« 新デッキ | トップページ | 溜まってたレポ »

2011年8月13日 (土)

クロシェットブードラ考察

・リセ
開始から10日強、クロシェットブードラに関して出遅れ感の溢れる記事です。
とりあえず枚数配分から。左からCURの順。

雪:4:2:6
月:6:10:8
花:7:4:7
宙:2:6:4
日:13:9:5
他:1:2:3

コモンの日属性率が非常にやばい。逆に宙や雪は卓で競合したら集まらないレベル。
以前のゆずブードラ同様にキャラ比率が少なめなので、できるだけキャラを優先して取っていきたいところ。イベントを大量に積んで2色に纏めようとするより、色を増やしてアタッカーを確保しつつ、3色で動いたほうが無難。


以下カードプールの有用なカード。
○レア枠
弓道部、ストーム・ランス、神奈2種、アイギス、就職活動あたりは非常に有用。
美唯、恵、沙織、宙の横移動キャラなんかも普通に使え、奉納舞もまあまあ強い。
所詮レア枠なので狙って取れるものではありませんが。

○イベント
計画的犯行やワルツは勝手に集まるとして、絶対防御や魔力制御は優秀。
ファイア・アコーディオン・プリーツもスペック操作なので当然強いですが、ほぼ役に立たないEXな上にコモンスロットなので取りすぎに注意。

○トア・マリア・マトス
ここでは虹色の指輪の方。移動4点アタッカーで盤面整理ができると非常に強い。
芹夏あたりを頑張って止めたら動かれるとか心が折れるレベル。

○清澄芹夏
4点アグレッシブ。アンコの方が相打ちでほぼ止まらず強い。
そもそも、大抵デッキが50枚なのでアグレは強いわけで。

○天泉森雨古依命
プチ天罰の方。単機でも5点キャラで、上手いこと防御に使うと6点キャラ。
スペックダウンも滑り込みに利用したり、逆に終盤の滑り込みを防止したりといった使い道も。

○片瀬恵
制約の方。通常構築でも使用されるレベルのカード。
花コストの安定供給は非常に難しいですが、相手からすると1ハンドで回復までされるのは非常に嫌なので、殴られない可能性はわりと高いです。

○九条要
日の4/1ダッシュオーダー。説明することがない。

○音無夏帆
コモンの方。横のキャラにサポートから能力でAPを4上げられる。
サイドステップ持ちで打点を通しやすく、非常に使いやすい。

○香原瑞希
鉄拳の方。2コスト3/1でオーダーステップを持っていて、バトル時のスペックは実質4/1。
とりあえず殴らせて止められたら下がる、逆に相打ちブロッカーにしておいて次のターン上がるなど、柔軟に動けるのが強み。

○代官山桃子
雪のステップ3/3。配置がアレですが一応ステップがあるため克服しており、何より能力が圧倒的に強い。
相手のAP<=こちらのDPでサポート強要していればほぼ抜かれなかったり、逆にこちらのAP>相手のDPの状態で相手のサポートを無効化できたり。
他にも芹夏が余裕で相打ちで止まる等、スペック操作系の能力を無視でき、自分のプチ天罰のデメリット打消しなんかも可能で、非常に優秀なアンコモン。


お勧めカラーは花>日>雪の順。宙は誰かとぶつからずにコストを拾えれば強く、月は無難なブロッカーが多いため3色目に便利。

|

« 新デッキ | トップページ | 溜まってたレポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新デッキ | トップページ | 溜まってたレポ »