デッキレシピ

2018年11月12日 (月)

リセオープン11月チーム戦

その前に例によって書いてない10月東京フェスタですが、花単で参加して4-2でした。
https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=55&festano=79
雪と宙を意識していたのでミラーは意識が薄かったのですが、それでもミラー2つ負けたのは結構悔しかったですね。リベンジの機会を待ちます。
あとは露骨に紬ヴェンダースの評価を誤っていて、当時はミラーに強いカードくらいの認識だったので投入せず、代わりに上坂茅羽耶を積んでいます。このへんも雪と宙意識だったわけですが、紬は他のカード抜いてでも入れた方が勝率高かったと思います。


・編成
今回のチーム戦も花単で、隊長枠に座りました。
先鋒:はる(雪寄せ輪廻転生)
中堅:ほなマス(宙ベースVA単)
隊長:フレイメル(花単)

チーム戦略としては輪廻転生が先鋒にいそうな雑多なビートダウンに勝って、隊長枠に多そうな雪単とかは花単を当てる感じです。
あと宙単は副長以下に多そうとか、花単は中堅より先鋒とか隊長にいそうとかそういう印象で決めました(VA宙は花単が苦手)。大体あってたと思います。


・デッキレシピ
https://lycee-tcg.com/d/?d=8ecgoQ

EX1:9枚
エリザベート・バートリー*1
エリザベート・バートリー[ハロウィン]*2
卯花之佐久夜姫(SR)*2
河嶋桃*4

EX2:51枚
ルールメイカー*3
エリザベート・バートリー[ブレイブ]*4
アストルフォ*2
アイリスフィール[天の衣]*3
千歳佐奈(SR)*4
伏見真姫奈*4
宮国朱璃(SR)*4
ユースティア・アストレア(SR)*4
朝霧麻衣(PR)*2
西住みほ(SR)*3
角谷杏*4
小山柚子*2
紬ヴェンダース(SR)*4
能美クドリャフカ(SR)*4
古河渚*2
リラックス*2

構築の前にプレイの話になるのですが、最近は先攻の場合、中央AFの1体エンドでプレイしています。その後、相手の展開に合わせてDFを作り、空いているAF1面を後で上から引いて追加するような順で盤面を作るわけですが、そういう動きに合わせた構築です。
マリガン基準は、先攻後攻問わず河嶋があってAFに2ハンドアタッカーが1面置ければキープです。相手が雪系を使っていそうな顔をしていたら、AF2面くらいは置けた方がいいです。


・対戦内容
〇大学選抜(先攻)
先攻ブレエリ。
返しに対面メグミから除去の方の愛里寿。
対面に河嶋置いて角谷サーチして角谷伏見の6点で返し、以後DFに出てきた小粒とは即座に相打ちして後続を出していく動き。角谷は2回相打ちして全部おかわりしました。
途中、相手にBC自由パーツが詰まる事故が発生して、差がついて勝ち。
チーム3-0。

〇雪単(後攻)
初手中央ミョルニルの事故。
河嶋合わせてAF3面で返して、以降2列ずつくらい通って圧勝しました。
チーム2-1。

〇雪単(後攻)
初手渋い顔しながら天使千莉手裏剣の3面スタート。
千莉に河嶋合わせて中央DFユースティア、あとAF3面。天使2点だけ受けて9点通るスタート。
一度翁でテンポ崩され、以後DFが綺麗に出なかったりハンドソニックで崩されたりで打点は大きく離れないものの、そもそも最初の7点差が大きく、相手が土岐のぞみを引けない事故もあったので押し切りました。
チーム1-2。

〇オーガスト雪単(先攻)
先攻角谷。
返しにリースとエリスでオーガスト雪単が確定して、エリスに河嶋合わせて伏見で3点殴る。
相手の嬉野追加に対面アストルフォで返して、土岐のぞみでリース消して角谷除去。河嶋はサポーター使ってもらって落ちる。
でAF2面追加したらリセットコマンドしてもらえて、角谷伏見で殴ったら4枚目のリセットコマンドが落ちる。
これで好き放題展開できるようになったので勝ち。
チーム2-1。

