デッキレシピ

2017年10月29日 (日)

リセフェスタ10月東京

今回は花単で参加してきました。
〇デッキレシピ
ランサー/エリザベート・バートリー(R)*3
キャスター/メディア[リリィ]*3
キャスター/エリザベート・バートリー[ハロウィン]*2
アサシン/スカサハ*2

ライダー/マリー・アントワネット(SR)*4
アサシン/ステンノ*4
アーチャー/エウリュアレ*4
武部沙織(SR)*4
ダージリン(SR)*4
五十鈴華(PR)*4
セイバー/エリザベート・バートリー[ブレイブ]*4
ライダー/ケツァル・コアトル*4
ランサー/ヘクトール*3
ルールメイカー*3
ライダー/アストルフォ*3
キャスター/エレナ・ブラヴァツキー*3
ライダー/メドゥーサ*2
島田愛里寿(SR)*2
アーチャー/イシュタル*2


〇事前に
FGO2.0発売後はFGO限定の花単と雪単が強いと評判で、構築難易度も低いので環境の中心になると判断しました。また、日と宙は雪に勝てるかが疑問なので、3回戦以降で当たる可能性は低いと考えていて、月単は多少増えてるにせよ全体としては人気がない読みです。
私自身はとりあえず花単を使うことには決めていましたが、FGO花単の2ハンドのアタッカーは多くがEX1で構築が不自由であること、初手に小型を十分に引けない場合に弱いこと、ミラーが多い読みでSRダージリンが欲しいことから混成花単に組み替えました。
混成はFGO限定よりも五十鈴華の存在から無理にEX1を増やさずとも初手が安定しやすいこと、ミラーでSRダージリンを使えることがメリットですが、雪と宙にはやや手薄になるイメージでいます。


〇宙単(後攻・勝ち)
相手の先攻でレオニダス、ジャンヌオルタ。返しに中央DFメディアリリィ込みで邪ンヌを止めて中央AF沙織、邪ンヌ対面AFに2ハンドの誰か。
その後続けても相手の中央AFになんも出てこなかったので普通に勝ち。EX事故ってたらしいです。

〇花単(先攻・勝ち)
先攻で左右AFに2ハンドのアタッカーと中央に沙織。
玉藻置かれてちょっと困るも、先攻なのでそのまま押し切って勝ち。

〇宙単(先攻・負け)
先攻でマリガンせずに2ハンドのAF2枚、返しにジャンヌオルタとモードレッドと金時だったんですが、相手かばぷさんだったので、もう宙単と断定して普通にステンノ揃えにいくべきだったかなという感じ。
その後も普通にやって金時2回とジャガノのアグレ分で詰められて負け。

〇雪単FGO(先攻・勝ち)
先攻で2ハンドのAFと沙織。次ケツ姉さんで、以後も除去される端から全部前に出し続けて押し切り。

〇日単(先攻・勝ち)
先攻2ハンドのAF2枚と沙織。返しに対面書文されて沙織が一生殴れなくなりつつSRネロ。
その後の相手の追加がフレイムタン、アンチョビとかでそこまで強くなく、ルールメイカー込みでDF固めて相手の打点を抑えつつ、左右AFで相打ちを強要し続けて地道に回復する形に持ち込む。

〇花単FGO(先攻・勝ち)
先攻で2ハンドのAF何枚出したか忘れましたが、返しが全部AFだったのは覚えてます。
総体としては相手が後攻なのにノーガード気味にやってきたので先攻分で勝ち。

〇花単FGO(後攻・勝ち)
相手の先攻で左右にハロエリとステンノ。返しにハロエリ対面にAFスカサハ、DFブレエリ、反対側のAFにダージリン。相手エウリュアレ追加で4点もらって、こちらは中央AF華で6点殴り返す。
次に中央DFナイチンゲールで5点受けて、こちらはステンノ前DFアストルフォ、中央DFヘクトールで9点殴りつつ盤面が埋まる。
以後はへクトールとダージリンが強いので有利に進められました。


