« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

解体前メモ

・ファンタ
○あやりエース
浄化・お鍋・日光浴

姫川風花4
紫門水澄4
鑑悠子4
荒木宗右衛門悟朗4
有馬洋輔3
タマ先生3
今野こはる2
雪村涼乃1

穏/武3
穏/知3
穏/器3

ニャット・シー2
日用雑貨店2
露天風呂2
髪留め1

手当て4
乙女道路4
救出3
反論3
既視感3
祭りの終わり1
大空の告白1


一旦崩すのでメモ。
変更点としてはタマ先生の採用が大きくて、五色川温泉を止められることで受けが安定します。
蒔絵を試してみた時期もあったのですが、下げるんだか指圧するんだかはっきりした方が強いという結論で、それなら羽咲のほうがいいです。

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

ゆず単のその後

・リセ
結局ゆず単が最終的にどうなったかという話。

○ゆず単(ビート型)
荒神小夜4

卯ノ花姫(神の力)3
兼元灯里4
ソフィーヤ・イヴァーノヴナ・ジェーヴァ4
布良梓(寮長命令)4

雲雀丘由貴4
貴船未緒4
扇元樹4
矢来美羽(言葉責め)4

六連佑斗4

重箱弁当2
ブラック・ジャック4
料理4
念動力4
射撃4
薙刀3


あんまりコントロール的なことをする気がないゆず単です。
ある程度盤面で固めて、薙刀貼った灯里か佑斗を優しいお姉ちゃんできれば理想。
光らせられるカードが60枚中51枚なのでピカ厨な貴方も安心。

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

受け属性の選び方

・ファンタ
ベルナルドさんと話してて、どの作品にどの受けの択を取れば通るとか纏めてよっていう振りを受けたので書いてみます。
先に書いておきますが、ここに登場しない作品を積極的にディスる意図はありません。


○ユースティア
エースがカイムでもフィオネでもルキウスでも穏弱点なので武+穏。リシアでも同じ並べ方で問題ありません。
次点で知+穏ですかね。

○マジ恋
知+穏。例外として弁慶が両方受けてきます。
むしろ片方だけでもそれなりに一貫しますね。

○ストノ
武+器。次点で知+器。
愛姫は穏が弱点にならないことに注意。

○リライト
器または知+穏。知が高い前衛がいるので器のほうがやや強め。

○あっぱれ
ちょっとキャラ種類が多すぎるので一概に言えませんが、知+穏で大体なんとかなります。

○ゆあ日記
とりあえず武受けで一貫します。敏または知+穏でもそれなり。

○クルくる
メリロットとか出てこなければ敏+知で全員なんとかなります。
知を器に変えるとリアをボコれますが、受かる前衛キャラは増えます。
聖沙が全部受けてきますが、大体聖歌隊しているので気にしない方向で。

○神採り
ユエラでもミレーヌでも器+穏あたりが安定。次いで器+敏。
穏だとウィルに補強されますが、エース候補の敏は高いのでお好みで。

○ソナーニル
武+穏。どちらかが器になってもそれなりです。

○ラブクエ
とりあえず武受け。もう1属性は穏が理想。

○ころげて
こちらも武受けで一貫。もう1属性はやはり穏。

○ものべの
とりあえず武受けか知受け。
もう1属性は敏が強いですね。

○ドダイ
武+穏が楽。どちらかが知になってもそれなり。

○中の人
武+知で安定。ライトニング以外は弱点になります。
知が穏に変わっても問題ありません。

○ヘプタ
武+穏または器。大きな差はないです。

○魔女庭
武+器または穏。悟朗と莉々子がいるので穏の方がやや強いはず。

○図書館
武+器または穏。大きな差はないです。


シンセミアはあんまり詳しくないので書きませんでしたが、武+穏でスタンダードになんとかなると思います。
作品染めしないデッキについては、風花は武+敏、国中は武+知、まゆっちも武+知あたりが安定かと思います。

| | コメント (2)

2013年5月 1日 (水)

スズノネセブン

A:鷹取柚子里
EX:目の保養、信念の合言葉、集合写真

野々村仁乃4
三峰美奈都4
代官山すみれ4
九条要4
魔法少女ミラクル★シトロン4
志麻莉里3
代官山桃子3

知/穏4
知穏/武4
知穏/器4

本1

手当て4
黄金の銃4
占領4
幽閉3
反論3
セクハラ2
二人の共同作業1


スズノネを組むにあたって、まず仁乃のアイテムうんぬんの効果は忘れましょう(

なんとなくで下げ波状気味にしてみましたが、普通に勇気エクレアでもいいと思います。一度占領入りの下げ波状を試してみたかったんですよね。
キャラ種類の少なさは、Pすみれが使えるようになるとある程度改善されるのでもう少しだけ強くなります。

MHP600がそれなりにいて、パンプもそれなりにあって、エースもそれなりに優秀なので、わりと丸いデッキなのではないかと思います。色々組み替えられる作品。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »