印象でした。
あと特筆するならば、エピローグが将来の具体的な話になっていて、ここまでの3つのルートでは一番好きなくらいですかね。

| | コメント (2)

2009年11月17日 (火)

考察:柏手

・リセ
とりあえず原作厨としては、柏手より「ぐ~るぐ~る」の方がコントロール奪取のイメージですね。

ということで考察。月の新奪取カード、柏手について色々。
解禁が近く、月単に組み込む案を考えていたので、その観点で。

 
○利点
過去の奪取と比べて、分割払いのため捕獲や黒化よりも撃ちやすく、すももコロッケや闇の覚醒のように対象を制限されず、逃避行と違ってEX0でない。
また、場が埋まっていても使用できるため、後半に引いても腐らない。
総合的に、無理なくデッキに入れられるのが利点ですね。

 
○仮想敵
具体的に奪うキャラは、曹操や瑛里華、花音やハヤウェイやナナカ、玖羽や咲耶や姫、夏侯淵や凪など、もう何でもいいレベル。パワーカードが多すぎるので。

 
○種
3コスト以上で手札得できるキャラを増やすのが、構築段階で意識すること。具体的には白鷺茉百合とか牧村みのりとか。
しかし実戦で使う場合を想定すると、相手の強キャラを奪えるなら、破棄する代償は誰であろうと問題ないはず。月のドロー力的に考えて。
よって、このカードを投入するからといって無理に種になるキャラを増やして、結果デッキパワーを下げる必要はない、と言えると思います。勿論ある程度は入れますが。

 
○メタ
現実的にありそうで、かつ辛そうなのは昇華、たぬき寝入り、令呪、食い逃げ、テレサ、カレイドルビー、ピッチスペル全般くらい。
あとは注意とか不法侵入とかありますが、それぞれ昇華とたぬき寝入りと色が被っているため、採用の優先度は低いはず。

イベントについては亜多良巫鳥で禁止、十条紫苑で手札に抱えさせないあたり。単純にハンデスしてもいいですが、ハンデス型に放り込むのは今回の考察の目的から逸れてくるので割愛。
たぬき寝入りは趙雲・星で使用を躊躇わせることが可能。あとはイベントの増加を見越して竹河いばらの増量とかも、構築として考えられるところ。

食い逃げはマドレーヌとか諸井霧江とか強制言語プログラムとか。しかしあゆを無力化しても対応除去の可能性は残る上、そもそも奪って強いキャラも少ないため、雪相手に使おうとするのが間違いですよね。食い逃げが居ない場で、かつ除去対応で使ってみても、対応不幸とか目も当てられないですし。
テレサとカレイドはマドレーヌと天罰エステルと突っ込み。カレイドにはリトスも。実戦で考えると、コンバさせてからシスター・ヘルを奪ってもいいですね。

 
○構築
以上を踏まえて、手元の月単ビートを改築する案。
十手と強制言語を外して、突っ込みと柏手に。趙雲、茉百合、郁乃、みのりを採用、紫苑とマドレーヌを増量。リトスと巫鳥は既に3枚入っているため据え置き。ジェルマーノは起こせる機会が減るため、外してもよさそうです。

 
そしてここまで考えて、花単ウィニーに勝てなさそうなことに気付くわけです。環境的に少数派でしょうし、いっそ切るのか…

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

どうにもならない

・リセ
公認@もっくん。トラペゾで。
○花単(負け)
○日単(勝ち)

定期@一刻館草加。雪単で。
○花単(負け)
○日雪(勝ち)
○日単(負け)

 
全試合で盛大に事故ってきました。雪もペゾも事故率は高い方だとは思いますが、ここまで事故るといっそ清々しいですね。
で、ペゾはともかく雪単は構築に問題を感じたので組みなおし。

 
○雪単
橘ちひろ(園芸)×3
式守伊吹×4
逮捕×4
不幸×3
シュート×2
有害図書×1

長谷部彩×3
須磨寺雪緒×3
仁科弥生×1
式守伊吹(魔法服)×3
エセルドレーダ×4
西園美魚(カゲナシ)×4
プリムラ(焼きプリン)×1
エクレア×1
永瀬沙佳(古文書の館)×2
上杉うた×4
レンリ・ビルニー×1
アヴリル×3
新藤千尋(記憶障害)×2
レーニエ×1
雨宮優子(深い闇)×3
モーリス×2
荀彧・桂花×1
里村茜×4