6-1で入賞でした。じゃんけん強かったですね。
多分毎試合でFGOじゃないカードは使ったので、FGO単にしなかった意義はかなりあったかと思います。

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

リセフェスタ9月東京

ガルパンには明るくない私でも、島田愛里寿ちゃんが可愛いということだけは「理解る」ので大学選抜デッキを使いました。

〇大学選抜(雪ベース)
マシュ・キリエライト(フォウのお世話係)*4
ミストルテイン*4
グラーシーザ*4
風魔手裏剣*4

島田愛里寿(島田流)*4
島田愛里寿(大学選抜)*4
島田愛里寿(大隊長)*4
島田愛里寿(ボコみたいに素敵ね)*4
ルミ(大学選抜)*4
ルミ(バミューダトリオ)*4
アズミ(大学選抜)*4
アズミ(バミューダトリオ)*4
メグミ(大学選抜)*4
メグミ(バミューダトリオ)*4
ボコ*4

https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=102&festano=17
上4種以外はガルパンのカードになっています。
大学選抜を集めると愛里寿が多いため自然に雪ベースになり、単純に強いマシュと手裏剣、自然に入れることができるミストルグラシで完成としました。
カードの運用については私自身かなりアドリブで回したので、あまり語れませんが以下数枚。

・ミストルテイン
従来のアヴァロン系のデッキではグラシのおまけみたいな認識でしたが、このデッキにおいてはわりと優先度が高いキャラになっています。
序盤に出す場合、大体中央AFに置きます。

・風魔手裏剣
中央DFに置いてSPを利かせる動きを多用しました。中央DFはこいつか島田流の愛里寿にしたいですね。
また、エンゲージでキャラを消してルミの移動で詰める動きは一応頭に入れておくといいと思います。

・グラーシーザ
基本普通に使いますが、ボコで手札に戻ってきて再度出す動きがあるので一応覚えておきましょう。

・大隊長愛里寿
基本的にはこれを引かなかったらマリガンしました。
中央に置かなくても大抵通るので、左右AFに置きます(普通)

・島田流愛里寿
大隊長を出せないときにメグミから踏み倒して中央DFに置くパターンが多いですが、大隊長が引けているときに中央AFに出して左右にサポートを利かせる動きも強かったです。

以下、対戦結果。
〇宙単(先攻・勝ち)
対面が楓月さんだったので強気マリガンして、先攻メグミ大隊長ミストルテインの犯罪スタートから轢き殺しました。この日一番のぶん回り。

〇花宙大洗(後攻・勝ち)
相手がコスト発生器引けずに事故気味で、無難にやって勝ったと思う(曖昧)

〇月単(先攻・負け)
序盤にAF出なかったのでDF埋めたらメディアリリィが強くてあまり守れず、その後もAFが沸かないみたいな展開。遅れを一切取り返せずに負け。

〇雪プラウダ(先攻・負け)
コストの部分だけ綺麗に引いたような手札で、どうしようもなく負け。無駄にバミューダトリオが揃ったりしました。

〇日アンツィオ(先攻・勝ち)
大隊長素出しの予定だったところ、先行1ドローでメグミを引いたのでメグミ大隊長でスタート。
途中から相手がDFを抜けずに一方的に殴る展開になって勝ち。

〇月単(先攻・勝ち)
素出し大隊長からスタート。返しに1/4オーダーのやつとメディアリリィで止めつつ中央AFクトネシリカ。
メグミを引いたのでメグミ経由の中央AF島田流で能力を躱して打点を通して、中央DF風魔手裏剣。
SPが強い盤面を作れたしバルムンクも出てこなかったのでそのまま終盤までやって、手裏剣飛ばしてミストルグラシで詰めまで。

〇宙単(先攻・勝ち)
大隊長なくて、ボコみたい愛里寿と島田流愛里寿でAF作って中央DF風魔手裏剣の固めモード。
SP強要してAF後出ししたりとか地道に稼いで、干し芋のやつだけきっちり止めて勝ちました。


