« エリア着信音その2 | トップページ | 琴羽エース »

2012年4月 1日 (日)

4/1東京公式

・ファンタ
公式大会…だったのですが寝坊したのでバトラしてました←
覚えてないので結果だけ書くと瑚太朗使って7勝1敗2勝1敗2勝1敗3勝3敗ってやって20戦14勝6敗でした。
カイム灯里のようなガチデッキからアルテアや詠美のような準ガチから、パッと見ネタのたんぽぽエースまで多種多様なデッキを踏んだので、満遍なく色々いた印象。最初の方周り見たら恋騎士ばっかりだったけど、どうやら安定して勝てなかったようでした。
以下デッキレシピ。

A:天王寺瑚太朗
EX:ハプニング、一騎当千、最後の空
C:28
井ノ原真人×4
マルギッテ・エーベルバッハ×4
正宗静流×3
神戸小鳥×1
鳳ちはや(U)×1
千里朱音×2
此花ルチア×4
江坂宗源×4
ミドウ×1
鳳ちはや(B)×4

B:12
激闘×4
銃撃×4
川中島の戦い×4

E:20
満身創痍×4
プレッシャー×4
救出×3
指圧×4
不運×2
マウント×3


バトラだったのでマウントはちょっと多めに積みました。実際よく働いてくれましたし正解だったはず。
GP使用デッキから大きな変更はありませんが、Bちはやがアタッカーと穏受けを兼ねるスーパーカードで、デッキの安定性に大きく寄与してくれました。また、マウント(と一応熟睡)というカウンターしたい対象が増えたので千里朱音を2枚ほど投入。その煽りを受けてミドウの枚数が1枚まで減りました。
あとは恋騎士を自分で回したときに100点残って耐えることが多くてきつかった印象があり、恋騎士は苦手なので満身創痍を4枚にしました。

回した感覚としては江坂が重さから盤面に出せずにコストになりがちで、4積みすると邪魔なのかなと。バトル枚数が足りないときや、相手の防御力が高いときには盤面に必須なので減らしづらいんですけども。

|

« エリア着信音その2 | トップページ | 琴羽エース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エリア着信音その2 | トップページ | 琴羽エース »