〇花単(先攻)
先攻ブレエリ。
返しに対面河嶋から中央クド、端に角谷と伏見で3点。
こちらは河嶋がなくてAF卯花、角谷対面に小山、伏見対面にアストルフォで中央DFみほ。クドだけ通す予定。
相手は角谷裏にユースティア追加で結構しんどい形になるも、角谷対面に相打ちになるDFいるのを追いかけてきてくれること3回で、手札等価で打点得する形になる。
こちらも卯花対面に出てきた紬は落としにいったり色々あって、途中角谷対面DFが沸かなくなって、ずっと空いてたAFに宮国を出す。
相手が河嶋を大事に盤面に残していたら、トップで引いたっぽいリアクションをしていたので、そこで放置して左右で殴る動きに切り替え。最後は卯花差で勝ちました。
チーム3-0。

〇宙単(先攻)
先攻ブレエリ。
返しは沙耶とルチア。
河嶋を沙耶対面DFに出して中央DFユースティア、沙耶対面AFに角谷で反対側に伏見。6点スタート。
相手はAF茉子追加で、ここかその次で角谷対面に3/0のみほ。こちらは茉子の返しに対面に柚子が沸き、沙耶は角谷が止まった段階で縦止めに。
伏見が茉子で止まっているので少し3-4の不利交換になり、ユースティア能力使用とか柚子跡地に出したアストルフォ能力使用とかで全列封鎖にかかる。ご褒美と連行で1回ずつ崩されて、途中で茉子と伏見で相打ちする。このへんで智代が出てきて本格的に打点が通らなくなる。
が、茉子が落ちたので相手のAFが2面になり、中央AFも止まってSPが増えたので全封鎖が簡単になる。残りのAFになんか出して、相手のオーダーステップ持ちと相打ちするのを繰り返して、最後は伏見で詰めました。
チーム3-0。


個人6-0、チーム5-1で入賞ラインでした。
かばぷさんはそろそろアンリミ1枚制限とかになるべきだと思う。

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

東京GP決勝

・リセ
書いてなかったですが、6月フェスタは日単でミラー2回やって0-2ドロップ。
シングル戦で神姫月単使って3-1でした。決勝で日単使わないのはここで決めた。

で、GP決勝。
今回は(も)花単で参加しました。
土地神4、朝霧麻衣4で月単への憎しみを前面に押し出した仕様です。

EX1
キャスター/メディア[リリィ]*1
キャスター/エリザベート・バートリー[ハロウィン]*2
白鹿愛莉*1
卯花之佐久夜姫(土地神)*4
千歳佐奈(体育祭)*1

EX2
ルールメイカー*3
五十鈴華(初心者応援)*4
セイバー/エリザベート・バートリー[ブレイブ]*4
ライダー/アストルフォ*3
キャスター/エレナ・ブラヴァツキー*4
キャスター/アイリスフィール[天の衣]*3
千歳佐奈(妹のぬくもり)*4
伏見真姫奈*4
キャスター/メディア*1
宮国朱璃*4
ユースティア・アストレア(天使の御子)*4
ラヴィリア*4
悠木陽菜*1
朝霧麻衣(仲良し兄妹)*4
ユースティア・アストレア(羽つき)*2
リラックス*2


○日単ウィニー(先攻)
×雪単(先攻)
×月単(後攻)
○月単(後攻)
○日単ウィニー(後攻)
○月単(後攻)

4-2ですが、早々に2敗してるので特に惜しくはないです。
1つ目の負けは、打点僅差で盤面固まっちゃって除去で負けの流れ。対雪は攻め切らないと負けなので順当でした。
2つ目の負けは、初期手札9枚にEX1のカード5枚あって、ハロエリ佐奈メディアリリィ愛莉を全部出したら盤面弱くて余裕で全打点が止まりました。