で5-2でした。
わりと惜しい感じになってますが、負けた2試合はわりとどうしようもなかったので、そういう事故が一定数あることは受け入れていく必要がありますね。

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

リセオープン「ブレ×ブレ最強決定戦」

使用デッキは宙単。

○宙単
EX1:14枚
セイバー/アルテラ*4
ランサー/レオニダス一世*4
バールのようなもの*4
バーサーカー/呂布奉先*1
ランサー/スカサハ*1

EX2:46枚
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(SR)*4
セイバー/フェルグス・マック・ロイ*4
バーサーカー/スパルタクス*4
魔剣グラム&魔劍グラム=オルタ*4
ネクロノミコン*4
シザーマングローブ*4
司書王ロルリアンレット*4
月天のミコト×魔刀ルナ*4
アルカード*4
セイバー/沖田総司(R)*3
雷斧ペルーン*3
ザ・実験*4


まずは予選。
○宙単(先攻・負け)
相手のレオニダスとバールのようなものに合わせるブロッカーがまったく来ない。
序盤から6点とかもらい続けて普通に負け。

○月単(先攻・勝ち)
DFに実験貼ってなんか上手いこと相手のAF止めた気分になってたんですが、次のターンくらいに特に止まってないことに気付く。幸運にも相手には気付かれなかったので勝てました。

○雪単(先攻・勝ち)
あんまり除去飛んでこなくて普通に先攻ビートダウンで勝ったパターン。


2-1で決勝へ。2戦目は実質負けなので勝った気はしませんでした。
○日単(先攻・負け)
マリガン後にレオニダスしかない手札で、1ドローでアルテラを引けたのでなんとかAF2体。返しにSRネロとフレイムタンが出てくる。
合わせる2コストAP3がなくて、かと言ってAFにキャラが追加できるわけでもなかったので、しぶしぶ3ハンドで相打ちを合わせる。
ドレイクが出てきて状況が悪化して、次も2コストAP3が引けずにAFになんか追加とかそんなんだったはず。当然負け。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

リセフェスタ6月東京

・リセ
リセフェスタ東京。
相性的に丸く勝てて右手要求が低いデッキが良かったので、宙単を使いました。
https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=122&festano=10

EX1:13枚
セイバー/アルテラ*4
ランサー/レオニダス一世*3
ランサー/スカサハ*2
ジャガーノート*2
バールのようなもの*2

EX2:47枚
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(SR)*4
魔剣グラム&魔劍グラム=オルタ*4
ネクロノミコン*4
雷斧ペルーン*4
シザーマングローブ*4
アルカード*4
セイバー/フェルグス・マック・ロイ*3
バーサーカー/スパルタクス*3
司書王ロルリアンレット*3
ランサー/武蔵坊弁慶*2
セイバー/沖田総司(R)*2
セイバー/沖田総司(P)*2
イステの歌*2
アーチャー/ダビデ*1
ライダー/牛若丸*1
ザ・実験*4


以下、対戦結果。

○花単(後攻・負け)
先攻レールガンタブーSRエリザにアルテラとアルカードで両方止めれてレオニダスが追加できる、幸先のいいスタート。
そこから手札6枚あって有効キャラなしでAF沸かず、2ターン後マシュで突破されたアルテラの後続もなしみたいな感じになってDFジャガーノートとかしてたら負け。

○雪単(後攻・勝ち)
この試合は相手のキャラ沸きが微妙で、こっちが普通にオーダーステップ持ち出せてで普通に勝ったと思います(うろ覚え)

○雪単(先攻・勝ち)
○月単(先攻・勝ち)
この2戦は先攻から順当に回って勝ったと思います(覚えてない)

○日単(後攻・勝ち)
ペルーンアルテラアルトリアでDFオーダー3面スタートして、最後グラム姉妹で1ターン縮めたらギリギリ勝てました。

○雪単(後攻・負け)
先攻で手裏剣アヴァロン。手札4枚から清姫対面のブロッカーが出なかったのが死因。

○日単(先攻・負け)
アルテラとレオニダスが手札に詰まって実験貼るターンが遅れたりEX1を3枚から沖田出したり。最後、壁が欲しいところで2ドローからネクロノミコン+ペルーンと引いてブロッカーが沸かなかったのが死因。