 
事故率を下げるのをコンセプトに、ちひろ型。除去やドロソが無くても、展開して誤魔化せるといいな、とか。
レンリとか荀彧とか若干怪しいですが、色々試してみようかと思います。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

たまには

・リセ
定期@もっくん。月単で。
○宙雪(勝ち)
相手先攻で関羽とエセル。こちらは京子、アンゼリカ、知恵袋、夏侯淵、寵愛、リトス、相手ターン寵愛とかぶん回る。
夏侯淵は即座に除去されるも、ドロソは残ったので適当に後続出して殴りきる。

○花単パラダイス紘(勝ち)
先攻で京子、広野凪。返しくーりんとか。
セレニア登場対応狂宴されて、知恵袋、エステルでエンド。次のターンにくーりんに強制言語からアンゼリカ、凄腕、知恵袋、和だったかなと。
相手は紘出してパラダイス号貼って、ミネット出して手札入れ替えとか。相手のAF並ぶのが遅くて打点レース優位で、あと和が普通に強くて勝ち。

○日単(勝ち)
先攻で…アタッカー無くて京子とマドレーヌをDFに並べて知恵袋。捲ったのが十手で、アタッカー無しでエンド。返し三郎と翠とリリアン。
リリアンに強制言語貼って、エステル、セレニア、凄腕、知恵袋、リトス。次のターンに知恵袋、周泰、凄腕、マドレーヌに十手と淀みない動き。
相手はセレニア出した返しのターンにアニエス追加で、固まったターンは京子対面の樋口が通ってクラリネット、リリアン追加してアニエスと両方サポートで翠とセレニアが相打ち。
その返しに殴ったらトラップ2枚落ちで8点素通り。しかしそれ以後は京子がチャンプしたりでさしてダメージ通らなくて、何だかんだで勝ち。

 
公認@もっくん。花単エリア型で。
○日単(勝ち)
○日単(負け)
○月単(勝ち)

2戦目で相手に景出てるのにゆづきの能力処理とか馬鹿なことして4点余計に受けるとか。そんなプレイミスして花単が勝てるわけもなく。
そのインパクトが大きくて、わりと試合内容忘れてたので簡易で。

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

気高い心

・ましろ色シンフォニー
瀬名愛理ルート終了。
一見すると完全無欠で、内面は不器用で臆病という、よくある設定のヒロインと、相手に合わせるのがとても上手な主人公とのすれ違いの話。
最初は主人公に敵意を向けていて、徐々に認めていくという、ツンデレのテンプレのようなキャラ設定ですが、とにかく丁寧に関係を進めていき、その中で主人公とヒロイン両方の心情がしつこい程に描かれているので、「安直だ」という印象を強く受けることはありませんでした。王道なのは間違いないんですけどね。

ヒロインの考えが変わるとともに、主人公にもまた同じように変化があってと、相手のことを1つずつ理解しながらステップアップしていく様は、一言で言うと「甘い」です。こういうのが好きな人種なので、非常に満足。
「はぴねす!りらっくす」「こいびとどうしですることぜんぶ」など、既に保住圭シナリオに外れは無いと言っても過言ではないですね。…他にはツナバンくらいしかプレイしてませんが。

あと、愛理のキャラ設定とか造形とかが私の趣味にとても合致したことは特筆しておきます。今までのエロゲ暦だと柊杏璃に近いでしょうか。今年最大の当たりであることは確実。

そんなわけで全体的に高評価です。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

食玩集め

・記憶の森のエリス ブラコン×記憶力ゼロ→大迷走
読了。3問正解でした。
新作なので軽く紹介しますと、人々の記憶の全てが保存されている「記憶の森」の守人であるヒロイン(ブラコン)と、案内人の主人公(兄ではない)がメイン。「記憶の森」の噂を聞いてやってくる人々の依頼をこなしたり、主人公の過去を調べたりします。
正直なんか盛り上がらないまま終わってしまった印象。まあ、絵買いなのでいいのですが。

