« 青単クロエ | トップページ | チノ »

2016年2月 2日 (火)

日本選手権プレ大会 関東予選2

参加してきました。青単クロエでAブロック。

○青緑白セリウム(七尾)
先攻。
初手の返しが5000バニラで倒せなくて一旦マウント取られたはず。
7リソでクロエして攻める側になって、相手ターン中にエクストラターン入った時点で3-1で勝ってて、詰められなかったのでそのまま勝ち。

○青緑マンティスバーグ(千歳)
先攻。
初手3コストを移動で返されて、それをルートヴィヒで蓋にして生存から、次にType.6も生存して楽勝ムード。
クロエの成立は遅かったので一旦マンティスバーグで全除去されて、増えたリソースから手札を投げつけて勝ち。

○黒青ケイト(七尾)
先攻。
相手の初手のリソ置きでシャークルが見えてクロエを放棄。マスプロビートして殴り倒すプラン。
5リソ時にマスプロから1点取りにいったらいきなりライフ踏んで雲行きが怪しくなるも、こっちもライフ捲れたりして最終的にはビート戦で勝てました。

○青黒赤ザッハーク(七尾)
後攻。
相手先攻で自PS横エレキラーからハンデスしてきて、返しに中央むてん丸でPS殴る。
むてん丸が割れないらしくてソリトゥスでスタートカード殴られたので、遠慮なくIGしたら当たって、相手のライフから何も出なくて2点。
その後はクロエ準備してエンドしたらエレキラーでハンデスされ、1ターン我慢したらアルクスからエレキラー釣ってきてさらにハンデスされる。
このへんで盤面無理な感じになってた上に手札も足りないので、クロエは諦めてごり押すことにして、キリアでこじ開けて追加の1点入れる。アルクスは放置して返しに効果使ってくれるのを期待。
返しはソリトゥスから普通に埋められて1点貰ったらキリアが出て、IGからインビジブル追加で最後の1点取って勝ち。

○青黒赤イェーガー(七尾)
後攻。相手の初期リソースでイェーガーが揃ってる。
相手が初手でリソ置きミスしてゼクス出ないスタートしたけれども、次がペルツだったので問題なくて、余裕で盤面返されてライフ殴られていく。
生き物何も出ないままライフ1点で6リソになって、クロエ成立もだいぶ遠かったのでライフ捲れる期待でType.6立てるくらいしかすることなくて普通に負けました。

○青黒ES(なし)
先攻。
スタートカードが5000だったので割れなくていきなりマウント取られる。
キリア→ルートヴィヒ→Type.6でチャージ与えない動きを徹底から、8か9リソくらいでクロエして勝ちました。


というわけで5-1で3位でした。全国大会は遠い。

|

« 青単クロエ | トップページ | チノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青単クロエ | トップページ | チノ »