4-3でした。
回した感じだとEX1の枚数多くて結局右手要求高かったので、要反省。

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

日単改と宙単改

・リセ
日単と宙単がどうなったかという記事。

○日単
EX1:15枚
バーサーカー/坂田金時*4
キャスター/玉藻の前*4
ライダー/フランシス・ドレイク(嵐の航海者)*4
バーサーカー/タマモキャット*3

EX2:45枚
セイバー/ネロ・クラウディウス(童女謳う華の帝政)*4
アーチャー/織田信長*4
アサシン/マタ・ハリ*4
ライダー/メアリー・リード*4
ランサー/ロムルス*4
バーサーカー/ダレイオス三世*4
ライダー/ブーディカ*4
ライダー/エドワード・ティーチ*4
セイバー/ネロ・クラウディウス(薔薇の皇帝)*4
キャスター/メフィストフェレス*3
ライダー/アン・ボニー*2
日向ぼっこ*4


○宙単
EX0:2枚
カルデアス*2

EX1:12枚
セイバー/アルテラ*4
ランサー/レオニダス一世*3
バーサーカー/呂布奉先*3
ランサー/スカサハ*2

EX2:46枚
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(騎士王)*4
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(約束された勝利の剣)*4
ランサー/武蔵坊弁慶*4
セイバー/フェルグス・マック・ロイ*4
セイバー/沖田総司(誓いの羽織)*4
バーサーカー/スパルタクス*4
ライダー/牛若丸*4
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[リリィ]*4
セイバー/沖田総司(誠の旗)*4
アーチャー/ギルガメッシュ*3
アーチャー/ダビデ*2
カルデア戦闘服*3
ファントム・メイデン*2


日単はカルデアスを使わない代わりにEX1の強いカードを目一杯使う形にしました。

宙単は参加賞沖田の追加対応と、カルデアス環境でダヴィンチ工房使うのは普通に不可能だったので抜いて調整。
ダヴィンチ工房は隙があれば使っていきたいですが、新弾まではカルデアスがデフォルトで搭載されているでしょうし、カタストロフイデアの追加で雪を無視できない環境になると思うので、現状は無理としか言いようがない。

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

リセオープン 「FGO最強決定戦」

使用デッキは花単。

○花単
EX0:3枚
カルデアス*3

EX1:8枚
ランサー/エリザベート・バートリー*4
キャスター/メディア[リリィ]*4

EX2:49枚
ライダー/マリー・アントワネット*4
ランサー/エリザベート・バートリー*4
バーサーカー/清姫*4
ライダー/メドゥーサ*4
ライダー/アレキサンダー*4
アサシン/ステンノ*4
アーチャー/エウリュアレ*4
ライダー/マルタ*4
ランサー/ヘクトール*4
シールダー/マシュ・キリエライト*4
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[リリィ]*3
アーチャー/アーラシュ*3
キャスター/クー・フーリン*3

前回フェスタで発生したAF沸かない事故を嫌ってキャスニキを投入しています。
あとは時流に合わせてカルデアスを入れて調整した感じですね。


第2予選
○宙単(後攻・負け)
後攻エリザエリザして呂布アルテラで両方止まってもう辛い。
1回マシュで突破して1回通って次でアルテラおかわりされて本格的に止まる。
こっちはヘラクレスにカルデアスして出し直し強要と、レオニダスにメドゥーサ合わせて止める感じ。
色々あって最後カルデアスを打って詰める予定で、予定の1つ前のターンにEX1エリザとEX2を引く。ヘラクレス前にエリザベートでチャンプ。で、次でメディアリリィとEX2を引いて、カルデアス打てずに敗北。
ヘラクレスの4点を通してもギリギリ死ななかったので、手札温存して相手が何もしてこないことを祈るのが正解だったという結果論。