 
・リセ
公認@一刻館草加。日単で。
○宙雪(勝ち)
関羽置かれてリリアン出したら鼓琴梨とか置かれる。
でもドロソも追加のアタッカーも出なくて、2点は減ってるので特に問題なし。

○雪単(勝ち)
序盤ナナカ置けなかったのに除去引かれず、なかなか除去撃たれないとか。
中盤以降にしっかり逮捕連発された上に古手神社で粘られ、こっちは令呪2枚抱えてキャラ出なくて非常に辛い感じになるも、昇華撃って除去1回分潰して、最後は令呪使って詰め。

○日単(勝ち)
相手がトラップ全引きとかしてくれて、先攻分と合わせてかなり優位でした。リリアン対応令呪でアタッカーをバウンスしてテンポアドとライフアド取って、殴りきって勝ち。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

普通にクリア

・ポケモンSS
配布ミュウは粘っていたら臆病最速とか出たので、それで。
当初の予定は控えめだったのですが、折角の最速なので。そもそも使わないわけで、別にどうでもいいという話。

 
あとバトルステージ。ガブリアスで無事に170連勝しました。しかしクリアすると、特筆することが無くて困るという。
ちなみに50戦目はエムリット、170戦目はハッサムで、何気に60戦目もエムリットでした。あとは160戦目にサンダーとか出てきて驚いたくらいでしょうか。
攻略順は確か氷悪水地鋼超竜普飛虫草毒霊闘炎電岩だったかなと。最後3つは残すのを決めていて、虫以降はわりと適当に選んでましたが。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

姉妹分は不足気味

・買い物
主にシーキューブを買いにアニメイトへ。
ラノベはC3の8巻、ろーぷれわーるどの3巻、あと記憶の森のエリスを絵買い。他にはコミックの生徒会2巻とフォアテリ3巻。

 
・生徒会の一存 2
コミック版。とりあえず作者はデスノート大好きですね。
1巻が正直アレな出来でがっかりした記憶があるのですが、2巻はかなり面白くなっていました。アニメ版が残念すぎるので、それとの対比じゃないかという説もありますが…
基本的にはしっかり原作準拠なのですが、原作とは違う言い回しとか小ネタが挿入されるようになって独自色が出て、あとキャラクターも1巻よりも色々はっちゃけて、結果的に原作に寄った感じがしましたね。つまり全体的に向上してたということで、3巻以降に期待が持てます。

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

虞美人草

・ポケモンSS
さらにバトルステージ。今回はガブリアス。
こだわりハチマキ巻いて、まず氷から潰そうと思ったら、9戦目のイノムーに逆鱗を2連続で外すというミラクルが発生して負け。光の粉なんて…
その次は氷悪水地鋼超飛霊竜虫闘炎と順調に蹴散らしていくも、129戦目のベロベルトに逆鱗耐えられて冷凍パンチで1撃。ノーマルに負けるという発想は無かったですね。
とは言え、ガブリアスなら普通に170連勝できる気がしてきたので、何度か挑戦してみようかと。

 
・ましろ色シンフォニー
瓜生桜乃ルート終了。
相手のことを想うために動けなかったり、気持ちがすれ違ったりで、非常に「もどかしい」というか、そんなシナリオでした。心情の移り変わりの描写がとても丁寧で、説得力があったので途中でやる気が途絶えることもなく。
主人公達の選択にしても、周囲の人のことをしっかり考えていて、その上で譲れないラインはちゃんと設けているので、周囲に流されっぱなしいうこともなく。
派手さはありませんが、読んでいて納得できて不快にならない、いいシナリオだったと思います。

主人公は空気が読めて気配り上手で、料理なんかも出来すぎない程度にソツなくこなすというハイスペック。周囲に認められていく流れにも無理がありません。
ヒロインの桜乃は、声以外あまり期待していなかったわりには良かったかな、という程度。

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

オン・ステージ!