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

リセオープン5月チーム戦

前回と同じチームで参加できました。
隊長:フレイメル(花単)
副長:はる(月単)
隊員:sion(オーガスト日単)

〇MIX雪単(後攻・勝ち)
〇MIX雪単(先攻・勝ち)
〇MIX月単(先攻・勝ち)
〇AUG日単(後攻・負け)
〇MIX宙単(先攻・勝ち)
〇MIX日単(先攻・勝ち)

個人は5-1、チームは初戦と4戦目で負けて4-2でした。じゃんけん強かったですね。
最終戦で前回決勝のチームとマッチングして3タテできたのが大変気持ちよかったです。

以下デッキレシピ。

EX1:9枚
エリザベート・バートリー[ハロウィン]*3
卯花之佐久夜姫(SR)*3
卯花之佐久夜姫(U)*3

EX2:51枚
エリザベート・バートリー[ブレイブ]*4
エレナ・ブラヴァツキー*4
千歳佐奈(SR)*4
上坂茅羽耶(R)*4
伏見真姫奈*4
宮国朱璃(SR)*4
ユースティア・アストレア*4
ルールメイカー*3
アストルフォ*3
アイリスフィール[天の衣]*3
クリス*3
鴇田奏海(R)*3
朝霧麻衣(PR)*3
ユー*2
悠木陽菜*2
ヘクトール*1


EX1の3種は特定の状況で持っていたいカードで、全てメタカードの意識で入っています。
SR姫はメタカードっぽくはないですが、花ミラーで相手だけ姫は無理なので、一番最後に搭載しました。花ミラーはなかったわけですが。

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

青単あづみ(IGOB対応)

高額だったIGOBを購入したこともあり、大変ゼクスモチベが高いのでレシピを残しておきます。
IGOB導入したゼクスは面白いんですが、無駄にカードが高いので他人に勧められないゲームになってしまった。

P:各務原あづみ
ロイヤルガード リゲル*1

フィニッシュ・バレット リゲル*4
ブランデッドソード アルダナブ*4
オーシャンドレス リゲル*4
フラガマキナ リゲル*4
ヴィクトリーコール ポラリス*4

メリータル・ヴァウス リゲル*4
カジュアル・モード リゲル*2
ソードスナイパー リゲル*3
オーバー・ザ・クラウズ リゲル*4
ゴー・ファイト・ウィン! リゲル*4
リゲルとあづみ 連理の絆*4
リゲル★クリスマス*4
あづみとリゲル 蒼天への誓い*4

億劫なる『沈殿』ラハム*2
尊き『星海』ニンガル*1
教唆の『命慟』ティアマト*2
激流の制神ティアマト*1
青竜歌姫メルキオール*1
ハイタイドウェイバー ルートヴィヒ*1
ハーモナイズソード アルダナブ*1
アウェイクン・ブレイド リゲル*1
"蒼天誓装"各務原あづみ*4


公式URL

リビルドのソードリベレイターが来るまではこの形で遊ぶ予定。
クリスマスは序盤のドロー除去か詰めのレンジ∞で使うために入っていて、リゲルが出るとリソースが減るのが重いので、そんなに抱え込みたくはないです。リソリンで見えても手札に入れないことが多かったり、スタートカードで普通に捨てたり。
大体誓い+バレット+リソリンとかで動いて真っ当にビートダウンします。

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

リセフェスタ12月東京

書いてなかったですが、東京のGP地区決勝は通常花単で最後負けて4-2ラインでした。ファイナルは遠い。
詳細なレポは今更感あるので割愛します。

で、本題のクリスマスフェスタ。色々あってゆず単でシングルバトルの方に出ました。

EX1(14枚)
レナ・リヒテナウアー*4
矢来美羽(ST)*4
光速のエビ*3
必死のアピール*3

宙EX2(22枚)
常陸茉子(SR)*4
ムラサメ*4
三刀屋実里*3
雲雀丘由貴(R)*4
常陸茉子(ST)*3
叢雨丸*4

日EX2(24枚)
因幡めぐる(SR)*4
エリナ(SR)*4
真咲・ガイヤール(R)*4
海老原みなせ*4
因幡めぐる(ST)*4
真咲・ガイヤール(ST)*4