裏オープン1
○宙単(先攻・勝ち)
先攻ステンノ。DF呂布AFヘラクレスで返ってきて、EX1エリザ追加してカルデアス。
スカサハアルテラでDF埋められて、エリザがアルテラと相打ちする形で殴ったら、何故か受けてきて相打ちになったので勝ち。

○宙単(後攻・勝ち)
初戦と違ってちゃんとカルデアス打てて勝ち。相手のデッキにカルデアス令呪が入っていなくて、こっちが詰めた分ギリギリ届きました。

○日単(先攻・勝ち)
ようやく宙単以外を踏めて安心してました。
先攻エリザエリザにダレイオス合わせられて、マシュで突破していい気になってたらダレイオスおかわり。
相打ちさせて女神姉妹に切り替えて攻撃継続して勝ったはず。

○月単(後攻・分け)
相手の長考を「引き分けにならなければ別にいいよ」とか許してたら引き分けになりました。
時間切れ時点でまだゲーム続く感じだったので引き分けで処理。


というわけで、裏の3勝で終了でした。残念。

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

リセフェスタ3月東京

リセフェスタに参加してきました。
使用デッキは花単。

○花単
EX1:12枚
エリザベート・バートリー*4
メディア[リリィ]*4
ナーサリー・ライム*1
令呪*3

EX2:48枚
マリー・アントワネット*4
エリザベート・バートリー*4
清姫*4
メドゥーサ*4
アレキサンダー*4
アーラシュ*4
ステンノ*4
エウリュアレ*4
マルタ*4
ヘクトール*4
アルトリア・ペンドラゴン[リリィ]*4
マシュ・キリエライト*4

 

初期に上げたレシピから2点変更しています。
ナーサリー4 → ナーサリー1令呪3
マシュ2デオン2 → マシュ4

令呪は3枚入れたくて、EX1の枚数は変えないことにしてナーサリーと入れ替えました。
フェスタでは7戦やって1回も打てませんでした。

マシュとデオンについては、当初どちらもスペックの低いバニラくらいの認識でしたが、相打ちが多発する環境でAFの供給が止まらないのはわりと重要だったので、普通にマシュに寄せました。

なお、1枚残ったナーサリーは抜いてもいいかなと思ったんですが、可愛いので残しました。
花ミラーの時にDFからAFのエリザにサポートして返しに起きてくれたので、令呪と違ってこちらは活躍しました。

 

以下対戦内容。
○宙単(先攻・勝ち)
対宙はステンノとエウリュアレを揃えて殴ればワンチャンあるくらいの認識で、残念ながら揃ってなかったので負けを覚悟しました。
とりあえずステンノを先出ししておいて、欲しいところから1ターン遅れくらいでエウリュアレを引ける。
最終的に、ヴラド対面にトップから沸かないと負け+返しにトップから何かブロッカーが出たら詰められないところで、こちらは沸いて相手は沸かないという幸運を掴んで1点残しで勝ち。実質負け試合でした。

○日花(先攻・負け)
こちらが高DMGキャラを出せなくて、相手の端マリーと序盤の移動キャラから叩き出されるDMG量に追いつけない。
ステンノ出してエウリュアレ待ってたら結局引けなかったりして、普通にやって普通に負けました。

○花単(後攻・勝ち)
相手の初手が端にEX1マリー。対面アレク君で塞いで中央EX2エリザだったと思う。
最終的にメディアとヘクトールでDF埋めて、AFは中央エリザと横マリーで負ける要素ない感じに。

○日宙(後攻・勝ち)
宙パーツが一切出てこなくて、事故った日単みたいな動きになってました。流石に勝ち。

○日単(後攻・勝ち)
相手のAFがメフィスト金時とかで、中央DFメディアからDPで固めつつゆっくりAF展開していく。そしたら金時にAP+2のアイテム貼られて地味に面倒な感じになりましたが、中央に黒髭出して勝手にAF埋めてくれたので楽に。
中央ステンノ出してエウリュアレ待ってたものの引けず、結局相打ちさせてエリザあたり出したのは覚えてます。