・ポケモンSS
バトルステージに再挑戦。以前はハピナスでやって、50戦目で急所貰って終了という悲しい結末でした。
で、前回の教訓から速攻ポケモンということで今回はスターミー。
竜水草飛毒闘炎地岩と順調に進んで、抜群取れるタイプは全部終了。次はソクノ持って電気かなと思ったのですが、97戦目のランターンがサイキネ2発で倒せなくて放電2回で終了。今回は順当な結末だったので、出直してきます。

 
・リセ
公認@もっくん。花単エリア型で。
○花単AP3千果(勝ち)
千果とか引かれなくて、真穂置いて守る感じで。
相手のやる気が途絶えて勝ち。

○宙雪(勝ち)
相手にドロソが出なかったので、爆破解体に挫けずに殴り続けて勝ち。

○日単(勝ち)
相手先攻でナナカ、観鈴、樋口。返しにナナカ対面に佐奈、樋口対面に智夏、AFに真穂、お嬢様制経由で誉と出して手札全投げ。
樋口はステップして中央に移動、リリアン先生置かれる。
その後相手は花音コンバ、こちらは中央AFにみやこ、中央DFにハルカと追加していき、リリアン先生は一度トラブルメーカーして手札を使わせる。
以後相手のリリアン先生にハルカを寝かされ続けて、樋口が止まらない。花音対面は司令塔で睨みをきかせて、一度トラップが落ちたときは妹特権で止めたり。篠宮智夏もあって、地道に打点差を取り戻す展開。
最後は観鈴倒して3点と、誉とハルカと共感で捩じ込んで詰める。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

Pure white symphony

・ましろ色シンフォニー
借りたのでプレイ中。桜乃ルートからの予定。
キャラに関して、悪くないけど良くもないというイメージは裏切られることなく現状維持です。とりあえず、桜乃はプレイ前の印象より確実に好感触。
テキストについては、今のところ退屈せずに読めています。このあたり、著名なシナリオライターが集まっているのはやはり安定しましね。

 
・リセ
公認@もっくん。日単で。寝坊したので公認のみ。
○日単(勝ち)
こちらだけ出したリリアン先生が強くて勝ち。

○花単すもも(勝ち)
AF弱くて即座に止まるも、リリアン先生で押し通して馬岱が頑張って勝ち。

○日単(勝ち)
花音コンバ前素出しするくらいの弱さ。途中でコンバしたけど。
相手が観鈴2回置いて出てくるキャラが鳳鳴のみとか弱かったので、ダメージはギリギリ追いつけて、最終的に守ってどうにか勝ち。

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

考察:卯ノ花姫

・リセ
卯ノ花姫(キス)に引っかかるカード。
手元のデッキに入っている、あるいは入る候補くらいのカードより。正直使わないようなカードも混じってますが。

○基本能力
浅井花音、アニエス・ブーランジュ、前原圭一、能美クドリャフカ、宇佐美ハル、間桐桜、羽入、彩辺朱里、上月澪、神森櫻乃、小菅奈穂

○特殊能力
佐伯美月、エルザ、遠山翠、袁術・美羽、山田まりりん、電堂あきら、リズリッド・ルーダー、アンゼリカ王女、十条紫苑、園崎詩音、諸井霧江、アヴリル、宇佐美ハル、望月真穂、神森櫻乃、弓塚さつき、悠木陽菜、鷹森ハルカ、諏訪エミリ、柏木初音

宙は無傷。AP4までフォローしてくれていると瑛里華やシスヘルが、AP5までなら荒耶が引っかかったのですが、まあ贅沢ですね。宙メタならくーりんもあることですし、使い分けでしょう。

これだけの範囲に刺さって、しかも除外なのでバーンメタの類に引っ掛からないとか、やはり優秀。

 
ついでに卯ノ花姫(神の力)をブロックできなくて、かつDFに先出しされがちなキャラ。

神尾観鈴、リリアン先生、チアキ&マコト&ソーニャ、神楽坂京子、アンゼリカ王女、長谷部彩、上杉うた、里村茜、モーリス、ラムダデルタ、テレサ、秋姫すもも

当然ですが主にドロソ。実際にはテレサはコンバするしリリアン先生は能力で寝るし、雪相手に強い要素は無いので、後出しで強いシチュエーションは少なめ。
トラペゾ相手に殴ってアルクをスルーできるのが若干強い気がしましたが、最近アルクは使われてないんですよね。

| | コメント (2)

2009年11月 6日 (金)