〇不戦勝

〇FGO花単(先攻・勝ち)
先攻ST茉子とR由貴、返しAF3枚で、その返しにSR茉子。
相手がSR茉子相手に殴り慣れていないっぽく、小さな打点損を積み重ねてくれるも、こちらは光速のエビを2枚引き込んだ上にキャラ被りでキャラも出せずで微妙。
途中で冥界の加護を貼られて受けが崩壊し、そこからはどうにか死なないようにエビの射程まで粘って、相手に令呪とかオーダーチェンジとかの詰め手段が一切なかったためターンが返ってくる。
最終ターンはレナ一方落ち+エビ+アピールでガードの上から削って詰め。

〇FGO花単(後攻・負け)
初手は忘れましたが、前の試合の冥界の加護の部分がナイチンゲールに変わって、最後に相手にイシュタルのオーダーチェンジがあったので負けです。
最終ターンに使う予定の光速のエビも守りで1枚使っていたので、詰め手段も微妙でした。

〇FGO宙花(先攻・勝ち)
相手は宙単にナイチンゲール入れたみたいなデッキ。
唯一初手に美羽があって、先攻美羽レナとかできてかなり気楽なスタート。
試合的には普通に殴り合いになったので先攻分で勝ちました。


3-1で、メーカー別1位になれました。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

リセフェスタ10月東京

今回は花単で参加してきました。
〇デッキレシピ
ランサー/エリザベート・バートリー(R)*3
キャスター/メディア[リリィ]*3
キャスター/エリザベート・バートリー[ハロウィン]*2
アサシン/スカサハ*2

ライダー/マリー・アントワネット(SR)*4
アサシン/ステンノ*4
アーチャー/エウリュアレ*4
武部沙織(SR)*4
ダージリン(SR)*4
五十鈴華(PR)*4
セイバー/エリザベート・バートリー[ブレイブ]*4
ライダー/ケツァル・コアトル*4
ランサー/ヘクトール*3
ルールメイカー*3
ライダー/アストルフォ*3
キャスター/エレナ・ブラヴァツキー*3
ライダー/メドゥーサ*2
島田愛里寿(SR)*2
アーチャー/イシュタル*2


〇事前に
FGO2.0発売後はFGO限定の花単と雪単が強いと評判で、構築難易度も低いので環境の中心になると判断しました。また、日と宙は雪に勝てるかが疑問なので、3回戦以降で当たる可能性は低いと考えていて、月単は多少増えてるにせよ全体としては人気がない読みです。
私自身はとりあえず花単を使うことには決めていましたが、FGO花単の2ハンドのアタッカーは多くがEX1で構築が不自由であること、初手に小型を十分に引けない場合に弱いこと、ミラーが多い読みでSRダージリンが欲しいことから混成花単に組み替えました。
混成はFGO限定よりも五十鈴華の存在から無理にEX1を増やさずとも初手が安定しやすいこと、ミラーでSRダージリンを使えることがメリットですが、雪と宙にはやや手薄になるイメージでいます。


〇宙単(後攻・勝ち)
相手の先攻でレオニダス、ジャンヌオルタ。返しに中央DFメディアリリィ込みで邪ンヌを止めて中央AF沙織、邪ンヌ対面AFに2ハンドの誰か。
その後続けても相手の中央AFになんも出てこなかったので普通に勝ち。EX事故ってたらしいです。

〇花単(先攻・勝ち)
先攻で左右AFに2ハンドのアタッカーと中央に沙織。
玉藻置かれてちょっと困るも、先攻なのでそのまま押し切って勝ち。

〇宙単(先攻・負け)
先攻でマリガンせずに2ハンドのAF2枚、返しにジャンヌオルタとモードレッドと金時だったんですが、相手かばぷさんだったので、もう宙単と断定して普通にステンノ揃えにいくべきだったかなという感じ。
その後も普通にやって金時2回とジャガノのアグレ分で詰められて負け。

〇雪単FGO(先攻・勝ち)
先攻で2ハンドのAFと沙織。次ケツ姉さんで、以後も除去される端から全部前に出し続けて押し切り。

〇日単(先攻・勝ち)
先攻2ハンドのAF2枚と沙織。返しに対面書文されて沙織が一生殴れなくなりつつSRネロ。
その後の相手の追加がフレイムタン、アンチョビとかでそこまで強くなく、ルールメイカー込みでDF固めて相手の打点を抑えつつ、左右AFで相打ちを強要し続けて地道に回復する形に持ち込む。

〇花単FGO(先攻・勝ち)
先攻で2ハンドのAF何枚出したか忘れましたが、返しが全部AFだったのは覚えてます。
総体としては相手が後攻なのにノーガード気味にやってきたので先攻分で勝ち。

〇花単FGO(後攻・勝ち)
相手の先攻で左右にハロエリとステンノ。返しにハロエリ対面にAFスカサハ、DFブレエリ、反対側のAFにダージリン。相手エウリュアレ追加で4点もらって、こちらは中央AF華で6点殴り返す。
次に中央DFナイチンゲールで5点受けて、こちらはステンノ前DFアストルフォ、中央DFヘクトールで9点殴りつつ盤面が埋まる。
以後はへクトールとダージリンが強いので有利に進められました。


6-1で入賞でした。じゃんけん強かったですね。
多分毎試合でFGOじゃないカードは使ったので、FGO単にしなかった意義はかなりあったかと思います。

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

リセフェスタ9月東京

ガルパンには明るくない私でも、島田愛里寿ちゃんが可愛いということだけは「理解る」ので大学選抜デッキを使いました。

〇大学選抜(雪ベース)
マシュ・キリエライト(フォウのお世話係)*4
ミストルテイン*4
グラーシーザ*4
風魔手裏剣*4

島田愛里寿(島田流)*4
島田愛里寿(大学選抜)*4
島田愛里寿(大隊長)*4
島田愛里寿(ボコみたいに素敵ね)*4
ルミ(大学選抜)*4
ルミ(バミューダトリオ)*4
アズミ(大学選抜)*4
アズミ(バミューダトリオ)*4
メグミ(大学選抜)*4
メグミ(バミューダトリオ)*4
ボコ*4

https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=102&festano=17
上4種以外はガルパンのカードになっています。
大学選抜を集めると愛里寿が多いため自然に雪ベースになり、単純に強いマシュと手裏剣、自然に入れることができるミストルグラシで完成としました。
カードの運用については私自身かなりアドリブで回したので、あまり語れませんが以下数枚。

・ミストルテイン
従来のアヴァロン系のデッキではグラシのおまけみたいな認識でしたが、このデッキにおいてはわりと優先度が高いキャラになっています。
序盤に出す場合、大体中央AFに置きます。

・風魔手裏剣
中央DFに置いてSPを利かせる動きを多用しました。中央DFはこいつか島田流の愛里寿にしたいですね。
また、エンゲージでキャラを消してルミの移動で詰める動きは一応頭に入れておくといいと思います。

・グラーシーザ
基本普通に使いますが、ボコで手札に戻ってきて再度出す動きがあるので一応覚えておきましょう。

・大隊長愛里寿
基本的にはこれを引かなかったらマリガンしました。
中央に置かなくても大抵通るので、左右AFに置きます(普通)

・島田流愛里寿
大隊長を出せないときにメグミから踏み倒して中央DFに置くパターンが多いですが、大隊長が引けているときに中央AFに出して左右にサポートを利かせる動きも強かったです。

以下、対戦結果。
〇宙単(先攻・勝ち)
対面が楓月さんだったので強気マリガンして、先攻メグミ大隊長ミストルテインの犯罪スタートから轢き殺しました。この日一番のぶん回り。

〇花宙大洗(後攻・勝ち)
相手がコスト発生器引けずに事故気味で、無難にやって勝ったと思う(曖昧)

〇月単(先攻・負け)
序盤にAF出なかったのでDF埋めたらメディアリリィが強くてあまり守れず、その後もAFが沸かないみたいな展開。遅れを一切取り返せずに負け。

〇雪プラウダ(先攻・負け)
コストの部分だけ綺麗に引いたような手札で、どうしようもなく負け。無駄にバミューダトリオが揃ったりしました。

〇日アンツィオ(先攻・勝ち)
大隊長素出しの予定だったところ、先行1ドローでメグミを引いたのでメグミ大隊長でスタート。
途中から相手がDFを抜けずに一方的に殴る展開になって勝ち。

〇月単(先攻・勝ち)
素出し大隊長からスタート。返しに1/4オーダーのやつとメディアリリィで止めつつ中央AFクトネシリカ。
メグミを引いたのでメグミ経由の中央AF島田流で能力を躱して打点を通して、中央DF風魔手裏剣。
SPが強い盤面を作れたしバルムンクも出てこなかったのでそのまま終盤までやって、手裏剣飛ばしてミストルグラシで詰めまで。

〇宙単(先攻・勝ち)
大隊長なくて、ボコみたい愛里寿と島田流愛里寿でAF作って中央DF風魔手裏剣の固めモード。
SP強要してAF後出ししたりとか地道に稼いで、干し芋のやつだけきっちり止めて勝ちました。


で5-2でした。
わりと惜しい感じになってますが、負けた2試合はわりとどうしようもなかったので、そういう事故が一定数あることは受け入れていく必要がありますね。

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

リセオープン「ブレ×ブレ最強決定戦」

使用デッキは宙単。

○宙単
EX1:14枚
セイバー/アルテラ*4
ランサー/レオニダス一世*4
バールのようなもの*4
バーサーカー/呂布奉先*1
ランサー/スカサハ*1

EX2:46枚
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(SR)*4
セイバー/フェルグス・マック・ロイ*4
バーサーカー/スパルタクス*4
魔剣グラム&魔劍グラム=オルタ*4
ネクロノミコン*4
シザーマングローブ*4
司書王ロルリアンレット*4
月天のミコト×魔刀ルナ*4
アルカード*4
セイバー/沖田総司(R)*3
雷斧ペルーン*3
ザ・実験*4


まずは予選。
○宙単(先攻・負け)
相手のレオニダスとバールのようなものに合わせるブロッカーがまったく来ない。
序盤から6点とかもらい続けて普通に負け。

○月単(先攻・勝ち)
DFに実験貼ってなんか上手いこと相手のAF止めた気分になってたんですが、次のターンくらいに特に止まってないことに気付く。幸運にも相手には気付かれなかったので勝てました。

○雪単(先攻・勝ち)
あんまり除去飛んでこなくて普通に先攻ビートダウンで勝ったパターン。


2-1で決勝へ。2戦目は実質負けなので勝った気はしませんでした。
○日単(先攻・負け)
マリガン後にレオニダスしかない手札で、1ドローでアルテラを引けたのでなんとかAF2体。返しにSRネロとフレイムタンが出てくる。
合わせる2コストAP3がなくて、かと言ってAFにキャラが追加できるわけでもなかったので、しぶしぶ3ハンドで相打ちを合わせる。
ドレイクが出てきて状況が悪化して、次も2コストAP3が引けずにAFになんか追加とかそんなんだったはず。当然負け。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

リセフェスタ6月東京

・リセ
リセフェスタ東京。
相性的に丸く勝てて右手要求が低いデッキが良かったので、宙単を使いました。
https://lycee-tcg.com/festa/player.pl?tno=122&festano=10