○日単(後攻・勝ち)
初手が1番強くて、ステンノとエウリュアレ揃ってる上にメディアもある。
とりあえずEX1エリザとステンノでスタート。確かドレイク+金時+タマキャで返ってきて、エウリュアレでドレイクを避けてステンノを通しつつ、タマキャをエウリュアレ+ヘクトールあたりで止める。エリザ前ロムルスでエリザが止まって、こちらはエウリュアレはAFに動かして、中央メディアと端マシュで固め。
で、相手は端にダレイオスを追加してドレイクが下がり、全部相打ち止めの形に。
移動が見えてるのでEX1エリザで殴ってみたら通される。2回くらい通してもらった後、中央のエウリュアレで相打ちして跡地にEX2エリザを配置。次でEX1エリザが相打ちになって跡地はマリー。
ダレイオスが日向ぼっこしてくることはなく、エリザが止まらないので勝ち。

○日花(先攻・負け)
マリガン後初手にDMG3以上のキャラがEX1エリザとアレク君とマリーしかなく、エリザのみでスタート。相手も弱かったらしくAFメフィストとロムルス、DFメドゥーサ。
次のドローでもAFを引かず、メフィスト前マルタ、ロムルス前マシュ、中央メディアで固めて返す。相手は中央ドレイク。
次のドローでもAFキャラが来なくて、観念して中央AFアレク君。返しに中央DFマリー、こちらもAFマリー。
ドレイクはもう1回くらい通した後に、ロムルスを通す形に変えてマリーにサポートさせてメディアが落ちる。次でナーサリーを引き、令呪じゃなかったことにがっかりしつつ、ドレイクのダウンを取れるので中央DFに出してみる。
ドレイクが落ちて信長アグレッシブから4点捻じ込まれ、次のドローでアーラシュを引けたので、エリザを相打ちさせて跡地に出す。返しの相手2点、こちら10点の状態でメフィストに令呪2回で負け。

ちゃんとAFキャラを引くとか、ナーサリーじゃなくて令呪を引くとかしたかったな、というのが当日の感想でした。
今思えばナーサリー以外のAFキャラを引けておらず、あの時点で手札はあるのにエリザがSP2要員で突っ立っている状態だったので、ナーサリーはエリザ相打ちの跡地に置いてDFは適当なやつで良かったんじゃないかと。結局判断ミスですね。

 

というわけで、最後でつまづいて5-2でした。
日花に2回負けた形で、日花は日単よりもマリーで中央の打点が重くなる分だけ辛いのかもしれません。
単に事故気味だったのもあるので、順当に回れば勝てる気もしますが不明。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

宙単と日単と雪単

・リセ
他単色も月単以外は大体まとまったので。

○宙単
EX1:14枚
レオニダス一世*4
ダ・ヴィンチ工房*4
スカサハ*3
令呪*3

Ex2:46枚
アルトリア・ペンドラゴン(騎士王)*4
アルトリア・ペンドラゴン(約束された勝利の剣)*4
武蔵坊弁慶*4
ランスロット*4
ギルガメッシュ*4
エミヤ*4
沖田総司*4
スパルタクス*4
牛若丸*4
アルトリア・ペンドラゴン[リリィ]*4
フェルグス・マック・ロイ*2
ファントム・メイデン*4


ダヴィンチ工房を基準にマリガンして、無事引けたらAFの中型に貼って、ひたすら相手のAFにブロッカーを合わせながら手札差をつけていくのが理想です。
ダヴィンチ工房を使える回数が減るので、AFから並べて殴り合いみたいな展開は避けたい。