朗報とか

・リセ
ぱれっとの情報が出てます。
瓜生桜乃の製品版がなつめえり絵でした。つまりオフィとか必要ないね!
34種全部がキャラという仕様は、キャラメルボックスを思い出します。花が多そうなイメージまで共通。

 
・堕ちた黒い勇者の伝説1
伝勇伝の外伝。とりあえず1巻のみ読了。
わりと力押しで進んでしまうことも多く、パワーインフレも進行中の本編より面白いんじゃないか、というレベル。頭脳戦は読んでいて楽しいですよね。

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

live

・車輪の国、悠久の少年少女
将臣、えり、灯花、さち、璃々子とゆっくり進めて、最後のおまけ以外は終了しました。
将臣編は、肝心の諦めるシーンが弱かった気がしました。みぃなは死亡しているとばかり思っていたので、若干の肩透かし感がありましたね。将臣の考え方については小説を読むくだりで語られているので、不自然さはありませんが。
えり編は小さな満足のために未来を捨てた結果なので、プレイヤー視点からすると何とも。生き残れないと無意味ですからね。
ヒロイン編については、まあ普通に日常パート。璃々子アフターは革命のあたりを見たかったので、そのあたりがやや残念ではあります。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

コレジャナイ

・メルクリア
体験版。一言で言うなら、悪くはないけど微妙、でした。
展開の唐突さ、会話の退屈さというテキスト面も、単純なキャラの魅力、イベントCGなんかも、もう一歩という印象。

 
・RPG W(・∀・)RLD 2
読了。既に3巻が出ているという罠。
1巻と違って主人公に共感できなかったですね。謙遜ぶりが鼻につくというか、完璧超人すぎて人間味が無いというかそんな感じ。
ただの高校生だった主人公が巻き込まれて、という初期設定だったはずなのですが、ユーゴは既に高校生とは思えないんですよね。ショウと馬鹿話をするシーンでもあれば、少しは印象も変わったのでしょうが…

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

やや遠征

・リセ
公認@オーガ大宮。花単エリア型で。
○花単(引き分け)
お互い通って2点とかの低打点進行で固めあってたら時間かかりますよね、っていう。デッキ選択が最大のミスだったようです。知らない環境で花単はやはり辛い。
あと前々から思っていましたが、固められたり望月真穂置かれたりが辛いので、このデッキ自体、花ミラーに弱いですね。
ちなみに、続けたら最終的には篠宮智夏と閃忍ハルカが強くて負けたはず。

○雪単(勝ち)
陽菜のアグレッシブ付与が強くて、不幸がダメージで落ちていって終盤まで引かれなくて、で普通に勝ち。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

夢のまま

・リセ
公認@もっくん。月単で。
○月単(勝ち)
初手ドロソ無くて弱いなー、と思ってたら相手も無かったという。
エステル出して予防線張って、京子と十手引けてからは相当楽に。

 
で陽菜確保してカーニバルへ。11時半くらいに到着し、30分遅れでスタート。
細かい結果とか覚えてませんが、花単2つと日単で適当にローテーションするも、どうも勝ちきれなくて最大4連勝で終了。7連勝とか夢でしかなかったよ!
正直ミスも多くて、勝てなかったのも当然なところありますが。ちなみに本日最大のプレイミスは、相手にテラマテ貼られて、特に時間支配とか貼られてないのにテラー宣言しなかったこと。

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

カーニバル

・リセ
謝肉祭の景品が公開。
とりあえずゲームプロモくじから桜乃を引きたいところですね。当たりは楓、歩、チェルシー、シオン、桜乃ということで12分の5。

 
定期@もっくん。花単エリア型で。
○宙花(勝ち)
○花単(勝ち)

公認@もっくん。トラペゾで。
○花単(勝ち)
○日月リトバス(勝ち)

 
定期1戦目は愛佳とサポートで相手のAF2つ潰して。2戦目は単に相手のやる気が足りてなかったですね。
公認1戦目は智代だけしか出なくて爆破解体と毒電波で打点抑えて頑張る。紘の能力でダメージ受けてたので恋人使えないという罠でしたが、最終的には一生懸命と爆破解体抱えて余裕のある詰め。2戦目は早々にペゾ2発撃って適当に爆破するだけでした。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »