« リニューアル | トップページ | 新デッキ2 »

2011年5月 7日 (土)

戯画ブードラ考察

・リセ
まず要注意カード。戯画ブードラはゆずブードラのようにアタッカーに悩まないため、まずここから考えて動くといいかと思われます。

○カイラ・キルステン
童貞殺し。コスト関係なく男性キャラを破棄するカード。コモン。
こいつを警戒して男性キャラを展開しないことが不可能に近いため、刺す機会は非常に多いはず。後述の五郎を倒せるのも大きい。
宙を使う場合などは出来る範囲でカットしたいカード。EX1。

○柊五郎
ご存知超回復カード。コモン。
ある程度花を集められれば、この回復だけで相手を引き離すことが出来る程度のスーパーカード。ただし童貞。
また、花属性はコモンアンコスロットで殴れるカードが非常に少ない(クゥと航のみ)ため、アタッカー色は別に用意しましょう。

○ゲンハ
除去持ちアタッカー。アンコモン。
1ターンのラグが存在し、そのターンの攻撃を捨てることにはなりますが、AF除去はゲームを決めることが出来るレベルの効果。ペナルティはそれなりに痛いので、注意を払いつつ運用しましょう。童貞でEX1。

○ダウニー・リード
DFを強引に空けに行くことのできるアタッカー。アンコモン。
スペックと特殊能力で非常に止まりづらく、オーダーステップもある。こいつも童貞でEX1。


続いて色配分。
R雪7、月14、花13、宙12、日11、多色3
U雪7、月13、花14、宙12、日13
C雪6、月14、花13、宙12、日19


今回は宙日を中心にアタッカーに困らず、CUにもしっかり殴れるカードがあるため、比較的デッキは組みやすいです。
引いた瞬間にデッキ決まるレベルのレアは宙の動けるアタッカー全般と完璧主義のカトレア、日のダッシュ持ち、アグレッシブ持ちとフロアチーフ、雪の元チーフとカーナくらいのもので、絶望的なデッキパワー差というのは付きづらくなっている…はずです。

|

« リニューアル | トップページ | 新デッキ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニューアル | トップページ | 新デッキ2 »