○日単
EX1:14枚
坂田金時*4
玉藻の前*4
タマモキャット*4
令呪*2

EX2:46枚
ネロ・クラウディウス(童女謳う華の帝政)*4
織田信長*4
マタ・ハリ*4
アン・ボニー*4
メアリー・リード*4
ロムルス*4
ダレイオス三世*4
ブーディカ*4
エドワード・ティーチ*4
ネロ・クラウディウス(薔薇の皇帝)*4
ガイウス・ユリウス・カエサル*3
日向ぼっこ*3


初手はゴールデンか玉藻でスタートして、止まりづらい移動アタッカーを押し付けながら、やはり相手のAFにブロッカーを合わせていってください。
相手の打点を全部通すとこっちもAFを全部埋める必要があり、移動を持っている意味がなくなるためです。

○雪単
EX1:14枚
カーミラ*4
荊軻*4
ガンド*4
実力行使*2

EX2:46枚
マシュ・キリエライト(仮想宝具 疑似展開/人理の礎)*4
清姫*4
マシュ・キリエライト(時に煙る白亜の壁)*4
マシュ・キリエライト(フォウのお世話係)*4
シャルル=アンリ・サンソン*4
フィン・マックール*4
クー・フーリン*4
呪腕のハサン*4
アステリオス*4
ファントム・オブ・ジ・オペラ*4
ハンス・クリスチャン・アンデルセン*3
ジル・ド・レェ*3


止まりづらい清姫やアステリオスで殴っていき、影響が大きそうなところに適宜除去を当てていきます。
理想の初手は清姫+カーミラか荊軻の片方って感じだと思います。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

花単を作ろう

お久しぶりです。新リセが発売したのでブログを再稼働させます。
今回はとりあえず花単を作ろうっていう記事です。

○花単
EX1:12枚
エリザベート・バートリー*4
メディア[リリィ]*4
ナーサリー・ライム*4

EX2:48枚
マリー・アントワネット*4
エリザベート・バートリー*4
清姫*4
メドゥーサ*4
アレキサンダー*4
アーラシュ*4
ステンノ*4
エウリュアレ*4
マルタ*4
ヘクトール*4
アルトリア・ペンドラゴン[リリィ]*4
シュバリエ・デオン*2
マシュ・キリエライト*2


とりあえずこれを基本形にして、回してみて事故らない程度にイベントの令呪に数枚入れ替えるといいと思います。アルトリアリリィかナーサリーあたりが入れ替え候補。体感ではEX1は14枚くらいなら許容できました。
ちなみにEX2エリザは中央AFに出した方がいいっぽいです。初手で適当に端に出すと、花単ミラーだった時に簡単に止まって敗着手になります(経験談)

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

レインディア改

・VG
○レインディア
学園の綺羅星 オリヴィア*4
祝福の歌声 ローリス*3
ゆるふわリボン ソムニ*1
レインエレメント マデュー*1
エアーエレメント シブリーズ*1
波間の美唱 ナージャ*2
触れ合う手と手 レオナ*1
メタルエレメント スクリュー*1
ダークエレメント ディズメル*1
ライトエレメント アグリーム*1

ベルベットボイス レインディア*4
ピースフルボイス レインディア*4

憧れの煌めき スピカ*4
見守る姉 ロペル*4
シャイネス・ラグーナ ラプラ*3

空想委員 ククリ*4
猛進する妹 ラペル*4
がんばる才能 シャンディー*3
高峰の大輪 アイナ*3

多彩な笑み フラッテ(FV)*1
バニラ☆*7
ハートフルエール ファンディ(引)*4
バニラ引*1
バニラ治*4


発売前に組んだところからほとんど変わってない。
回してると楽しいしレインディアは可愛いんですが、強さ的にはマルッカが出る前のパシフィカくらいな感じで、すごい強いとかではないです。
サポート群は普通に優秀で、先攻取ってベルベットボイスにライドしてG3捲りながらロペルが当たるまで殴る動きなんかはインチキ臭いものになります。
ピースフルボイスのVに移動する効果は使いたくなったら使う感じで、実用的にはほとんど使う意味はないですね。ライド先を選べるなら、後攻でもベルベットボイスに乗ってマデュー使っていきたいです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