EX1:13枚
セイバー/アルテラ*4
ランサー/レオニダス一世*3
ランサー/スカサハ*2
ジャガーノート*2
バールのようなもの*2

EX2:47枚
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(SR)*4
魔剣グラム&魔劍グラム=オルタ*4
ネクロノミコン*4
雷斧ペルーン*4
シザーマングローブ*4
アルカード*4
セイバー/フェルグス・マック・ロイ*3
バーサーカー/スパルタクス*3
司書王ロルリアンレット*3
ランサー/武蔵坊弁慶*2
セイバー/沖田総司(R)*2
セイバー/沖田総司(P)*2
イステの歌*2
アーチャー/ダビデ*1
ライダー/牛若丸*1
ザ・実験*4


以下、対戦結果。

○花単(後攻・負け)
先攻レールガンタブーSRエリザにアルテラとアルカードで両方止めれてレオニダスが追加できる、幸先のいいスタート。
そこから手札6枚あって有効キャラなしでAF沸かず、2ターン後マシュで突破されたアルテラの後続もなしみたいな感じになってDFジャガーノートとかしてたら負け。

○雪単(後攻・勝ち)
この試合は相手のキャラ沸きが微妙で、こっちが普通にオーダーステップ持ち出せてで普通に勝ったと思います(うろ覚え)

○雪単(先攻・勝ち)
○月単(先攻・勝ち)
この2戦は先攻から順当に回って勝ったと思います(覚えてない)

○日単(後攻・勝ち)
ペルーンアルテラアルトリアでDFオーダー3面スタートして、最後グラム姉妹で1ターン縮めたらギリギリ勝てました。

○雪単(後攻・負け)
先攻で手裏剣アヴァロン。手札4枚から清姫対面のブロッカーが出なかったのが死因。

○日単(先攻・負け)
アルテラとレオニダスが手札に詰まって実験貼るターンが遅れたりEX1を3枚から沖田出したり。最後、壁が欲しいところで2ドローからネクロノミコン+ペルーンと引いてブロッカーが沸かなかったのが死因。


4-3でした。
回した感じだとEX1の枚数多くて結局右手要求高かったので、要反省。

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

日単改と宙単改

・リセ
日単と宙単がどうなったかという記事。

○日単
EX1:15枚
バーサーカー/坂田金時*4
キャスター/玉藻の前*4
ライダー/フランシス・ドレイク(嵐の航海者)*4
バーサーカー/タマモキャット*3

EX2:45枚
セイバー/ネロ・クラウディウス(童女謳う華の帝政)*4
アーチャー/織田信長*4
アサシン/マタ・ハリ*4
ライダー/メアリー・リード*4
ランサー/ロムルス*4
バーサーカー/ダレイオス三世*4
ライダー/ブーディカ*4
ライダー/エドワード・ティーチ*4
セイバー/ネロ・クラウディウス(薔薇の皇帝)*4
キャスター/メフィストフェレス*3
ライダー/アン・ボニー*2
日向ぼっこ*4


○宙単
EX0:2枚
カルデアス*2

EX1:12枚
セイバー/アルテラ*4
ランサー/レオニダス一世*3
バーサーカー/呂布奉先*3
ランサー/スカサハ*2

EX2:46枚
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(騎士王)*4
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン(約束された勝利の剣)*4
ランサー/武蔵坊弁慶*4
セイバー/フェルグス・マック・ロイ*4
セイバー/沖田総司(誓いの羽織)*4
バーサーカー/スパルタクス*4
ライダー/牛若丸*4
セイバー/アルトリア・ペンドラゴン[リリィ]*4
セイバー/沖田総司(誠の旗)*4
アーチャー/ギルガメッシュ*3
アーチャー/ダビデ*2
カルデア戦闘服*3
ファントム・メイデン*2


日単はカルデアスを使わない代わりにEX1の強いカードを目一杯使う形にしました。

宙単は参加賞沖田の追加対応と、カルデアス環境でダヴィンチ工房使うのは普通に不可能だったので抜いて調整。
ダヴィンチ工房は隙があれば使っていきたいですが、新弾まではカルデアスがデフォルトで搭載されているでしょうし、カタストロフイデアの追加で雪を無視できない環境になると思うので、現状は無理としか言いようがない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